岐阜県のおひなさま“2020”

県内各地のひな祭りや展示をご紹介!(2020年2月25日時点)
岐阜県内のおひなさまはこちら!
春を感じるひなめぐり
◆2月8日(土)~3月31日(火)
◆国営木曽三川公園アクアワールド水郷パークセンター
アクアワールド水郷パークセンターでは、1年を通じてバラエティーに富んだ多彩なイベントが行われています。毎年2~3月には、「おひなさま」や「春」をテーマとして、吊り雛や伝統的な段飾り、手作り作品などの展示が行われます。メイン会場となる3つの建物を巡ってお気に入りのおひなさまを見つけてみてください。
季節ならではの「和紙と蛤のひな人形作り」や「おこしもの作り」体験など珍しい体験もたくさん予定しています。
明治・大正・昭和・平成のおひなさまが勢ぞろい!
◆2月22日(土)~3月22日(日)
◆海津市歴史民俗資料館
明治・大正・昭和・平成それぞれの時代に作られ、女の子の健やかな成長を願って飾られてきたひな人形。
桃の節句にちなみ、歴史民俗資料館では各時代のひな人形を展示します。
江戸期から現代までの人形をご覧あれ
◆2月22日(土)~3月29日(日)
◆揖斐川歴史民俗資料館
雛人形を中心に江戸期から現代までの人形や軸など多数展示します。
まるで日本版トイストーリー!?とても楽しいおひな祭り
◆2月1日(土)~4月3日(金)
◆郡上市八幡町市街地一帯
お雛様が暮らす町 をコンセプトに、本来なら雛壇でじっとしまして子どもたちの成長を見守っている人形たちが雛壇を飛び出します。城下町のあちこちで生き生きと日常生活を送っている、物語性のあるお雛まつりをお楽しみください。
福よせ雛だけではなく、昔から商家に伝わる御殿雛や土雛・段飾りのお雛様もご覧いただけます。
PICK UP!

母袋ひな祭り

昔から伝わる約2,000体の土雛や衣装雛などが一堂に集結!

母袋ひな祭り

◆4月5日(日)~4月6日(月)
※マエボシ作り:3月22日(日)
◆上栗巣体育館
この地方に昔から伝わる土雛や衣装雛など約2,000体が一堂に飾られ、お昼には母袋のみなさん手作りの昔ながらの料理も振る舞われます。(入場無料)
母袋に昔から伝わる木の枝の芯から作った「マエボシ」という花飾りも飾られます。

見て感動 触れて感動 歴史と文化の体験!
◆2月15日(土)~3月15日(日)
◆御嶽宿周辺・伏見宿周辺
御嶽宿・伏見宿のひなまつり実行委員会では、「桃の節句」に合わせて下記のとおり、ひなまつりイベントを行います。期間中は、御嶽宿・伏見宿周辺にて、さまざまなおひなさまの展示や、ひなまつり気分を味わえる体験型イベントが催されます。おひなさま巡りをしながら、春の風景をお楽しみください。
レトロとモダンが交わる本町オリベストリートで、ワークショップと散策をお楽しみください。
◆2月4日(火)~3月3日(火)
◆本町オリベストリート
ワークショップ22講座をはじめ、スタンプラリーや各店舗で期間限定おもてなし特典など盛り沢山!見て、買って、食べて楽しい「本町オリベストリート」でぜひ体験もしてみてください♪
特別展示会場では、普段お目にかかれないレトロで貴重な昭和初期のおひな様を中心につるし雛、陶顔人形など展示されています。
スタンプラリー開催日(2月9日、16日、23日、3月1日)には、参加店11カ所のスタンプを集めると美濃焼がプレゼントされます。(※各日先着100名様)
昔懐かしい土雛、大正雛やつるし雛の展示
◆2月26日(水)~3月1日(日)
◆阿木川湖畔中の島公園ふれあいの里
子や孫へ成長を願い作成されたつるしかざりは、作成者によって様々。土びな、大正雛など200点、つるしかざりは200連、作成者の合同作品を展覧。合同作品は今までに桃ツリー、藤の花、桜玉、かぐやひめ・・毎年作品を変えております。お琴の生演奏を聴きながら、一足早い春をお楽しみください。会場ではからすみや五平餅、つるしかざり、和小物・装飾品等の販売や抹茶&和菓子セット・コーヒーやケーキ、日替わりランチ(平日のみ)の楽しめる和カフェ「花てまり」もオープンします。特産そば処・あぎの郷では手打ちそば(土日限定100食)を販売します。
恵那市南部(恵南)のひなまつり
いわむら城下町のひなまつり 
◆3月1日(日)~4月3日(金)
◆重要伝統的建造物群保存地区の町並みほか
城下町とその周辺約110ヶ所に約3,500体のお雛様を展示します。
山岡の土びな展
山岡の土びな展
◆3月1日(日)~4月3日(金)
◆道の駅おばあちゃん市 山岡、山岡のおばあちゃんの手づくりの店
150体ほどの土雛を道の駅などで展示します。
大正村土びなまつり
大正村土びなまつり
◆3月1日(日)~4月3日(金)
◆明智文化センター
東濃地区最大級のおよそ約1,000体の土びなを一堂に展示します。
串原の土びな展
串原の土びな展
◆3月1日(日)~4月3日(金)
◆くしはら温泉 ささゆりの湯
くしはら温泉の館内に、地元の住民から寄せられた昔懐かしい土雛を中心に展示します。
上矢作の土びな展
上矢作の土びな展
◆3月1日(日)~4月3日(金)
◆上矢作コミュニティセンター
地歌舞伎が盛んな土地柄を反映して、歌舞伎人形や武者人形などが多く展示されます。
PICK UP!

