2017年11月21日
スポット 東濃エリア

ブロガーの紹介

瑞浪市 佐野文香

瑞浪市のGメン・佐野です。瑞浪市民歴27年です。
地元民ならではのニッチなスポットや、美味しいグルメをご紹介します!

頭上に広がる1700万年前の海底!

頭上に広がる1700万年前の海底!

瑞浪市化石博物館のすぐ隣にある全長70メートルの洞窟。頭上に広がるまるで星のような白い輝きは、なんとすべて化石です!

まるで化石のプラネタリウム

はじめまして!瑞浪市のGメン、佐野です。

瑞浪市は、岐阜県の東濃地方にある緑豊かな場所です。

市内北部には中山道がとおる2つの宿場まちがある「歴史のまち」でもあり、
近隣の土岐市、多治見市と同じく陶磁器産業の盛んな「陶器のまち」でもありますが、

瑞浪市といえば、「化石のまち」といっても過言ではありません。
世界で初めて「デスモスチルス」の頭部が見つかったのはここ瑞浪市なのです。

そんな訳で、全国でも珍しい「化石博物館」が瑞浪市明世町にあります。
25万点以上もの化石が保管され、展示室には約3千点の化石が展示されている人気の観光スポットです。

本日ご紹介するのはその「化石博物館」のすぐ隣。
ひっそりと立つ看板に従って少し進むと怪しい洞窟があります。
ちょっと勇気を出して中に入っていただくと...

写真のように頭上には約1700万年前の貝化石がまるで星のように広がります。
洞窟の全長は約70メートルあります。奥に進むほど化石が増えて綺麗です。
足元からライトアップされた洞窟の天井はとても神秘的。インスタ映え間違いなしです。

洞窟周辺には、博物館以外にも観光施設がたくさんあります。
博物館の目の前は広い市民公園になっており、お子さま連れにぴったりです。
また、博物館に届けを出せば、市内を流れる土岐川の河原で化石採集もできます。

ぜひお越しください!

≪アクセス≫
JR中央本線瑞浪市駅下車タクシー約5分
中央道瑞浪ICより約3分
≪お問い合わせ≫
瑞浪市役所商工課
0572-68-9803