【募集は終了しました】平成30年度 重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第3次募集について

2018年8月6日
平成30年度 岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第3次募集について
 
 
 一般社団法人岐阜県観光連盟(以下、「連盟」という。)では、岐阜県内に宿泊する旅行商品の造成・販売を支援することで本県への更なる観光誘客のため、支援対象とする旅行商品を募集します。
 
1 実施事業の概要
 
(1)事業内容
本県の観光資源の魅力を最大限活用し、更なる県内への誘客を推進する為、観光資源のブランド化や県内への周遊性に配慮された旅行商品の造成・販売をする国内の旅行業者に対し、連盟が予算の範囲内において助成金を交付します。
 
(2)募集内容
上記(1)に掲げた目的を達成する為の旅行商品の企画を募集します。
ア 助成対象商品
 平成30年11月1日から平成31年2月28日の間に催行される旅行商品  
イ 対象とする旅行商品は、次の要件を全て満たすものであること。
・県内外を発地とし、県内を着地とする国内旅行商品
・本県の宿泊施設に1泊以上宿泊する旅行商品
・募集型企画旅行、または受注型企画旅行
・送客人員が「募集型企画旅行」は50名以上、「受注型企画旅行」(教育旅行は除く)は100名以上であること(乗務員・添乗員等を除く実績ベース)
・岐阜県内を巡る広域周遊性の高い旅行商品であり、「平成30年度岐阜県観光連盟重点旅行商品等助成事業実施要綱」(以下「要綱」という。)に則り、且つ別表1に記載する観光資源を原則2か所以上組み入れた旅行商品
・県内での昼食または買い物施設を1か所以上組み入れた旅行商品

ウ 助成対象事業者は、第1種・第2種・第3種旅行業務の登録を受けた旅行事業者
エ 助成額
・今回の募集する旅行商品の助成額総額は、2,000千円程度を予定しています。
・助成単価・助成限度額
 今年度より県内2泊以上の場合における助成限度額を引き上げています。
旅行商品における交通機関 助成単価 助成限度額
遠距離からの貸切バス 県内1泊の場合 一人あたり1,500円 30万円
県内2泊以上の場合 一人あたり2,000円 40万円
その他 県内1泊の場合 一人あたり1,000円 20万円
県内2泊以上の場合 一人あたり1,500円 30万円


(3)提案件数等留意事項
ア 提案件数
1旅行業者につき、3商品までとします。
イ 留意事項
・要綱第14条で、募集パンフレットなどプロモーション媒体に「協力:岐阜県観光連盟」と表示するよう規定していますが、既にパンフレットなどを作成している場合は、
規定は適用しません。
 但し、内定後に作成する広告媒体やWeb上には、内定後表示してください。


2 応募方法
 
(1)募集期間  平成30年9月7日(金)17時まで(必着)
 
(2)提出場所  〒500-8384
         岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎4階
         一般社団法人 岐阜県観光連盟
 
(3)提出方法  事業企画書(様式第1号)に必要事項を記入、押印の上、持参または郵送によりご提出ください。
※郵送の場合は、募集期間内に必着のこと。
※FAXでの提出はお受けできません。
※締め切り間近でのご応募については、電子メールでの事前提出の便宜を図りますので、下記アドレスまで添付でお送りください。
          電子メールアドレス:s-kachi@kankou-gifu.or.jp
但し、この場合、提出書類の到着をもって正式な申請とさせていただきますので、予めご了承ください。
 
(4)提出部数  1部        
 
3 事業の選定
 
(1)選定基準
以下の事項への配慮や催行の可能性等を総合的に判断し選定致します。
ア 広域周遊性(岐阜県内に於ける広域的な周遊性、岐阜県内に滞在する時間的広域性)
イ 新規性(別表1に挙げる観光資源を網羅しつつ、新規の観光資源を取り込む行程案)
ウ 経済波及効果(岐阜県内に於ける旅行消費、等)
エ 商品の魅力(消費者への訴求力、岐阜県の魅力発信への貢献度、等)
 
