2021年02月02日
スポット イベント グルメ 中濃エリア

ブロガーの紹介

可児市 観光交流課 長澤

可児市Gメンの長澤です。自然に山城、陶器に明智光秀など可児市の魅力を発信していきます。

可児市のええとこみーつけた!Instagramフォトコンテスト「かにコレクション2020」グランプリ決定!!

可児市のええとこみーつけた!Instagramフォトコンテスト「かにコレクション2020」グランプリ決定!!

【グランプリ】木曽川渡し場遊歩道(かぐや姫の散歩道)

可児市のええとこみーつけた!!Instagramフォトコンテスト「かにコレクション2020」結果発表!!

10月から募集していた可児市インスタグラムフォトコンテストのグランプリが決定しました。「可児市の訪れたくなるような、可児市の魅力が伝わる写真」をテーマとした、1.可児市の自慢と誇り部門、2.どこコレ面白部門、3.かに飯応援部門の3つの部門で募集しました。多くの素晴らしい写真が応募され、私も写真を見ることが毎日の楽しみになっていました。
今回は、投稿数633件、総投稿枚数1,604枚の中からグランプリ、各部門大賞を紹介します。

【グランプリ】木曽川渡し場遊歩道(かぐや姫の散歩道)

木曽川の左岸にある約600mも続く竹林遊歩道です。竹の間から西日が差し込む景色が、かぐや姫の世界のような光景になっていることから「かぐや姫の散歩道」と呼ばれ、メディアに取り上げられることも多く注目のスポットです。写真は、かぐや姫の散歩道の魅力が十分に写されており、幻想的な光景に引き込まれそうになりますね。現地では、風景に加え、木曽川のせせらぎや竹の香りなどを肌で感じられ癒しのスポットとなっていますので、是非お越しになってみてください。

【部門大賞 -可児市の自慢と誇り部門-】

大河ドラマ「麒麟がくる」で主人公「明智光秀」の生誕の地は可児市であると紹介されたことを皆さんはご存じでしょうか。写真は、大河ドラマでも取り上げられた明智城跡の大手門です。刀を持つ子どもの姿は、もしかしたら幼少期の光秀と重なる場面かもしれません。出世運が上がること間違いなしのスポットなので是非親子でお越しください。

【部門大賞 –どこコレ面白部門-】

二股の大木が原始の雰囲気を漂わせ、灯篭とマッチしておりまるでパワースポットのようですね。こちらは、地元の方々にも親しまれる大森神社になります。裏手は大森城跡になっており戦国時代の城跡としても知られます。私は、何度も足を運んでいますが恥ずかしながら、このような大木があることに気付きませんでした。意外と面白い風景は身近に眠っているかもと思わせてくれました。是非、足を運んでいただき大森神社でこのシーンを探してみてください。

【部門大賞 –かに飯応援部門-】

日本昔ばなしのようなみごとな大盛りですね。可児市今渡にある「うなぎの関辻屋」のうな丼です。普通に大盛りを頼むとこちらが運ばれてくるので知らずに頼んだ人はびっくりするでしょうね。かに飯応援部門では、見るだけでよだれが出るような写真がたくさん投稿されています。お腹がすいてきたら、是非かに飯を食べに来てください。

楽しい写真がいっぱい!!ぜひあなたも可児市へ!

今回は、一部入賞作品をご紹介させていただきましたが、すべての入賞作品は下記のURLよりご覧ください。今回ご紹介した写真に負けず劣らずの素晴らしい写真が見られますので是非是非見てください。

https://static.gifu-ebooks.jp/actibook_data/001Kani_Collection_2020_Original_Photo_Book/HTML5/pc.html#/page/4
 
また、すべての投稿作品はインスタグラム上で「♯かにコレ2020」で検索すると見ることができます。コロナ禍の憂鬱な気分も吹き飛ばすほど面白い写真が沢山あるので是非検索して、コロナが落ち着いたら可児に遊びに来てください。