2020年01月17日
イベント 中濃エリア

ブロガーの紹介

御嵩町 まちづくり課 苅谷

隠れた魅力を発見!
御嵩町の観光情報をお届けします!!

御嵩町ゆかりの武将を知る「可児才蔵展」

展示は2/24(月)まで!お見逃しなく!

可児才蔵とは?

  • 中山道みたけ館

    中山道みたけ館

  • 可児才蔵パネル➀

    可児才蔵パネル➀

  • 可児才蔵パネル②

    可児才蔵パネル②

こんにちは。御嵩町のGメン、苅谷です。

今回は御嵩町の中山道みたけ館で開かれている特別展可児才蔵展についてご紹介したいと思います。

“そもそも可児才蔵ってという方も多いと思うので、才蔵について説明します。

才蔵は御嵩町出身と伝えられている武将で、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍しました。

関ケ原の戦いでは、東軍の福島正則軍の先鋒隊長として参戦し、多くの武功を挙げました。

その際、討ち取った首級を持ちきれず捨てていましたが、笹の葉を耳や鼻に入れて自身の武功を証明したことで、

徳川家康から笹の才蔵”の通りのを与えられたといわれています。

また、才蔵は槍の名手であったことから、槍の才蔵”とも呼ばれ、

多くの武功を挙げたことから戦国史最強の武将のひとりとされています。

可児才蔵展では、才蔵にまつわる逸話や伝承をわかりやすくまとめたパネルや

実際に使っていたとされる鎧や槍が展示されています。

可児才蔵展は名鉄広見線終点の御嵩駅を降りて徒歩5分

中山道みたけ館2階展示室開催されており、入場は無料です。

他では見ることのできない貴重な資料が多数展示されていますので是非お越しください!