(2)審査の結果
審査結果については、9月下旬に通知する予定です。
 
※ 提出書類は期限厳守でお願い致します。
※ より多くの方に岐阜県をご訪問頂けるよう旅行商品の造成をお願い致します。
 
<問い合わせ先>
一般社団法人 岐阜県観光連盟
情報サービス課   担当:可知(かち)
TEL:058-275-1480
FAX:058-275-1483
E-Mail  s-kachi@kankou-gifu.or.jp

◆実施要綱、事業計画書ほか各種様式、募集案内については、
 下記の<資料を見る(PDF)>からダウンロードすることができます。

【募集は終了しました】平成30年度 重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第2次募集について

2018年4月11日
平成30年度 岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第2次募集について
 
 
 一般社団法人岐阜県観光連盟(以下、「連盟」という。)では、岐阜県内に宿泊する旅行商品の造成・販売を支援することで本県への更なる観光誘客のため、支援対象とする旅行商品を募集します。
 
1 実施事業の概要
 
(1)事業内容
本県の観光資源の魅力を最大限活用し、更なる県内への誘客を推進する為、観光資源のブランド化や県内への周遊性に配慮された旅行商品の造成・販売をする国内の旅行業者に対し、連盟が予算の範囲内において助成金を交付します。
 
(2)募集内容
上記(1)に掲げた目的を達成する為の旅行商品の企画を募集します。
ア 助成対象商品
 平成30年7月1日から平成30年11月30日の間に催行される旅行商品  
イ 対象とする旅行商品は、次の要件を全て満たすものであること。
・県内外を発地とし、県内を着地とする国内旅行商品
・本県の宿泊施設に1泊以上宿泊する旅行商品
・募集型企画旅行、または受注型企画旅行
・送客人員が「募集型企画旅行」は50名以上、「受注型企画旅行」(教育旅行は除く)は100名以上であること(乗務員・添乗員等を除く実績ベース)
・岐阜県内を巡る広域周遊性の高い旅行商品であり、「平成30年度岐阜県観光連盟重点旅行商品等助成事業実施要綱」(以下「要綱」という。)に則り、且つ別表1に記載する観光資源を原則2か所以上組み入れた旅行商品
・県内での昼食または買い物施設を1か所以上組み入れた旅行商品

ウ 助成対象事業者は、第1種・第2種・第3種旅行業務の登録を受けた旅行事業者
エ 助成額
・今回の募集する旅行商品の助成額総額は、3,000千円程度を予定しています。
・助成単価・助成限度額
 今年度より県内2泊以上の場合における助成限度額を引き上げています。
旅行商品における交通機関 助成単価 助成限度額
遠距離からの貸切バス 県内1泊の場合 一人あたり1,500円 30万円
県内2泊以上の場合 一人あたり2,000円 40万円
その他 県内1泊の場合 一人あたり1,000円 20万円
県内2泊以上の場合 一人あたり1,500円 30万円


(3)提案件数等留意事項
ア 提案件数
1旅行業者につき、3商品までとします。
イ 留意事項
・要綱第14条で、募集パンフレットなどプロモーション媒体に「協力:岐阜県観光連盟」と表示するよう規定していますが、既にパンフレットなどを作成している場合は、
規定は適用しません。
 但し、内定後に作成する広告媒体やWeb上には、内定後表示してください。


2 応募方法
 
(1)募集期間  平成30年5月2日(水)17時まで(必着)
 
(2)提出場所  〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎4階
一般社団法人 岐阜県観光連盟
 
(3)提出方法  事業企画書(様式第1号)に必要事項を記入、押印の上、持参または郵送によりご提出ください。
※郵送の場合は、募集期間内に必着のこと。
※FAXでの提出はお受けできません。
※締め切り間近でのご応募については、電子メールでの事前提出の便宜を図りますので、下記アドレスまで添付でお送り下さい。
          電子メールアドレス:s-kachi@kankou-gifu.or.jp
但し、この場合、提出書類の到着を以って正式な申請とさせて頂きますので、予めご了承ください。
 
