• 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  

現在の検索条件

149件ありました
中津川栗きんとんめぐり(風流・ささゆり)

中津川栗きんとんめぐり(風流・ささゆり)

東濃エリア
にぎわい特産館で「栗きんとん」の味めぐり! 
 毎年9月~12月に、にぎわい特産館限定で販売される、栗きんとんと煎茶の詰め合わせ。 「風流」と「ささゆり」の2種類があり、それぞれ7店舗の栗きんとんと煎茶がセットになっています。 「栗きんとん発祥の地 中津川」が誇る各店こだわりの味を食べ比べて!
恵那 銀の森

恵那 銀の森

東濃エリア
懐 風 食 
岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。   緑と花に包まれた風光明媚なグルメスポット。 四季折々の大自然の恵みを感じながらお食事やティータイム、ショッピングをお楽しみいただけます。 園内には個性豊かな洋菓子や和菓子などの専門店が点在。 ぜひのんびりとマイナスイオンを浴びながらお買物をお楽しみください。  な つ か し い 未 来 へ。
栗くらべ

栗くらべ

東濃エリア
恵那市内8店舗の栗きんとんが楽しめる 
炊き上げた栗に少量の砂糖を加えて、布巾で1つ1つ絞って丁寧に作られる「栗きんとん」は、栗の旬である秋にのみ作られる伝統の和菓子です。栗の味そのものを活かした山の秋を思わせる味わいが特徴で、茶巾絞りに似た愛らしい形をしています。そのほんのり甘くほっこりとした味わいがいつしか広く知られるようになりました。 各和菓子店では、それぞれに店の味を守り自慢の「栗きんとん」を作ります。各店で味わいや食感…
板取川洞戸観光ヤナ

板取川洞戸観光ヤナ

中濃エリア
美味しい鮎料理と板取川にふれあう 
板取川唯一のヤナ漁は通常毎年8月1日解禁。   解禁後は洪水等で危険でない限り、ヤナに上がって、清流板取川のヤナ場をお楽しみいただくことができます。   料理は、お好みに合わせて焼きあげた香魚ともいわれる川魚の貴婦人「鮎」は、クセになるおいしさ。リピーター続出です。  
へぼ料理

へぼ料理

東濃エリア
 
へぼ(地蜂・クロスズメバチ)の幼虫を使った恵那地方の郷土食。 へぼを食べる文化は長野から岐阜・愛知県にかけての山間地域で盛んです。海がないために昔から貴重なタンパク源として、健康増進に役立つ滋養源として親しまれてきました。 しょうゆ味でふっくらと炊き上げるへぼ飯のほか、香ばしい食感の甘露煮など、数々のへぼ料理は秘伝の郷土料理として代々受け継がれています。
養老焼肉街道

養老焼肉街道

西濃エリア
焼肉の名店が軒を連ねる 
古くから精肉店が多く、焼肉店の数も多い養老町。特に養老公園を目印にして、県道56号・南濃関ヶ原線沿いに6軒のお店が並んでおり、焼肉街道と呼ばれています。 営業時間、休業日は店舗によってそれぞれですが、人気の店舗は、開店前から行列ができるほど。また、遠方からも多くの食通が訪れるほど評判です。
荘川そば

荘川そば

飛騨エリア
天の恵みと地のごちそう(隠れた名物) 
荘川そばは荘川の気候風土と清らかな庄川の源流から生まれた、味と香りが最高のそばです。 荘川町内には4店舗の荘川そばを扱っている店があり、店ごとにこだわりがあります。   盛夏蕎麦 5月中旬にそばの種をまき、7月に収穫、8月1日より「盛夏新そば」が解禁され、爽やかな口当たりのそばも絶品。 新そば 7月はそばの種まき、9月に収穫、10月1日より「新そば」をいただくのもこ…
栗きんとん

栗きんとん

中濃エリア 東濃エリア
岐阜を代表する銘菓「栗きんとん」 
新鮮な栗を裏ごして、砂糖を加えて茶巾絞りにした伝統の和菓子です。栗本来の旨みと上品な甘みが楽しめます。良質な栗の産地とされる美濃地方が発祥の地とされ、老舗の名店がたくさん残っています。 <各市町村のコメントはこちら> 【八百津町】 八百津は知る人ぞ知る栗きんとんの名産地。 「美濃地方の栗きんとん発祥は八百津」という話もあるぐらい。 秋になると、栗きんとんを求めてたくさん…
黒からあげ

黒からあげ

中濃エリア
焦げているように見えて旨味たっぷり!! 
関市のご当地グルメとして平成21年に誕生した 黒からあげ は、名前のとおり真っ黒な色が特徴。関市の特産品である「椎茸」と海の幸「ひじき」を使ったことにより実現した真っ黒な唐揚げは、見た目からは想像できないほど繊細な味で、噛んだ瞬間に肉汁とともに椎茸とひじきのうまみがくちの中に広がります。黒からあげの他にも、椎茸とパプリカを使用した 赤からあげ もあります。
マップで位置を確認する