• 20196
  • 20197
  • 20198
  • 20199
  • 201910
  • 201911
  • 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  

現在の検索条件

  • 4月
  • 5月
10件ありました
関まつり

関まつり

中濃エリア
刀都・関の春を彩る大イベント 
春たけなわ。関川、吉田川沿いのサクラが満開になると、いよいよ「関まつり」です。   4月第3土曜日・日曜日は、「あんどんみこしコンクール」が開催され、郷土色を盛り込んだあんどんや、風刺をこらしたあんどんが、何十基も参加します。 山車、神楽などが市中を練り歩き、はっぴ姿の若者たちや、子どもの元気な声が市内に満ちあふれ、多くの観光客で賑わいます。
春の高山祭

春の高山祭

飛騨エリア
豪華絢爛な屋台・からくり人形と幻想的な夜祭 
16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭。 高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称で、高山の人々に大切に守り継がれてきました。   このうち、高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。   毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台…
古川祭

古川祭

飛騨エリア
天下の奇祭、勇ましい起し太鼓、絢爛豪華な屋台の引き揃え 
全国の33件「山・鉾・屋台行事」のひとつとして「ユネスコ無形文化遺産」に登録がされました。 全国に名を馳せる古川祭は、町内にある気多若宮神社の例祭で国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事です。この祭は、神社での神事、古式ゆかしい「御神輿行列」が中心となって、"動"の「起し太鼓」と"静"の「屋台行列」が二大祭事として加わり、三つの行事群により4…
久田見からくり祭り

久田見からくり祭り

中濃エリア
戦国時代から続く伝統の「糸切りからくり」 
毎年 4月第3日曜日に久田見の氏神である神明・白鬚両神社で行われます。 6両の絢爛豪華な山車が引き出され、それだけでも壮麗な眺めです。 山車の上に設けられた舞台の上では、独創的な繰り人形劇がくり広げられます。その人形劇の動きの秘密は「糸切りからくり」という独特な技法と操作にあり、歴史的、芸術的な価値も評価されています。 この久田見祭りの始まりは天正18年(1590)稲葉右近方通がこの地方を領有した…
八百津だんじり祭り

八百津だんじり祭り

中濃エリア
役場前に集結する3台の山車 
毎年4月第2日曜日の本楽と前日の試楽の2日間、八百津の産土神(うぶすながみ)である大舩神社を中心として行われます。 祭日には船を形どった山車3台(三台を合わせるとみごとに一隻の船の形に)が曳き出され、町内を練り歩きます。美しく飾られた勇壮なだんじりは、どっしりと重く大きなかけ声とともに曳っぱられ、男達の巧みなテコ捌きで街並みを練り歩く姿は熱気にあふれ、別名「けんか祭り」とも呼ばれています。 「八百…
垂井曳やままつり

垂井曳やままつり

西濃エリア
豪華な装飾が施された曳やま舞台の上で演じられる子ども歌舞伎 
660年以上も続く、垂井町伝統行事「垂井曳やままつり」は、南北朝時代の文和2年(1353)、北朝の天皇である後光厳天皇が美濃国垂井へ難を逃れた時、そのつれづれを慰めようと、村人たちが花車3輌を造って曳き回したことが始まりといわれています。 西町の攀鱗閣(はんりんかく)(、東町の鳳凰山(ほうおうざん)()、中町の紫雲閣(しうんかく)()の3輌は、いずれも精巧な造りに漆塗り、蒔絵、名工による彫刻金具な…
大垣まつり

大垣まつり

西濃エリア
ユネスコ無形文化遺産に登録された360年余の伝統を誇る大垣まつり 
城下町大垣に初夏の訪れを告げる大垣まつりは、慶安元年(1648)、大垣城下町の総氏神の八幡神社が再建整備された折、10両のやまを造って曳きまわしたのが始まりです。360年余の伝統を誇り、13両の“やま”が城下町を練り歩き、華麗な祭絵巻を繰り広げます。 藩主下賜の”やま”と町衆の”やま”が並存し、中京圏のからくり人形と近畿圏の…
美濃まつり

美濃まつり

中濃エリア
明治後期に始められた豪華乱舞な「花みこし」 
美濃まつりは、「花みこし」「山車」「流し仁輪加(にわか)」の3部からなる八幡神社の祭礼。花みこしは、美濃和紙の産地らしく桜色に染めた和紙の花をつけた“しない”を250~300本みこしの屋根に取り付けたもので、土曜日には、大小あわせて30余基の花みこしが市内を練りまわります。その姿は、まるで美しい桜の花が乱舞しているようです。日曜日には華やかな6輌の山車と練り物が市街地に繰り…
高田まつり

高田まつり

西濃エリア
町の防火を祈願する養老の春祭 
愛宕神社の火産霊神を祀り、防火を祈願する春祭。   西町の猩々軕、東町・中町の林和靖軕、下川原町の神楽獅子軕の3輌が曳かれ、からくりや神楽を披露していく姿は圧巻です。
七宗町で田舎暮らし体験

七宗町で田舎暮らし体験

~神渕神社例大祭丸わかり&葉津古道を歩こうツアー~ 
田舎暮らしに興味を持っている方を対象に、季節にあわせた体験活動を開催しています。 地域の方と交流しながら気軽に田舎暮らしを体験することができます。 4月は、春の七宗町を代表する祭り「神渕神社例大祭」の前日に、 祭りの空気や、春の訪れを感じながら、自然豊かな神渕地区の古道を歩きます。 神渕神社例大祭は、岐阜県の山奥で400年引き継がれる祭事です。 ※5月以降もそば打ち体…
マップで位置を確認する