2017年03月08日
イベント 西濃エリア

ブロガーの紹介

垂井町 高松将広

イエェェェェェ~イ!!
空前~絶後のぉ!
超絶怒涛のGメン!
垂井を愛し、垂井に愛された男!
竹中半兵衛、垂井曳やままつり、鯉のぼり一斉遊泳、全ての垂井の生みの親ぁ‼️
そう!我こそはぁぁぁ‼️
Gメン た・か・ボコッ・ま・つ!!
イエェェェェェ~イ!!
ジャスティス!!

※記事は真面目に書かせていただきますので・・・

東海地区屈指の穴場スポット!

相川鯉のぼり一斉遊泳

東海地区屈指の穴場スポット!

「350匹の鯉のぼり」「雪化粧の伊吹山」「200本のソメイヨシノ」「一級河川の清流“相川”」
この四点セットがそろうと最高のロケーション!

垂井町の春の風物詩・・・それは?

垂井町の春の風物詩ともなった「相川鯉のぼり一斉遊泳」は今年で31年目!!

今年は、例年より少し長く3月18日(土)から5月14日(日)まで、町内の相川水辺公園を舞台に実施しますよ★

桜の花が見頃の時期に、色とりどりの鯉のぼりが、200本のソメイヨシノに見守られ強風の中を残雪の伊吹山に向って泳ぐ姿はまさに垂井町の春の風物詩となっています。

また桜の開花が予想される4月1日(土)、2日(日)には垂井町商工会主催にて「桜まつり」も実施されます。地元飲食店のバザーやビンゴ大会等のイベントで賑わう二日間になります!

全国各地で鯉のぼりの遊泳が行われていますが、垂井町では約350匹の鯉が相川の両岸に張り渡した11列のワイヤに吊るされます。

鯉のぼりは黄河の急流を遡上した鯉が、竜門という滝を登りきって龍になるという中国の故事を、日本では子供の健康と成長を願う風習として定着させたようです。知ってました?

最前列のワイヤには、町内7小学校の卒業生が“サッカー選手”、“パティシエ”、“保育士”等思い思いに“将来の夢”を寄せ書きした吹き流しや、地域住民がボランティアで作成してくださった吹き流しも一緒に遊泳しますので、是非一度ご覧ください。

鯉のぼりは町内外の皆様からのご寄付でまかなっており、寄付の数は毎年約50匹となっています。鯉のぼりの多くが長期間にわたって雨風に晒されるため、破れたり、修復不能となり、年々その数を減らしています。日本一と自負する相川鯉のぼり一斉遊泳を今後も継続するため、皆さまのご支援をお願いします。