2020年10月13日
グルメ おみやげ 岐阜エリア

ブロガーの紹介

山県市 まちづくり・企業支援課 武藤 達也

みなさん!こんにちは!
山県市役所 まちづくり・企業支援課Gメンの武藤と申します。
山県市の魅力をゆるりと発信したいと思います。

秋の味覚といえば・・・。

幻の栗「利平栗」

秋の味覚といえば・・・。

岐阜県山県市の大桑(おおが)という地域で開発、誕生した利平栗です。

食欲の秋ですね・・・。

  • てんこもり農産物直売所

    てんこもり農産物直売所

  • ふれあいバザール

    ふれあいバザール

  • 利平栗

    利平栗

  • ふれあいバザール 手打ちそば定食

    ふれあいバザール 手打ちそば定食

みなさん、こんにちは!すっかり秋を感じる季節になりましたね。
気温が低くなるにつれて、朝、布団からなかなか出られない方も多いのではないでしょうか。(自分自身の最近の悩みです・・・)

今回紹介させていただきたいのは山県市の秋の味覚についてです。

山県市では「利平栗(りへいぐり)」という栗がありますが、みなさんはご存知でしょうか。利平栗は、岐阜県山県市にある大桑(おおが)という地域で誕生した栗なんですよ。特徴としては、他品種の栗と比べて実が大きく甘みもしっかりとした栗で、虫がつきにくいといった点が上げられます。実は利平栗は他の品種に比べると1本の木に、少ししか実がなりません。限られた環境でしか育たないため、管理、栽培が難しく、元から少ない利平栗の生産性は近年さらに激減しており、国産栗の全体の6%しかない幻の栗なんですよ。

上記の特徴から、利平栗は「栗の王様」と呼ばれています。こちらを是非、手に入れていただきたいですね。山県市内で手に入れるにはいくつか方法があるのですが、特に2つの施設を紹介させていただきます。

一つ目の施設は「てんこもり農産物直売所」です。
直売部門では、新鮮な旬の野菜が並び購入することができます。飲食部門では、地元の旬の食材を使った定食等を提供しています。

二つ目の施設は「ふれあいバザール」です。
直販部門では、地元の生産者が持ち寄った新鮮な野菜が並びます。(スーパー等では見かけない野菜もあるみたいですよ・・・。)飲食部門では手打ちそば定食が大人気です。定食につく山菜の天ぷらは、その日に採れた地元の新鮮な野菜を使用しており季節ごとの旬の味を楽しめます。(ちなみに、先日手打ち蕎麦定食を食べてきました!写真をあげていますので、もしよければ見てくださいね。)

どちらの施設も買い物と飲食を一緒に楽しんでいただけますので、是非遊びに来てくださいね!

秋の味覚をあと一つ紹介させてください!それは「マツタケ」です!
マツタケといえば、自分はキノコ界の王様というイメージがありますね!(他のキノコファンの方には申し訳ないです・・・。)

山県市内では有限会社マルキクにて取り扱いをしております。是非、香り豊かなマツタケを手に入れていただき味わっていただきたいですね。

是非、山県市で秋を感じてみませんか。お待ちしております!

※今回は「栗」と「マツタケ」を紹介させていただきましたが、お店の在庫状況により手に入れることができない場合がありますので、事前に電話にてお問い合わせください。

利平栗
てんこもり農産物直売所 山県市小倉755-2   tel  0581-36-2663(水曜日休)
ふれあいバザール    山県市船越416-13    tel  0581-53-2125(月曜日休)
※シルバー人材センター 山県市佐賀588-2   tel  0581-23-0200 (土日祝休)

マツタケ
有限会社マルキク    山県市佐賀234    tel  0581-22-3731