2017年12月11日
スポット グルメ おみやげ 岐阜エリア

ブロガーの紹介

本巣市 産業経済課 杉江 真希

本巣市のG(ギフ)メンです。
今回は、皆さんがきっと誰かに話したくなる一風変わった自販機を紹介します!

東海地方初!冷凍ギョーザの自販機(自社調べ)

冷凍餃子の自販機!?

東海地方初!冷凍ギョーザの自販機(自社調べ)

中華料理店オリジナルの手作り本格餃子が、なんと自販機で売られているんです。
深夜でも明け方でも、お店がお休みでも、食べたくなったときにいつでも購入できます!
ただし、夏期(7月~9月頃)は自販機をストップして、店頭での販売となりますので、ご注意ください。

こんな自販機見たことない!!こだわり本格餃子が手軽に購入できるんです♪

  • 岐阜中華麺食堂「清太麺房」の外観。中心に写っているのが餃子の自販機です。

    岐阜中華麺食堂「清太麺房」の外観。中心に写っているのが餃子の自販機です。

  • 岐阜夢餃子は10コ入。温めても固くならないよう、皮を薄めにしています。

    岐阜夢餃子は10コ入。温めても固くならないよう、皮を薄めにしています。

  • 冷凍生餃子は岐阜夢餃子より2コ多い12コ入。どんな餃子が入っているかな??

    冷凍生餃子は岐阜夢餃子より2コ多い12コ入。どんな餃子が入っているかな??

この自販機は、岐阜中華麺食堂「清太麺房」の店舗脇にあります。

「清太麺房」は大型ショッピングモール「モレラ岐阜」から車で1分のところにある中華料理店で、
「最強の味噌ラーメンの店」と言うと、ピンとくる方もみえるのではないでしょうか。

2016年12月に設置して以来、こまめに補充しないと追い付かない日もあるそうですが、
まだまだ知る人ぞ知る珍しい自販機です。

現在、自販機専用に作った『岐阜夢餃子(10コ入)』と、『冷凍生餃子(12コ入)』が、
1パック500円で購入できます。

スーパーで売っている冷凍餃子よりちょっとお高めなのは、
岐阜県産の食材にこだわり、体にやさしい餃子を一つ一つ手作りしているから。


『岐阜夢餃子』は、焼いた餃子を急速冷凍してあるため、
電子レンジやフライパンでの簡単調理でおいしく食べることができます。

『冷凍生餃子』は、生餃子を冷凍したものですので、加熱調理が必要です。
おいしい焼き方はもちろん、「プロのコツ」も書かれているので、
ぜひ焼き餃子にチャレンジしてみてください!

また、『冷凍生餃子』は店主の気分でパックの中身が決まるため、
一番人気オリジナル餃子『ぎふ絶品餃子』や、ジューシーな『飛騨牛肉餃子』
本巣のブランド豚「文殊にゅうとん」を使用した『もとす織部餃子』
その他に季節限定の餃子が入っていることも。
購入してからのお楽しみなのもうれしい♫

ちなみにこの自販機、元は野菜販売用のため、100円硬貨専用です。
1パック500円ですが、500円硬貨は使えませんのでご注意を(笑)

ここまで読んでくださったあなた、餃子が食べたくなったでしょう!
たくさんの100円玉と、保冷バッグを持って、ぜひ本巣市まで遊びに来てください♪
もちろん、自販機の写真を撮るだけでもOKです!


<<アクセス>>
◆電車でお越しの方
 樽見鉄道モレラ岐阜駅より徒歩約10分(約1,000m)
◆お車でお越しの方
 東海環状自動車道大垣西ICから約30分(約17km)

<<お問い合わせ先>>
岐阜中華麺食堂「清太麺房」
住所:岐阜県本巣市三橋2-29
TEL:058-323-1050
定休日:毎週木曜日(ただし、祝日・お盆期間は営業)