いわむら城下町のひなまつり(イベントマップ)

連続テレビ小説「半分、青い。」のロケ地

いわむら城下町のひなまつり(イベントマップ)

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている城下町を中心に開催される地域最大級のひなまつりです。また、期間中は、趣向を凝らした様々なイベントが行われます。
【3月1日(日)】
・オープニングイベント
・女城主のなべまつり
【3月15日(日)】
・恵那岩村まちなか市
【3月22日(日)】
・いわむら城下町音楽祭
・おひなさま脱走中
【3月28日(土)】
・宵のひなまつり(ひなとうろう)
・音斎処
【3月29日(日)】
・茅の宿でお江戸おひなさま会

市内各所で土雛や古今雛など代々伝わる雛人形を展示。スタンプラリーも開催!
◆3月1日(日)~4月3日(金)
◆高山市街地一円
雪国である飛騨地方は春の訪れが遅く、季節の行事をひと月遅れて行う風習があります。桃の節句・雛まつりもそのひとつ。飛騨高山雛まつりでは、市内の観光施設、ホテル・旅館、まちなかのお店に土雛や古今雛など代々伝わる雛人形を展示して桃の節句を祝います。同時開催のスタンプラリーでスタンプを集めてプレゼントをGETしよう!
PICK UP!

飛騨生きびなまつり

平安朝にタイムスリップ、艶やかな生きびな祭り

飛騨生きびなまつり

◆4月3日(金)
◆飛騨一宮水無神社
飛騨一宮水無神社で、養蚕や農業の繁栄と女性の幸福を祈念して行われるお祭り。お内裏様やお雛様、官女などの平安装束を見にまとった女性9人が稚児たちを引き連れて町内を練り歩く生きびな行列が見どころ。神事の後には、生き雛様たちによる「餅まき」や写真の撮影会も催され、見ている人たちにも喜ばれています。

土雛1,500体の展示
◆2月1日(土)~4月5日(日)
◆下呂温泉合掌村しらさぎ座、国重文「旧大戸家住宅」
明治時代から昭和にかけて下呂で使用されていた「土雛」が下呂温泉合掌村の村内、旧大戸家住宅をはじめ各合掌家屋に展示されます。
様々な土雛の表情を楽しむことができるとともに、囲炉裏を囲んで田舎気分を満喫できます。
PICK UP!

銀花荘のおひな様展

国の登録有形文化財の家屋

銀花荘のおひな様展

◆2月28日(金)~3月3日(火)
◆銀花荘
銀花荘(旧千田家荻田邸)はこの地域の伝統的な建築家屋、益田造りを今に伝えています。 主屋、表蔵、北蔵の3ヶ所が国の登録有形文化財にもなっており、大変貴重な建物です。
そんな銀花荘で、江戸から明治時代の古いお雛様を展示します!