2018年06月18日
スポット ニュース 西濃エリア

ブロガーの紹介

不破郡垂井町 高松将広

イエェェェェェ~イ!! 空前~絶後のぉ!
超絶怒涛のGメン! 垂井を愛し、垂井に愛された男!
南宮大社、竹中半兵衛、相川鯉のぼり一斉遊泳、全ての垂井の生みの親ぁ‼️
そう!我こそはぁぁぁ‼️ Gメン た・か・ボコッ・ま・つ!!
イエェェェェェ~イ!! ジャスティス!!

関ケ原垂井合戦!

関ケ原垂井合戦!

※画像は、岐阜県観光企画課より発行の「関ケ原合戦広域ガイドマップ」より引用させていただきました・・・

関ケ原合戦は、関ケ原だけじゃないっ!

  • 西軍「毛利秀元」陣跡

    西軍「毛利秀元」陣跡

  • 西軍「吉川広家」陣跡

    西軍「吉川広家」陣跡

  • 西軍「安国寺恵瓊」陣跡

    西軍「安国寺恵瓊」陣跡

  • 西軍「長宗我部盛親」陣跡

    西軍「長宗我部盛親」陣跡

  • 西軍「長束正家」陣跡

    西軍「長束正家」陣跡

  • 東軍「浅野幸長」陣跡

    東軍「浅野幸長」陣跡

  • 東軍「池田輝政」陣跡

    東軍「池田輝政」陣跡

皆様ご存知!天下分け目の大戦「関ケ原合戦」!!
あまりにも有名な戦いですが、その中身を皆様本当にご存知でしょうか?
今回は、意外と知られていない「関ケ原合戦」の真実をお伝えしましょう・・・

まず、両軍の総大将はご存知でしょうか?
東軍総大将:徳川家康 VS 西軍総大将:石田三成 ・・・って、ちが~うっ!
東軍総大将:徳川家康 VS 西軍総大将:毛利輝元 が正解です★
あまりにも石田三成が有名なので、結構な割合で皆様間違えられます・・・

さて、西軍総大将である毛利輝元ですが、色々とあって関ケ原へは出陣していません。
その代わりに出陣したのが毛利秀元です。
つまり、現地での西軍総大将は毛利秀元なのです!

そんな毛利秀元が布陣したのが、垂井町にある南宮山です!
一番上の「関ケ原合戦布陣図」をご覧ください。
毛利秀元の他、南宮山には西軍5武将が布陣しており、それに対応するため東軍3武将が布陣しています。
しかし、良く見ると・・・傍観軍?なんじゃそら?
実は、重臣である吉川広家が家康と通じていたため、兵を動かすことができず、言葉のとおりずっと傍観していたのです!

この南宮山に布陣していた武将が動いていたら、また違った結果になっていたかもしれません・・・
それほどまでに、南宮山は重要だったのです!
だから、関ケ原合戦ではなく「関ケ原垂井合戦」が正式名称だと、わたくしは声を大にして訴えたいのです!

と言うことで・・・歴史好きの皆様!
天下分け目の大戦、重要拠点であった垂井町の南宮山へ是非お越しください!