• 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  

現在の検索条件

452件ありました
すのまた桜まつり

すのまた桜まつり

西濃エリア
満開の桜の下で様々なイベントを開催 
犀川堤には約800本の桜並木が3.7キロにわたって続いています。ぼんぼりや花見小屋が立ち並ぶ桜のトンネルを抜けると墨俣一夜城があり、最上階から眺める景色がおすすめです。 夜間にはライトアップがされ、一夜城をバックにした幻想的な夜桜が堪能できます。 4月6日(土)には、一夜城址公園内で、飲食物などのバザーやステージイベント、お茶席などが行われます。
相川鯉のぼり一斉遊泳

相川鯉のぼり一斉遊泳

西濃エリア
東海地区屈指の穴場スポット! 
垂井町では毎年3月下旬から5月上旬にかけて「相川鯉のぼり一斉遊泳」が行われ、今では垂井町の「春の風物詩」となっています。 この期間は、約350匹の鯉のぼりが一斉に相川上空を遊泳し、県内外から多くの方にお越しいただいております。 全国の鯉のぼりイベントは、「こどもの日」前の1、2週間くらいで行われるのに比べ、垂井町の「相川鯉のぼり一斉遊泳」は3月下旬と早くから行われている関係で、残雪が残る伊吹山と、…
麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館

麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館

岐阜エリア
光秀公が仕えた斎藤道三公・織田信長公が息づくまち 
 令和2年1月から大河ドラマ「麒麟がくる」が放送されることに合わせ、岐阜市歴史博物館2Fの総合展示室に「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」を開設します。  大河ドラマ館では、大河ドラマの主人公である明智光秀のみならず、光秀が仕えた斎藤道三、織田信長にもスポットを当て、体験シアター、大河ドラマに登場する衣装や小道具、迫力のあるスタジオ再現セット「体感 道三の館」、稲葉山城下町オープンセットのジオラマな…
春の高山祭

春の高山祭

飛騨エリア
豪華絢爛な屋台・からくり人形と幻想的な夜祭 
16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭。高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称で、高山の人々に大切に守り継がれてきました。 このうち、高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。そのうち3台の屋…
道三まつり

道三まつり

岐阜エリア
道三まつりと岐阜まつりで岐阜市内は祭りムード一色 
岐阜市を代表するまつりのひとつで、岐阜市の町づくりの基礎を築いた戦国の風雲児、斎藤道三の偉業をたたえようと始まりました。 斎藤道三公ゆかりの寺 常在寺 での道三公追悼式を皮切りに祭の目玉である、みこしパレードや音楽隊パレード、フリーマーケットなど多くのイベントが行なわれます。また、伊奈波神社の例祭「岐阜まつり」も行われ、特に土曜日の宵宮は、山車に多くの提灯がつけられ、その提灯を前後左右に揺ら…
谷汲さくらまつり

谷汲さくらまつり

西濃エリア
谷汲山門前の桜のトンネル 
※2020年4月5日予定の当イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。 谷汲山華厳寺に続く約1kmの門前町の参道は約300本のソメイヨシノが咲きそろい、古刹の春を美しく彩ります。ここで開催される「谷汲さくらまつり」。 期間中は、谷汲門前駐車場内において、物産販売が開催されています。 さらに開花状況に合わせて谷汲山参道において、「竹灯籠」(18時30分~21時頃…
各務原市桜まつり

各務原市桜まつり

岐阜エリア
各務原市桜まつり 
◆桜まつりの中止  新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から「第44回各務原市桜まつり」の中止を決定いたしました。  全国からお越しのみなさま、出店者、出演者等のみなさまの健康・安全面を第一に考え、  全てのイベントを中止させていただきます。  楽しみにしてくださってるみなさまには申し訳ありませんが、ご理解頂きますようお願いいたします。 ◆宴会等の自粛  新型コロナウイルス感染症拡大…
恵那峡さくらまつり

恵那峡さくらまつり

東濃エリア
恵那峡、桜、春告鳥の声 
恵那市内随一の桜の名所『恵那峡』。 さざなみ公園内には約200本のソメイヨシノが咲き誇ります。 4月上旬の開花期にはライトアップによる夜桜を楽しむことも。 大井ダム湖から木曽川上流を周遊する遊覧船からの景観も一見の価値あり。
飛騨生きびなまつり 

飛騨生きびなまつり 

飛騨エリア
平安朝にタイムスリップ、艶やかな生きびな祭り 
飛騨一宮水無神社で、養蚕や農業の繁栄と女性の幸福を祈念して行われるお祭り。お内裏様やお雛様、官女などの平安装束を見にまとった女性9人が稚児たちを引き連れて町内を練り歩く生きびな行列が見どころ。神事の後には、生き雛様たちによる「餅まき」や写真の撮影会も催され、見ている人たちにも喜ばれています。
冬の下呂温泉『花火物語』~花火の歳時記~

冬の下呂温泉『花火物語』~花火の歳時記~

飛騨エリア
冬の下呂温泉の夜空をあざやかに彩る 
下呂温泉では、令和2年の1月11日から3月28日までの毎週土曜日の夕食後のんびりとお寛ぎの時間(20時30分から約10分間)に飛騨路の冬を彩る「冬の下呂温泉花火物語」を開催。 日本特有の四季の行事や風習を、和の風情ある花火で表現します。    1月~ 成人式や寒明けを祝う花火が打ちあがります。 2月~ バレンタイン、合格祈願の花火が打ちあがります。 3月~…
マップで位置を確認する