ぎふのホタル特集2020

※見ごろは例年の情報です。詳細は各市町村にお問い合わせください。(2020年5月25日時点)
ゲンジボタルが乱舞。週末にはお祭りも開催。
岐阜市の板屋川では例年5月末からホタルが飛び始め、6月のピーク時にはホタルが乱舞します。
おすすめの時間帯は20時から21時ごろ。
川の星空
清流の川、出戸川に満点のホタルの群生
涼しい夜の中ホタルの光を見てホッとする時間はとてもリラックスになります。
出戸川のホタルの見ごろは6月下旬から7月中旬まで
ホタルの光に癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

席田用水沿いに舞う幻想的なホタル
本巣市ほたる公園から本巣市民スポーツプラザまでの約1.5kmの道路がおすすめの鑑賞スポットです。
席田用水周辺での鑑賞期間は5月中旬すぎから6月上旬頃まで。
幻像的な光の乱舞
毎年、関ケ原町藤古川周辺では多くのホタルが飛び交う様を見ることができます。
6月上旬から中旬にかけて、ゲンジボタルの姿を見ることができ、多い時には数百匹のホタルが一斉に乱舞し、幻想的な光景で見物に訪れた人々を楽しませてくれます。
~みんなで守り続けているホタル~
岐阜県関市には、ホタルが見れる場所が多く存在します。
ホタルの観察時期は、5月下旬~6月上旬で、ホタルが一番活躍する時間は午後8時~9時頃です。
昨年もたくさんのホタルの飛ぶのが見られました。これは河川の浄化など長年にわたる地域の方のホタルを守る活動が実を結んだものです。
是非、真っ暗な自然の中で輝く、幻想的なホタルを見に来てください。
ホタルの乱舞がみなさんを楽しませます
美濃市の神洞にある「ほたるの里公園」では、毎年たくさんのホタルが乱舞し、
訪れる人の目を楽しませてくれます。
ホタルは地域住民による「神洞ホタルを守る会」が、保護活動や河川の清掃を行っています。
ホタルの見ごろは6月の中旬~下旬ごろ。午後8時ごろがピークです。
真っ暗闇に無数のホタルが飛び回り、幻想的な風景が広がります。
日本一の鮎とオオサンショウウオが共存する川できらめきの和良蛍を鑑賞することができます。
近隣住民の方々のために最低限のマナーを守って鑑賞してください。
ゲンジボタルの群生
下呂市金山町菅田地内を流れる「菅田川」。
下呂市金山町菅田桐洞(大谷戸)から金山(井尻)の流域約2kmは、古来からホタルの名所として知られており、ゲンジボタルの群生を見ることができます。
県指定天然記念物 門和佐川のホタル
下呂市門和佐地内を流れる門和佐川では、ゲンジボタルの群生を見ることができます。
昭和44年に岐阜県の天然記念物に指定されました。
見頃は6月下旬~7月上旬、おすすめの時間帯は19:30~21:00頃です。


守り続けていきたい奥飛騨の自然!
足湯「蛍の湯」から下流に広がる水路や草むらの広範囲にわたってホタルが飛び交います。
歩いて回れるように小さな橋がかかっていたり、足元は歩きやすいようになっていますが、
灯りはなく非常に暗いので注意して鑑賞して下さい。
駐車場からでもホタル鑑賞できます。
公園に集うホタルの舞
毎年7月24日に開催される「常連寺太子踊り」に先駆けて舞い出す吉田ホタルの里公園のホタル。
見頃は例年7月初旬~中旬。19:00~21:00頃がおすすめの時間帯です。
(その年の気候により多少前後する場合があります)
岐阜県内のホタル名所の位置図