• 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  
人・土・炎の創造と歴史辿る路

「美濃焼」の匠の技を体感し「中山道馬籠宿」で歴史にふれる

1泊2日
岐阜県のこの辺りをめぐります
日本有数の焼物の産地「美濃焼」の歴史を伝える遺跡や資料館、陶芸体験ができる窯、伝統作品から現代アートまで焼き物の全てにふれることができます。また、中山道木曽路の玄関口の宿場「馬籠宿」町に残る史跡や古い家屋が往時を偲ばせます。
東海環状自動車道 土岐南多治見IC 5分
1

岐阜県現代陶芸美術館

ぎふけんげんだいとうげいびじゅつかん 国内外の近現代の作品に絞って収集する国内唯一の美術館

新型コロナウイルス感染予防・拡大防止対策にご協力いただいております。
入館予約について
 ・8月16日(日)まで、入館にあたっては
電話による事前予約が必要です。
 ・予約人数に余裕がある場合は、当日でも入館いただけます。
 ・館内の状況によっては、入場を制限する場合があります。


ご来館いただく皆さまへのお願い
〇ご来館の前に
 ・発熱、咳等風邪症状があるお客様は、ご来館をご遠慮願います。
 ・
マスクの持参及び着用をお願いします。
 ・団体でのご来館はご遠慮願います。

〇入館受付
 ・入館時に
検温を実施します。37.5℃以上のお客様は入館できません。
 ・入館における注意事項の確認にご協力をお願いします。
 ・岐阜県感染警戒QRシステムへの登録にご協力をお願いします。
   県では、感染者が発生した場合、健康状態の確認又は保健所への相談等の対応方法を
   お知らせする岐阜県感染警戒QRシステムを運用しています。来館時は、当システムへの
   登録をお願いします。

〇館内では
 ・飛沫感染防止のため、他のお客様と2m以上の間隔をあけてご観覧ください。
  また、展示室内での会話はお控えください。
 ・接触感染防止のため、作品や壁、展示ケースには触れないようお願いします。
 ・手指のアルコール消毒、こまめな手洗いをお願いします。
 ・混雑を避けるため、鑑賞時間は1時間を目安にお願いします。


当館の感染予防対策への取り組み
 ・館内への出入口にアルコール消毒液を設置します。
 ・受付スタッフや展示室の監視員等の職員は、毎日検温を実施し、マスクを着用の上、
  健康管理に努めます。
 ・受付には、飛沫感染防止のためのシールドを設置します。
 ・美術館への入館経路を限定します。
 ・館内のドアノブ、手すり等手の触れる頻度の高い箇所を随時消毒します。
 ・作品管理に留意しつつ、空調設備により定期的な換気を行い、展示室の出入口を開放します。
 ・ミュージアムショップは、ショップ通路部分の拡幅と陳列スペース縮小により、
  人の密集を避けます。


緑豊かな東町の山あいに調和するように作られたセラミックパークMINO。その中にある岐阜県現代陶芸美術館は、陶芸の現代をテーマとして、国内外の近現代(19世紀以降)の作品に絞って収集する国内唯一の美術館です。

個人作家の陶芸作品のほかに、作家が手作りで少量 生産する実用陶磁器や、モダンデザインの系譜としての産業陶磁器などが対象となっています。

定期的に各種の企画展が開催され、いずれも見応え十分。ミュージアムショップも併設されています。

住所 〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5
電話番号 0572-28-3100
営業時間 10:00~18:00(受付は17:30まで)
定休 月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)・年末年始
料金 一般330円(2019年10月1日からは340円)、大学生220円、高校生以下無料
(企画展は別料金)
アクセス JR多治見駅からタクシー8分
中央自動車道多治見インターから10分
HP 公式サイト
岐阜県現代陶芸美術館
車 20分
2

美濃焼陶芸体験(多治見市観光協会)

ミノヤキトウゲイタイケン 自分だけの一品を造ってみよう!
豊かな自然を水源に恵まれ古くから焼き物文化が栄える町「多治見」山間部にのきを連ねる窯元では陶芸家や職人達が手仕事の器を造り続けています。 市内の工房では「絵付け」から「ろくろ・手びねり」まで陶芸体験ができます。
住所 〒507-0033岐阜県多治見市本町5-9-1
電話番号 0572-23-5444
美濃焼陶芸体験(多治見市観光協会)
中央自動車道 多治見IC 10分
     
     ↓  30分
     
中央自動車道 中津川IC 30分
3

馬籠宿

まごめじゅく 風情ある家並み、粋な石畳。まさにノスタルジーな世界。
※※新型コロナウイルス感染症防止のため、ご来場の際は以下の点につきご協力をお願いいたします。※※

 ・密集、密接を避けてください。
 ・マスク着用等の咳エチケットをお願いします。



ちょっと気取って歩きたい。中山道の街道さんぽ。

馬籠宿は、石畳が敷かれた坂に沿う宿場町。日常から離れ、水のせせらぎ、小鳥のさえずり、街道を横切る風を感じながら、粋なひとときをお過ごしいただけます。
宿場の中間地点には、この地が生んだ文豪・島崎藤村の生家跡(本陣)も資料館として馬籠の歴史を伝えています。
都会にはない雑貨屋さんを覗いたり、レトロなカフェでお茶したり、木曽路を愛する歴女を気取ったり・・。
新しいのに、どこか懐かしい街道さんぽ、大切な人と楽しみませんか?

