2020年08月28日
スポット 中濃エリア

ブロガーの紹介

可児市 可児市 観光交流課 長澤

可児市Gメンの長澤です。自然に山城、陶器に明智光秀など可児市の魅力を発信していきます。

可児市の魅力再発見!!

可児市の魅力再発見!!

明智光秀の家紋にも!明智荘に咲く桔梗の花

可児市にインターンシップ生が来た!!
(明智荘・久々利城跡観光体験記)

※1つ目の写真:明智光秀ブロンズ像
 2つ目の写真:久々利城跡(発達した枡形虎口)

こんにちは。可児市Gメンの長澤です。

 8月猛暑が続く中、可児市観光交流課に2人のインターンシップ生が来てくれました。仕事体験ということで可児市の観光地を勉強してもらいましたが、近くに住んでいても知らない場所がたくさんあり、新鮮な体験をしてもらいました。今回は、そんな可児市の観光地を初めて訪れた2人の体験記をまとめましたのでご紹介します。

 桔梗が咲く明智荘が印象深かったAさん。今年話題の「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」や6月に建立されたばかりの明智光秀ブロンズ像、明智家にゆかりのある天龍寺などを巡ってもらい、こんなに明智光秀を身近に感じられる場所が地元にあったのかと驚いていました。また、明智光秀博覧会の会場で9月末まで催されている歴代大河ドラマ甲冑展も見学してもらい、実際に使用した迫力のある甲冑が並ぶ様子に感銘を受けたようです。

 元々、城には興味のなかったBさん。初めて城跡に登り、その歴史を感じる遺構や仕掛けに驚いていました。特に久々利城跡の発達した枡形虎口(敵が攻めてきたときに、直線的な侵入を防ぎ、死角から弓矢を放つという仕掛け)に感心しており、また自分の足で山城を登ることで、当時の武将に共感できたのではないかと思います。

 可児市の観光地を初めて訪れるフレッシュなお二人を案内しているうちに、私も初心に帰り、可児市の魅力を再認識することができました。