• 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  
豪華絢爛な屋台・からくり人形と幻想的な夜祭

16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭。高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称で、高山の人々に大切に守り継がれてきました。 このうち、高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。そのうち3台の屋台がからくり奉納を行うほか、獅子舞・闘鶏楽とともに進む御巡幸(祭行列)も必見。14日のみ行われる夜祭では、提灯の灯りに照らされた屋台が高山の町へと曳かれていきます。

 

基本情報
開催期間 2020年4月14日(火)・15日(水)
開催時間 14日 9:00~21:00頃
15日 9:00~16:00頃
会場名 日枝神社ほか
住所 岐阜県高山市神明町ほか
電話番号 0577-32-3333 (高山市観光課)
アクセス JR高山駅より徒歩12分
HP 公式サイト
備考 既存の常設駐車場(有料)を利用。ただし、交通規制区域内の駐車場は利用不可。臨時駐車場の開設もあり。
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約