• 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  • 20229
  
自然にふれ歴史に学び温泉を楽しむ

ダイナミックな景観と豊かな大自然を体感しよう!

1泊2日
岐阜県のこの辺りをめぐります
霊峰御嶽山の脈動が生む出した千姿万態の滝を訪れる「小坂の滝めぐり」は2008年に「岐阜の宝もの」に認定されました。大自然の息吹に心揺さぶられる感動は訪れる人を魅了します。
中部縦貫自動車道 高山IC 60分
1

小坂の滝めぐり

おさかのたきめぐり 圧巻! 200以上もの滝が轟く壮大な「水の森」を歩く

岐阜県では、県民が誇るふるさと自慢を「岐阜の宝もの」として認定しており、その第1号が「小坂の滝めぐり」です。

御嶽山麓に位置する下呂市小坂町には、落差 5m 以上の滝が 216 ヶ所もあり、滝めぐりの14あるコースは、ガイドの案内を基本として、気軽に散策出来るものから本格的なコースまであり、壮大な自然を間近で感じることができます。

 

※コースの多くは国有林の「入山許可証」が必要で無断で立ち入ることは禁止されています。
詳細はNPO法人 飛騨小坂200滝へお問い合わせください。0576-62-2215

住所 岐阜県下呂市小坂町
電話番号 0576-62-2215 (NPO法人 飛騨小坂200滝)
料金 コース・参加人数により変動。
要問い合わせ。
アクセス JR高山線飛騨小坂駅からタクシー15分
HP 公式サイト
備考 ※ツアー代金とは別に環境維持協力金300円をお願いします。
※子ども料金・団体割引あります。詳しくは問い合わせください。
NPO法人 飛騨小坂200滝 0576-62-2215
小坂の滝めぐり
車 30分
2

下呂温泉

げろおんせん 「日本三名泉」に数えられる癒しの温泉地
飛騨川の流域に湧く下呂温泉は、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称された天下の名泉です。

温泉街は飛騨川を中心に歓楽的な賑わいと山里の風情が調和して、下呂温泉の魅力を醸し出しています。

お湯はなめらかでお肌がつるつるになる「美人の湯」としてリピーターが絶えません。


この下呂の名泉を満喫するなら「湯めぐり手形」がお得。

これ1枚持っていれば、手形加盟旅館の中から三軒のお風呂に入浴することができます。

そのほか温泉街には、飛騨川沿いに湧く噴泉池をはじめ、3つの共同浴場で外湯が楽しめ、

無料の足湯が点在し、散策の途中でも気軽に温泉が楽しめます。

また、G-ランチ&G-グルメ&G-スイーツなど、グルメも充実。

住所 岐阜県下呂市
電話番号 0576-24-1000 ((一社)下呂温泉観光協会)
アクセス JR下呂駅から徒歩3分
HP 公式サイト
下呂温泉
車 60分
3

馬籠宿

まごめじゅく 風情ある家並み、粋な石畳。まさにノスタルジーな世界。
ちょっと気取って歩きたい。中山道の街道さんぽ。

馬籠宿は、石畳が敷かれた坂に沿う宿場町。日常から離れ、水のせせらぎ、小鳥のさえずり、街道を横切る風を感じながら、粋なひとときをお過ごしいただけます。
宿場の中間地点には、この地が生んだ文豪・島崎藤村の生家跡(本陣)も資料館として馬籠の歴史を伝えています。
都会にはない雑貨屋さんを覗いたり、レトロなカフェでお茶したり、木曽路を愛する歴女を気取ったり・・。
新しいのに、どこか懐かしい街道さんぽ、大切な人と楽しみませんか?

【フォトポイント】
・水車 ; 馬籠宿を流れる水路の水で回ります。水のせせらぎに癒されながら写真が撮れます。
・石畳の坂道 ; 下からの眺めがおすすめ。坂道と周りの建物が古風できれいです。
・見晴台 ; 恵那山を真正面に一望できるビュースポット、中津川市街地とは違う視点から見ることができます。

【歴史を感じる】
藤村記念館には島崎藤村の作品が展示してあります。代表作品「夜明け前」に登場する永昌寺や大黒屋もあり、馬籠観光の際にはぜひお立ち寄りください。

【食べ歩き】
馬籠宿ではグルメも楽しめます。焼きたての煎餅や、おやきなどがあり、五平餅もおすすめ!お店ごと味に個性があるので食べ比べてみてはいかがでしょうか?
夏の暑い時期には栗きんとん味のソフトクリームも人気です。

◆馬籠宿にある、岐阜県指定史跡「島崎藤村宅(馬籠宿本陣)跡」が、2020年6月19日、
 日本遺産「木曽路はすべて山の中~山を守り 山に生きる~」の構成文化財に追加認定されました!


※新型コロナウイルス感染症防止のため、ご来場の際は以下の点につきご協力をお願いいたします。※

 ・密集、密接を避けてください。
 ・マスク着用等の咳エチケットをお願いします。
住所 岐阜県中津川市馬籠
電話番号 0573-69-2336 (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所))
アクセス ◇公共交通機関
JR中津川駅から北恵那交通バス馬籠線 約25分「馬籠」下車
◇お車
中央自動車道中津川ICより約20分。 国道19号松本・木曽方面へ「沖田」交差点を右折。県道7号を直進、案内看板を左折。
HP 公式サイト
馬籠宿
中央自動車道 中津川IC 30分
コースマップ