(4)提出部数  1部        
 
3 事業の選定
 
(1)選定基準
以下の事項への配慮や催行の可能性等を総合的に判断し選定致します。
ア 広域周遊性(岐阜県内に於ける広域的な周遊性、岐阜県内に滞在する時間的広域性)
イ 新規性(別表1に挙げる観光資源を網羅しつつ、新規の観光資源を取り込む行程案)
ウ 経済波及効果(岐阜県内に於ける旅行消費、等)
エ 商品の魅力(消費者への訴求力、岐阜県の魅力発信への貢献度、等)
 
(2)審査の結果
審査結果については、5月下旬に通知する予定です。
 
 今後の募集スケジュール(予定)
 第3次/平成30年8月上旬から9月上旬(催行期間:H30.11/1~H31.2/28)
  ※助成事業の実施及び募集スケジュールは変更する場合があります。

※ 提出書類は期限厳守でお願い致します。
※ より多くの方に岐阜県をご訪問頂けるよう旅行商品の造成をお願い致します。
 
<問い合わせ先>
一般社団法人 岐阜県観光連盟
情報サービス課   担当:可知(かち)
TEL:058-275-1480
FAX:058-275-1483
E-Mail  s-kachi@kankou-gifu.or.jp

◆実施要綱、事業計画書ほか各種様式、募集案内については、
 下記の<資料を見る(PDF)>からダウンロードすることができます。


【募集終了しました】平成30年度 重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第1次募集について

2018年1月30日
平成30年度 岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第1次募集について
 
 
 一般社団法人岐阜県観光連盟(以下、「連盟」という。)では、岐阜県内に宿泊する旅行商品の造成・販売を支援することで本県への更なる観光誘客のため、支援対象とする旅行商品を募集します。
 
1 実施事業の概要
 
(1)事業内容
本県の観光資源の魅力を最大限活用し、更なる県内への誘客を推進する為、観光資源のブラ
ンド化や県内への周遊性に配慮された旅行商品の造成・販売をする国内の旅行業者に対し、
連盟が予算の範囲内において助成金を交付します。
 
(2)募集内容
上記(1)に掲げた目的を達成する為の旅行商品の企画を募集します。
ア 助成対象商品
 平成30年4月1日から平成30年7月31日の間に催行される旅行商品  
イ 対象とする旅行商品は、次の要件を全て満たすものであること。
・県内外を発地とし、県内を着地とする国内旅行商品
・本県の宿泊施設に1泊以上宿泊する旅行商品
・募集型企画旅行、または受注型企画旅行
・送客人員が「募集型企画旅行」は50名以上、「受注型企画旅行」(教育旅行は除く)
は100名以上であること(乗務員・添乗員等を除く実績ベース)
・岐阜県内を巡る広域周遊性の高い旅行商品であり、「平成30年度岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業実施要綱」(以下「要綱」という。)に則り、且つ別表1に
記載する観光資源を原則2か所以上組み入れた旅行商品
・県内での昼食または買い物施設を1か所以上組み入れた旅行商品

ウ 助成対象事業者は、第1種・第2種・第3種旅行業務の登録を受けた旅行事業者
エ 助成額
・今回の募集する旅行商品の助成額総額は、3,000千円程度を予定しています。
・助成単価・助成限度額
 今回より県内2泊以上の場合における助成限度額を引き上げています。
旅行商品における交通機関 助成単価 助成限度額
遠距離からの貸切バス 県内1泊の場合 一人あたり1,500円 30万円
県内2泊以上の場合 一人あたり2,000円 40万円
その他 県内1泊の場合 一人あたり1,000円 20万円
県内2泊以上の場合 一人あたり1,500円 30万円


