2020年05月26日
グルメ 飛騨エリア

ブロガーの紹介

下呂市 観光課 星野

下呂市観光課の星野です。
よろしくお願いします。
下呂の魅力を発信していきます。

うちで作ろう、朴葉寿司

うちで作ろう、朴葉寿司

飛騨地方の郷土料理「朴葉寿司」を作ってみました。

家で朴葉寿司を作ってみました。

 こんにちは。下呂市のGメン星野です。
 日本全国で緊急事態宣言が解除されましたが、まだできるだけ家にいようという方も
いらっしゃると思います。
 そんな方々に向けて、今日は飛騨地方の郷土料理「朴葉寿司」をご紹介します。
 朴葉寿司はホオノキの葉にマスや山菜を具材とした酢飯を包んだ料理です。
 朴の葉には殺菌効果があるといわれ、古くより山里で農作業や木こり仕事等を行う人々の携帯食として
伝わってきました。
 飛騨地方の郷土料理と申しましたが、実は、岐阜県、長野県、奈良県などの地域でも作られています。
 地域によって具材が違うようですが、朴葉に酢飯を包む点は共通しています。
 
 さて、料理素人の私もうちで適当に作ってみました。

 ①ご飯、酢、鮭、朴葉を用意。
 ②ご飯に酢をかける。
 ➂朴葉に②のご飯と鮭をのせる。
 ④朴葉を丸めて、軽く握って出来上がり。
 
 もっとずぼらな方法として、市販のおにぎりに酢をかけて朴葉にまるめるのもありかもしれません。
 具材は自由ですが、これに山椒の葉や紅ショウガ等を混ぜれば、よりサマになるでしょう。
 
 ただ、なかなか朴の葉自体が簡単に入手できない地域もあると思います。
 朴の葉をスーパーマーケット等で見かけることも稀かと思われます。
 インターネット通販で朴の葉を買うこともできますが、いささか値が張ります。

 何か代用できるものはないだろうかと考え、キャベツを使ってみました。
 朴葉と違い、食べることができますが、朴葉のような香りは楽しめません。
 やはり、朴葉を使うことに意味があります。

 是非、朴の葉で、朴葉寿司作りに挑戦して、家で山里の気分を味わってみてください!
 

朴葉みそ料理も作ってみました。

 朴葉みそ料理もまた下呂を含め、飛騨地方の郷土料理です。
 朴の葉に味噌とネギ、エリンギなどを乗せて、からめながら焼く料理です。
   一般的には卓上コンロを使って、味噌と具材を乗せた朴葉を炙って調理します。
 しかし、卓上コンロを持っていない方も少なくないでしょう。
 その場合はフライパンにアルミホイルを敷いて加熱する方法か、
オーブントースターにアルミホイルを敷いて加熱する方法が良いと思います。

 さて、料理素人の私もうちで適当に作ってみました。
 ①朴葉に赤みそ、ネギ、牛肉を適当にのせる。
 ➁アルミホイルを敷いたフライパンに①を乗せて中火で加熱。
 ➂時折、箸で具材と味噌をからめ、卵を落とし、火が通ったら完成。
 
 たまたま家にあったので赤みそを使いましたが、味噌は何でも良いと思います。
 肉も牛でも豚でも鶏でも何でも良いと思います。
 本当はエリンギ等のキノコ類も乗せたかったですが、無かったため省きました。
 思い付きで卵を落としてみましたが、無くても良いと思います。
 
 なかなか美味でしたし、朴葉のほのかな香りによって里山気分を味わうことができました。
 ぜひ、挑戦してみてください。