(一社)岐阜県観光連盟公式サイト

やわらか&ジューシー♪ 飛騨牛に舌鼓!!

柔らかで芳醇 「飛騨牛」というブランド

岐阜県内で肥育された品質の良い黒毛和牛の中でも、
限られた一定規格以上の牛肉しか「飛騨牛」の呼称が許されていません。

岐阜の清らかな水と澄んだ空気、人々の愛情により育てられる「飛騨牛」。
その肉質はきめ細かく柔らかで、とろけるような旨みは牛肉の芸術品と呼ぶにふさわしい逸品です。
飛騨地域を中心に、岐阜の各地に飛騨牛を扱う専門店があります。

ジューシー♪ 飛騨牛の『ステーキ』

お肉の表面に適度に焼き目をいれて、塩・コショウだけで味付けされたミディアムレアをいただくのが、飛騨牛の旨味を最も味わえると言われています。お肉にナイフを入れると、ジュワーともったいないくらいの肉汁があふれ、視覚的にもますます食欲をそそられます。

飛騨牛のステーキ

柔らかい! 飛騨牛の『焼肉』

ロース・カルビはもちろん、ホルモンにいたるまで、その美味しさは他の牛肉とは一線を画すと言われています。脂身と赤身のバランスが非常によく、とにかく柔らかい!ホルモンなどの内臓系もほとんど臭みがなく、それぞれの旨味が凝縮されています。

飛騨牛の焼肉

とろける… 飛騨牛の『しゃぶしゃぶ』

飛騨牛の霜降り肉は、さらっと「しゃぶしゃぶ」するのがおススメです。サシ(脂身)が多いので、熱したスープに付け過ぎると、形を崩すだけでなく肉の旨味をみすみすスープに逃がしてしまうことに。適度にしゃぶしゃぶした肉をポン酢やゴマだれに付けて、口に入れると、舌の上で肉が溶け、旨みが口全体に広がります。

飛騨牛のしゃぶしゃぶ

香ばしい! 飛騨牛の『朴葉焼き』

高山・下呂エリアを旅するなら、ぜひご賞味いただきたいのが飛騨牛の朴葉焼き。一口サイズに切られたお肉を、朴葉の上にお味噌と一緒に載せて、直火にかける。岐阜ならではの郷土料理「朴葉焼き」がこれです。旅館の多くが定番メニューとして取り入れています。目の前でジュージューと音を立て、味噌とお肉の香ばしい香りが広がり、食欲を一層そそります。

飛騨牛の朴葉焼き

プチ贅沢 飛騨牛の『牛串』

飛騨高山を散策すると、あちこちに飛騨牛の串焼きのお店を目にします。一口大に切られた飛騨牛が串焼きにされ、ちょっと贅沢で、かつ気軽に味わえるファストフードとなっています。飛騨牛の串焼きを片手に、小京都の街並みを巡るのも、乙なものです。

飛騨牛の牛串