(3)提案件数等留意事項
ア 提案件数
1旅行業者につき、3商品までとします。
イ 留意事項
・要綱第14条で、募集パンフレットなどプロモーション媒体に「協力:岐阜県観光連盟」と
表示するよう規定していますが、既にパンフレットなどを作成している場合は、
規定は適用しません。
但し、内定後に作成する広告媒体やWeb上には、内定後表示してください。


2 応募方法
 
(1)募集期間  平成30年2月20日(火)17時まで(必着)
 
(2)提出場所  〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎4階
一般社団法人 岐阜県観光連盟
 
(3)提出方法  事業企画書(様式第1号)に必要事項を記入、押印の上、持参、または郵送によりご提出ください。
※郵送の場合は、募集期間内に必着のこと。
※FAXでの提出はお受けできません。
※締め切り間近でのご応募については、電子メールでの事前提出の便宜を図りますので、
 下記アドレスまで添付でお送り下さい。
          電子メールアドレス:s-kachi@kankou-gifu.or.jp
但し、この場合、提出書類の到着を以って正式な申請とさせて頂きますので、
予めご了承ください。
 
(4)提出部数  1部        
 
3 事業の選定
 
(1)選定基準
以下の事項への配慮や催行の可能性等を総合的に判断し選定致します。
ア 広域周遊性(岐阜県内に於ける広域的な周遊性、岐阜県内に滞在する時間的広域性)
イ 新規性(別表1に挙げる観光資源を網羅しつつ、新規の観光資源を取り込む行程案)
ウ 経済波及効果(岐阜県内に於ける旅行消費、等)
エ 商品の魅力(消費者への訴求力、岐阜県の魅力発信への貢献度、等)
 
(2)審査の結果
審査結果については、2月下旬に通知する予定です。
 
 今後の募集スケジュール(予定)
  第2次/平成30年3月下旬から4月下旬(催行期間:H30.7/1~11/30)
  第3次/平成30年8月上旬から9月上旬(催行期間:H30.11/1~H31.2/28)
  ※助成事業の実施及び募集スケジュールは変更する場合があります。

※ 提出書類は期限厳守でお願い致します。
※ より多くの方に岐阜県をご訪問頂けるよう旅行商品の造成をお願い致します。
 
<問い合わせ先>
一般社団法人 岐阜県観光連盟
販売促進課   担当:可知(かち)
TEL:058-275-1480
FAX:058-275-1483
E-Mail  s-kachi@kankou-gifu.or.jp

◆実施要綱、事業計画書ほか各種様式、募集案内については、
 下記の<資料を見る(PDF)>からダウンロードすることができます。
 常に最新の募集時のものを参照してください。

【終了しました】平成29年度 重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第3次募集について

2017年8月21日
平成29年度 岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第3次募集について
 
 
 一般社団法人岐阜県観光連盟(以下、「連盟」という。)では、岐阜県内に宿泊する旅行商品の造成・販売を支援することで本県への更なる観光誘客のため、支援対象とする旅行商品を募集します。
 
1 実施事業の概要
 
(1)事業内容
本県の観光資源の魅力を最大限活用し、更なる県内への誘客を推進する為、観光資源のブラ
ンド化や県内への周遊性に配慮された旅行商品の造成・販売をする国内の旅行業者に対し、
連盟が予算の範囲内において助成金を交付します。
 
(2)募集内容
上記(1)に掲げた目的を達成する為の旅行商品の企画を募集します。
ア 助成対象商品
 平成29年11月1日から平成30年2月28日の間に催行される旅行商品  
イ 対象とする旅行商品は、次の要件を全て満たすものであること。
・県内外を発地とし、県内を着地とする国内旅行商品
・本県の宿泊施設に1泊以上宿泊する旅行商品(冬季限定:温泉地での宿泊は選定優遇)
・募集型企画旅行、または受注型企画旅行
・送客人員が「募集型企画旅行」は50名以上、「受注型企画旅行」(教育旅行は除く)
は100名以上であること(乗務員・添乗員等を除く実績ベース)
・岐阜県内を巡る広域周遊性の高い旅行商品であり、「平成29年度岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業実施要綱」(以下「要綱」という。)に則り、且つ別表1に
記載する観光資源を原則2カ所以上組み入れた旅行商品
・県内での昼食または買い物施設を1カ所以上組み入れた旅行商品

