HOME > 伝統 > 関の刃物
関市

関の刃物

~伝統の技が光る「関の刃物」は世界のトップブランド~

関の刃物

 刀鍛冶から家庭用刃物へ。そして世界トップの刃物産地へ

 発祥は約780年前の鎌倉時代。九州から刀匠・元重が移り住み、はじめて関で日本刀を作った。その頃の刀匠は日本の各地を広く巡り歩き、刀に適した鉄や、焼き入れに必要な良質の水、焼刃土、炉に使う松炭を探したと伝えられ、長良川と津保川の水運も併せ、関は刀鍛冶の理想的な風土条件にあることから多くの刀匠が集まった。その数、室町時代には300人以上。「折れず・曲がらず・よく切れる」日本一の名刀の産地として全国に名を広めた。
 質実剛健で高い精度を持つ関の刀は、戦国時代の武士からも愛用される。しかし、時代の移り変わりによって江戸中期には刀の需要が減り、一部の刀匠は包丁、鎌などを打つ農鍛冶に転じた。さらに、明治9(1876)年に廃刀令が出されると、刀鍛冶のほとんどが技術的な家庭用刃物の生産に活かされ、欧米から紹介されたポケットナイフの生産も盛んになった。その後、明治27(1894)年には朝鮮(当時)へ打刃物類、明治30(1897)年にはカナダへポケットナイフが出荷され、大正8(1919)年にはスプーン、フォーク、ナイフといった金属洋食器、昭和7(1931)年にはカミソリの生産がはじまる。戦時中の軍刀生産を経て、戦後再び伝統技術を生かした包丁、ポケットナイフ、鋏、キッチンナイフ、爪切り、カミソリ、洋食器、アウトドアナイフなどが国内はもちろん、世界各国に輸出。中世から刃物の街として知られるドイツのゾーリンゲンと並び称される世界の刃物産地に成長した。

 

関の刃物

 

関の刃物

▲毎年10月体育の日の前の土・日曜に開催される「刃物まつり」では、品質の良い刃物が安価で手に入ることで知られ、
 当日はたくさんの人で賑わう。また、九州から移り住んだ元重を刀祖と崇めることから、「いい刃の日」11月8日には
 元重碑の前で祭礼を行う。


刃物に関する施設が集結。その名も「刃物ミュージアム回廊」

関の刃物

▲春日大社

 
関の刃物

▲フェザーミュージアム

 関市では、刃物にまつわる施設や神社などを、関市の魅力にふれて楽しめる「刃物ミュージアム回廊」として紹介している。半径100メートル以内に「刃物のまち関」を象徴する情報発信施設が集結しているため、徒歩で気軽に散策できると県内外の観光客に好評だ。
 鎌倉時代に大和(現・奈良県)から移住してきた刀匠たちによって春日大社の分霊を祀ったのが起源で、国の重要文化財の能装束や県の重要文化財の能面などが残される「春日神社」。そして、兼元、兼定などの重要刀剣などの日本刀や、その製造工程に関する資料、関の刃物製品が並び、関鍛冶の技を今に伝える「関鍛冶伝承館」。地元の特産品・名産品、新鮮野菜などの販売や郷土料理が楽しめる「濃州関所茶屋」。包丁、ナイフ、カミソリ、はさみなどのメイドイン・関の刃物製品2,500点が揃い、市価の7〜8割で買える「刃物会館」。カミソリの歴史・文化や、世界各国のカミソリなどを展示する世界でも珍しいミュージアム「フェザーミュージアム」の5ヶ所。自宅の包丁を持参し、「刃物会館」で刃物研ぎ体験(無料)するのもおすすめだ。
 「研ぐと切れ味が良くなるので、刃物を大切に使う気持ちと愛着が芽生えたとおっしゃる方が多いですよ。」と関市経済部観光交流課の金子さん。プロによる研ぎ加工(有料)もしてくれる。

関の刃物
管理番号/gifu伝統00401

▲「関鍛冶伝承館」では、1月2日の打初式、3・4・6・11月の第1日曜、10月体育の日の前の土日に開催される
 刃物まつりに、刀匠による「古式日本刀鍛錬」が行われ、刀を打つ実演が見学できる。
 見せ場は折っては打ち、打っては折りを繰り返して不純物を叩き出し、鋼の硬さを増加させるむこう鎚の廻し打ち。
 脇座に立つ刀工の大鎚と横座に座る刀匠の小鎚が火花を散らしながら小気味良いリズムを生みだす中、
 火の音、鉄の匂いを間近に感じられる。関市の刀匠の数は現在19人。後継者の中には現在26代目という刀匠もいる。
 毎年11月8日(いい刃の日)には不要になった刃物を供養する「刃物供養祭」を開催。
 

関の刃物
管理番号/gifu伝統00407

▲伝統技術を大切にしながらも現代感覚を盛り込んだ商品を作り出している。
 今日も数多くの新製品を生み出し続けている。






DATA
所在地 関市     
問い合わせ 刃物会館
関市平和通4-6
TEL/0575-22-4941
http://www.seki-japan.com/
開館時間:9:00~17:00
休館:無休(年末年始を除く)
入館無料

関鍛冶伝承館
関市南春日町9-1
TEL/0575-23-3825
開館時間:9:00~16:30
休館:火曜、祝日の翌日(いずれも休日の場合は開館)
駐車場20台
入館料:大人200円/小中学生100円(参考価格)
※一般公開日
( 1/2の打初式、 3・4・6・11月の第1日曜、10月体育の日の前の土日の刃物まつり開催日)は
入場無料(但し時間指定あり)

フェザーミュージアム
関市日ノ出町1-17
TEL/0575-22-1923
http://www.feather.co.jp/jMuseum.htm
開館時間:9:30~16:00
休館:火曜
入館無料

濃州関所茶屋
関市南春日町9-1
TEL/0575-23-9922
開館時間:9:00~16:30
休館:毎週火曜日・祝日の翌日(いずれも休日を除く)
入館無料

春日神社
関市南春日町1
TEL/0575-22-0570

「関の刃物」から巡る旅スタイル

寺尾ヶ原千本桜

小瀬鵜飼(おぜうかい)

MOKA包丁シリーズ

長良川鉄道