2017年11月24日
スポット 西濃エリア

ブロガーの紹介

垂井町 高松将広

イエェェェェェ~イ!!
空前~絶後のぉ!
超絶怒涛のGメン!
垂井を愛し、垂井に愛された男!
南宮大社、竹中半兵衛、鯉のぼり一斉遊泳、全ての垂井の生みの親ぁ‼️
そう!我こそはぁぁぁ‼️
Gメン た・か・ボコッ・ま・つ!!
イエェェェェェ~イ!!
ジャスティス!!

※記事は真面目に書かせていただきますので・・・

どこまでも続く鳥居・・・

南宮稲荷神社の百本鳥居

どこまでも続く鳥居・・・

美濃国一宮の南宮大社境内には、南宮稲荷神社という境内社があり、朱塗りの連鳥居がお出迎えします。

パワースポットとして話題沸騰の南宮大社へ…いざっ!

  • 国の重要文化財に指定されている楼門

    国の重要文化財に指定されている楼門

  • 神様だけが通られる石輪橋

    神様だけが通られる石輪橋

  • 楼門から覗く高舞殿

    楼門から覗く高舞殿

  • 境内のどこかにある龍

    境内のどこかにある龍

  • 連鳥居をくぐった先にある南宮稲荷神社

    連鳥居をくぐった先にある南宮稲荷神社

入口からまず最初に目を引くのは、朱塗りの厳かな楼門です!

南宮大社さんの顔といってもいい楼門・・・国の重要文化財に指定されています。

この楼門の前には、神様だけが通ることができる石輪橋があります。

参拝に行くときは必ず隣の橋を渡りましょう。絶対ですよ!絶対!(フリじゃありませんのであしからず)

楼門をくぐると正面に見える高舞殿・・・これも国の重要文化財に指定されています。

この高舞殿は、行事がある時以外上がってはダメです。ダメですよ!絶対!(フリじゃありませんのであしからず)

さて左手のほうへ歩いていくと、門が見えてきます。

この門をくぐり、登っていくと見えるのが百本鳥居です。

ちなみに・・・この門と百本鳥居の間に、かっこいい龍がいるので是非探してみてください。

鳥居をくぐった先には、南宮稲荷神社。

南宮大社本殿とはまた違った神秘的な空間です。

南宮大社に何度も来たことがあるよ!っていう方も、この場所はなかなか知らなかったのでは?

一度、足を延ばしてみてください!