世界に誇る!岐阜の三大祭り

2016年にユネスコの無形文化遺産に登録された山・鉾・屋台行事。華やかな屋台が魅力の春の高山祭。勇荘な男たちが鳴らす起し太鼓が響く古川祭。からくり舞踊が繰り広げる大垣まつり。豪華で美しい世界に誇る岐阜の三大祭りをご紹介!
屋台のきらびやかな装飾と、繊細な動きのからくり実演に注目!
日本三大美祭に数えられる高山祭は4月に開催される春の山王祭と、10月に開催される秋の八幡祭の総称。春は豪華絢爛な12(2019年は11)の屋台とうち3台の繊細な動きを見せるからくり奉納が見どころだ。
さらに、約300名の大行列が巡る、御巡幸や行列の先頭を歩く獅子舞にも注目したい。夜になると屋台にちょうちんが灯り、ゆっくり巡る様子は幻想的。
【日時】2019年4月14日(日)、15日(月)
【場所】高山市城山ほか

活気と熱気にあふれる起し太鼓が大迫力!
気多若神社の例祭で、神社本殿での神事および御神興行列、動の起し太鼓、静の屋台行列の三大行事で構成される。なかでも見どころの起し太鼓は活気と熱気にあふれている。飛騨の匠の技が施されている屋台も要チェック!
【日時】2019年4月19日(金)、4月20日(土)
    起し太鼓は19日20時ごろ~
【場所】飛騨市古川町市街地周辺
市街地を巡行する軕が、さまざまな文化を映す
13両の軕が八幡神社前で芸を奉納したあと、市街地を巡行。からくり人形には中京圏、軕の上での芸能には近畿圏と、それぞれの文化の影響が色濃く感じられるのが興味深い。約500店もの露店が並び、にぎわいを見せる。
【日時】2019年5月11日(土)、12日(日)
【場所】大垣市西外側町ほか