【フォトポイント】
・水車 ; 馬籠宿を流れる水路の水で回ります。水のせせらぎに癒されながら写真が撮れます。
・石畳の坂道 ; 下からの眺めがおすすめ。坂道と周りの建物が古風できれいです。
・見晴台 ; 恵那山を真正面に一望できるビュースポット、中津川市街地とは違う視点から見ることができます。

【歴史を感じる】
藤村記念館には島崎藤村の作品が展示してあります。代表作品「夜明け前」に登場する永昌寺や大黒屋もあり、馬籠観光の際にはぜひお立ち寄りください。

【食べ歩き】
馬籠宿ではグルメも楽しめます。焼きたての煎餅や、おやきなどがあり、五平餅もおすすめ!お店ごと味に個性があるので食べ比べてみてはいかがでしょうか?
夏の暑い時期には栗きんとん味のソフトクリームも人気です。

◆馬籠宿にある、岐阜県指定史跡「島崎藤村宅(馬籠宿本陣)跡」が、2020年6月19日、
 日本遺産「木曽路はすべて山の中~山を守り 山に生きる~」の構成文化財に追加認定されました!
住所 岐阜県中津川市馬籠
電話番号 0573-69-2336 (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所))
アクセス ◇公共交通機関
JR中津川駅から北恵那交通バス馬籠線 約25分「馬籠」下車
◇お車
中央自動車道中津川ICより約20分。 国道19号松本・木曽方面へ「沖田」交差点を右折。県道7号を直進、案内看板を左折。
HP 公式サイト
馬籠宿
車 50分
4

恵那峡温泉

えなきょうおんせん 体も心もゆるゆると恵那峡温泉を楽しむ

木曽川の渓谷美・恵那峡のほとりに湧く温泉。

宿は3軒あり、各宿とも四季折々の風光明媚な恵那峡の自然が一望できる浴場を備えています。

「恵那峡源泉」は放射能泉、「恵那峡湯元温泉」「恵那峡奥戸温泉」は塩化物泉が楽しめます。

笹置山に沈む夕日を眺められる夕刻が特にお勧めです。

住所 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町恵那峡
電話番号 0573-25-4058 ((一社)恵那市観光協会)
アクセス ◇電車
JR恵那駅から東鉄バスで恵那峡行き「恵那峡バス停」下車
◇お車
中央自動車道恵那IC下車10分
HP 公式サイト
恵那峡温泉
車 5分
5

恵那峡遊覧船

えなきょうゆうらんせん 奇岩・怪岩を巡る「遊覧船」を楽しむ

重要】
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、4月7日(火)~5月31日(日)まで休業いたしました。 
  おかげさまで6月6日より運航を再開いたします。土曜日・日曜日のみ運航で午前9時より午後5時まで毎時の出航予定です。(平日は運休)
  ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。




恵那峡の壮大さを間近で満喫できるのが高速ジェット船で周遊する恵那峡巡り。

土産屋街を抜けた所にある乗船場から、往復20㎞、約30分間の船旅が楽しめます。

冷暖房完備の船内は360度のパノラマビューでとても快適。

いつもとは違う視点から見る景色は、船上からでしか味わえない迫力があり、船内から流れるアナウンスと相まって、充実したクルージングが楽しめます。

住所 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町奥戸2709-104
電話番号 0573-25-4800 (恵那峡遊覧船(東鉄商事(株)))
定休 年中無休
料金 大人1,500円
小人(小学生)750円
団体割引有(団体の場合は要予約)1,350円
アクセス ◇電車
JR恵那駅から東鉄バスで恵那峡行き「恵那峡バス停」下車
◇お車
中央自動車道恵那IC下車10分
HP 公式サイト
恵那峡遊覧船
中央自動車道 恵那IC 10分

     ↓ 20分

東海環状自動車道 土岐南多治見IC 10分
6

土岐プレミアム・アウトレット

ときぷれみあむ・あうとれっと 非日常的な空間で、街並みを散策するようにショッピングをお楽しみいただけます。

雄大なロッキー山脈に抱かれた米国コロラドの美しい街並みをイメージした施設に約180のショップが並びます。眺望とともに1日中ショッピングをお楽しみいただけます。

*** 自動車でお越しの方にお知らせ ***
年末年始、ゴールデンウィークなど、多くのお客様が訪れること時期は、周辺道路がたいへん混雑します。
混雑を回避するに、「迂回ルートの選択」「早めの来場」「移動前に渋滞情報をチェック」をおすすめしています。

 

住所 岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2
電話番号 0572-53-3160
営業時間 10:00~20:00
定休 年1回(2月第3木曜日)
アクセス *** 自動車でお越しの方 ***
中央道 土岐インターから自動車で10分
東海環状自動車道の土岐南多治見インターから自動車で5分

*** 公共交通機関でお越しの方 ***
JR多治見駅南口バスターミナル「3番のりば」から学園都市線「土岐プレミアム・アウトレット行」で30分

詳しくはこちらから
https://www.premiumoutlets.co.jp/toki/access/
HP 公式サイト
土岐プレミアム・アウトレット
東海環状自動車道 土岐南多治見IC 10分
コースマップ