ウ 助成対象事業者は、第1種・第2種・第3種旅行業務の登録を受けた旅行事業者
エ 助成額
・今回の募集する旅行商品の助成額総額は、4,000千円程度を予定しています。
・助成単価・助成限度額
旅行商品における交通機関 助成単価 助成限度額
遠距離からの貸切バス 県内1泊の場合 一人あたり1,500円 30万円
県内2泊以上の場合 一人あたり2,000円
その他 県内1泊の場合 一人あたり1,000円 20万円
県内2泊以上の場合 一人あたり1,500円
 
(3)提案件数等留意事項
ア 提案件数
1旅行業者につき、3商品までとします。
イ 留意事項
・要綱第14条で、募集パンフレットなどプロモーション媒体に「協力:岐阜県観光
連盟」と表示するよう規定していますが、既にパンフレットなどを作成している場
合は、規定は適用しません。但し、内定後に作成する広告媒体やWeb上には、内定
後表示してください。

2 応募方法
 
(1)募集期間  平成29年9月27日(水)17時まで(必着)
 
(2)提出場所  〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎4階
一般社団法人 岐阜県観光連盟
 
(3)提出方法  上記提出場所に、持参、または郵送によりご提出ください。
※郵送の場合は、募集期間内に必着のこと。
※FAXでの提出はお受けできません。
※締め切り間近でのご応募については、電子メールでの事前提出の便宜を図り
ますので、下記アドレスまで添付でお送り下さい。
          電子メールアドレス:a-yasuda@kankou-gifu.or.jp
但し、この場合、提出書類の到着を以って正式な申請とさせて頂きますので、
予めご了承ください。
 
 
(4)提出書類  事業企画書(様式第1号)
 
(5)提出部数  1部        
 
3 事業の選定
 
(1)選定基準
以下の事項への配慮や催行の可能性等を総合的に判断し選定致します。
ア 広域周遊性(岐阜県内に於ける広域的な周遊性、岐阜県内に滞在する時間的広域性)
イ 新規性(別表1に挙げる観光資源を網羅しつつ、新規の観光資源を取り込む行程案)
ウ 経済波及効果(岐阜県内に於ける旅行消費、等)
エ 商品の魅力(消費者への訴求力、岐阜県の魅力発信への貢献度、等)
オ 冬季の商材(温泉地での宿泊を含む、岐阜県の冬季の魅力を取り込む商品内容、等)
 
(2)審査の結果
審査結果については、10月上旬~中旬に通知致します。
 
 
※ 提出書類(事業企画書)は、必ず上記募集期間内でのご提出をお願い致します。
 
※ より多くの方に岐阜県をご訪問頂けるよう旅行商品の造成をお願い致します。
 
<問い合わせ先>
一般社団法人 岐阜県観光連盟
販売促進課   担当:安田
TEL:058-275-1480
FAX:058-275-1483
E-Mail  a-yasuda@kankou-gifu.or.jp

◆募集案内、対象旅行商品の募集について、実施要項、別表1、事業企画書は下記の<資料を見る(PDF)>をダウンロードして下さい。

【終了しました】平成29年度 重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第2次募集について

2017年4月6日
平成29年度 岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第2次募集について

 
一般社団法人岐阜県観光連盟(以下、「連盟」という。)では、岐阜県内に宿泊する旅行商品の造成・販売を支援することで本県への更なる観光誘客のため、支援対象とする旅行商品を募集します。

