2016年07月08日
イベント 中濃エリア

ブロガーの紹介

郡上市 原拓也

ぐじょうにいぐじょー!!
郡上の観光についてはお任せ!
Facebook、ツイッターでも郡上の最新情報を発信中!
郡上の原拓也をよろしくお願いします。


まるで田舎のクラブ!?白鳥おどり

まるで田舎のクラブ!?白鳥おどり

郡上市の白鳥町では、若者からお年寄りまでノリノリで白鳥おどりを踊っています。
その盛り上がりは、さながら「クラブ」の様!

白鳥おどり、別名「白鳥マンボ」!マンボ!!

  • スピード感あふれる踊り

    スピード感あふれる踊り

郡上市の白鳥町で、7月中旬から9月上旬にかけて20数夜にかけて踊られる「白鳥おどり」。

郡上おどりと同じく約400年以上の歴史がありますが、郡上おどりと違うところは、

テンポが軽快!!

子どもからお年寄りまで、軽快なテンポに合わせて一心不乱に踊っています。

さながら、都会のクラブの様!

最速曲は「世栄」!

  • 早すぎて写真がぶれます

    早すぎて写真がぶれます

白鳥おどりの中で最も早い曲は、「世栄(よさかえ)」。

下駄をカンカン鳴らし、両手を左右に振って、「どっこどっこどっこどっこどっこさー」と掛け声を出して踊ります。

もともと早いこの世栄ですが、徹夜おどりの時になると、さらに早くなります

どっこさーの掛け声が、早口になるくらい!!


・・・・・・文章では説明しづらいので、おどりに来ていただいて、実際に体験してみてください!

昔の人の婚活の場だった!?拝殿おどり

  • 下駄の音と唄だけで曲を繋いでいきます

    下駄の音と唄だけで曲を繋いでいきます

  • 日程表の表紙からもわかるように、出会いの場でした

    日程表の表紙からもわかるように、出会いの場でした

拝殿おどりは、白鳥おどりの原型と言われている踊りで、神社の拝殿にキリコを吊るし、太鼓や笛、三味線などの鳴り物はなく、唄い手の唄と下駄の音で踊る素朴な踊りです。

拝殿踊りは、町で踊る白鳥おどりと基本的には同じ踊りなんですが、手は肩より上げないよう、足重視で踊ります。もちろん一般の方も参加できます。白鳥おどりでは踊らない曲もあります。
 
古くは若い男女が心を通わせる場所でした。いわゆる、
婚活の場ですね。唄の歌詞の中には、色々と卑猥な歌詞もあるんですよ!内容を知りたい方は、拝殿踊りにお越しください!