• 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  

現在の検索条件

  • 名物・グルメ
63件ありました
へぼ料理

へぼ料理

東濃エリア
 
へぼ(地蜂・クロスズメバチ)の幼虫を使った恵那地方の郷土食。 へぼを食べる文化は長野から岐阜・愛知県にかけての山間地域で盛んです。海がないために昔から貴重なタンパク源として、健康増進に役立つ滋養源として親しまれてきました。 しょうゆ味でふっくらと炊き上げるへぼ飯のほか、香ばしい食感の甘露煮など、数々のへぼ料理は秘伝の郷土料理として代々受け継がれています。
神岡とんちゃん

神岡とんちゃん

飛騨エリア
国産牛ホルモンと秘伝の味噌ダレ(岐阜県民のソウルフード) 
岐阜県最北部に位置する飛騨市神岡町で古くから親しまれるソウルフード「神岡とんちゃん」。現在は、神岡町内6店舗で食べられます。 半世紀以上前から神岡鉱山で働く労働者などによって食べられていた「とんちゃん」は、にんにく・唐辛子などが入った各店秘伝の味噌ダレで味付けされた国産牛ホルモンと野菜を一緒に鉄板などで煮て食べるスタミナ料理です。 各店こだわりのこだわりの味付けは、ヤミツキになり、地元…
各務原キムチ

各務原キムチ

岐阜エリア
豊富なキムチメニューを味わう(隠れた名物) 
各務原市ではご当地グルメ「各務原キムチ」を利用したまちおこしを行っています。 各務原キムチの特徴は各務原市の特産品「にんじん」と、「松の実」が入っていることです。 地元の方をはじめ、各務原市にお越しいただいた多くのお客様に様々なキムチ料理を味わっていただくことで、地域の活性化を目指しています。 市内では各務原キムチを使った鍋や、パスタ、オムレツなど各飲食店でオリジナリティあふれるキムチメ…
奥美濃カレー

奥美濃カレー

中濃エリア
郡上のご当地グルメ、是非食べとくれ(隠れた名物) 
『奥美濃カレー』にはある一定のルールがあります。 ①郡上地域で昔から好まれているご当地味噌(郡上みそ)を使用する。 ②地元食材のおいしさを知ってほしい!と地元食材を使用する。 ③日々愛情を込めてカレーを作り、郡上の人情を伝える。  そして、定食、ライス、ドーナツ、ピザ、ラーメンなど60種類以上というメニューの多さも特徴の一つ。各店舗で違う「奥美濃カレ」ーが楽しめます。 …
各務原にんじん

各務原にんじん

岐阜エリア
鮮やかな色合いと深い甘みが特徴!(隠れた名物) 
鮮やかな色合いと深い甘みが特徴の各務原にんじん。全国でも珍しい二期作での栽培を行っており、肥沃な黒ぼく土壌を有する各務原市は県内一の人参の生産地です。各務原市内の飲食店では「各務原にんじん」を使用したご当地グルメ「金魚飯(きんぎょめし)」をはじめとした、和洋中の多種多様な人参のメニューが楽しめます。
関うな丼

関うな丼

中濃エリア
刀匠、鵜匠も食べていた関うな丼(隠れた名物) 
関市には”うな丼”の食べられるお店がたくさんあります! というのも、関のうなぎの美味しさは歴史があるんです。 刃物のまちや小瀬鵜飼で有名な関市。歴史のひとつ目は鎌倉時代、関に移り住んだ刀匠たちのスタミナ源としてうなぎやうな丼が重宝されていたこと、二つ目は鵜が飲み込みにくく、「“う”が“な”ん“ぎ&rdq…
多治見のうなぎ

多治見のうなぎ

東濃エリア
美濃焼の陶工が親しんだ多治見の味(隠れた名物) 
多治見は、古くから美濃焼の生産地及び流通の拠点として発展してきました。 そんな美濃焼の窯元で働く職人たちが窯の炎で消耗した体力を補うために、高タンパクで消化の良いうなぎが重宝され、日常的にうなぎを食べる習慣が生まれました。 今でも市内には老舗のうなぎの名店が数多く残っています。
廿原のイチゴ

廿原のイチゴ

東濃エリア
 
多治見市の廿原町の廿原ええのおでは酸味が少なく、甘いイチゴ「章姫(あきひめ)」を栽培しています。約5000㎡のビニールハウスで栽培された新鮮なイチゴをそのまま味わうことができます。また、販売用のイチゴは紅ほっぺを栽培しております。廿原のイチゴを使用したイチゴジャムやいちご大福も多治見市内のお店で販売されています。多治見市を訪れた際には是非、廿原のイチゴを味わってみてください。
マップで位置を確認する