1 実施事業の概要
 (1)事業内容
  本県の観光資源の魅力を最大限活用し、さらなる県内への誘客を推進するため、観光資源のブランド化や周遊性に配慮された旅行商品の造成・販売をする国内の旅行業者に連盟が予算の範囲内において助成金を交付します。
 (2)募集内容
  上記(1)に掲げた目的を達成するための旅行商品の企画を募集します。
   ア 助成対象商品
      平成29年7月1日から11月30日の間に催行される旅行商品
   イ 対象とする旅行商品は次の要件を全て満たすものであること
      ・県内外を発地とし、県内を着地とする国内旅行商品
      ・本県の宿泊施設に1泊以上宿泊する旅行商品
      ・募集型企画旅行または受注型企画旅行
      ・送客人員が「募集型企画旅行」は50名以上、「受注型企画旅行」(教育旅行は除く)は100名以上であること(乗務員・添乗員等を除く実績ベース)
      ・岐阜県内を巡る広域周遊性の高い旅行商品であって、「重点旅行商品等助成事業実施要綱」(以下「要綱」という。)別表第1に記載する観光資源を原則2カ所以上組み入れた旅行商品
      ・県内での昼食または買い物施設を1カ所以上組み入れた旅行商品
   ウ 助成対象事業者は、第1種・第2種・第3種旅行業務の登録を受けた事業者
   エ 助成額
      ・今回の募集する旅行商品の助成額総額は、2,000千円程度を予定しています。
      ・助成単価・助成限度額
旅行商品における交通機関 助成単価 助成限度額
遠距離からの貸切バス 県内1泊の場合 一人あたり1,500円 30万円
県内2泊以上の場合 一人あたり2,000円
その他 県内1泊の場合 一人あたり1,000円 20万円
県内2泊以上の場合 一人あたり1,500円
 (3)提案件数等留意事項
  ア 提案件数
     1旅行業者3商品までとします。
  イ 留意事項
     ・要綱第14条で、募集パンフレットなどプロモーション媒体に「協力:岐阜県観光連盟」と表示するよう規定していますが、既にパンフレットなどを作成している場合は、規定は適用しません。ただし、内定後に作成する広告媒体やWeb上には、内定後表示してください。(第1次募集のみに適用します)

2 応募方法
 (1)募集期間 平成29年4月28日( 金 )17時まで(必着)
 (2)提出場所 〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎4階 一般社団法人岐阜県観光連盟
 (3)提出方法 上記提出場所に、持参、郵送、電子メールによりご提出ください。
   ※郵送の場合は、募集期間内に必着のこと。
   ※FAXでの提出はお受けできません。
   電子メール:a-yasuda@kankou-gifu.or.jp
 (4)提出書類 事業企画書(様式第1)
 (5)提出部数 1部

3 事業の選定
 (1)選定基準
  以下の事項への配慮や催行の可能性等を総合的に判断し選定します。
  ア 広域周遊性
  イ 新規性
  ウ 経済波及効果
  エ 商品の魅力
 (2)審査の結果
  審査結果については、5月中旬に通知します

 
今後の募集スケジュール(予定)
第3次/平成29年8月下旬から9月上旬(催行期間:H29.11/1~H30.2/28)
※助成事業の実施及び募集スケジュールは変更する場合があります。

<問い合わせ先>
岐阜県観光連盟販売促進課
担当:安田・小林
TEL:058-275-1480
FAX:058-275-1483
E-mail:a-yasuda@kankou-gifu.or.jp


<ダウンロード資料>
平成29年度 重点旅行商品等事業実施要綱
要綱-別表1・別表2

その他各種様式等はこちらからダウンロード頂けます。
 

川辺町宿泊補助制度について

2017年2月21日
川辺町では、スポーツ・文化活動等により岐阜県川辺漕艇場を利用し宿泊した方に対して、宿泊費の一部を助成する制度をがあります。

【対象となる宿泊施設】
岐阜県川辺漕艇場を利用し岐阜県川辺漕艇場又は町内にある旅館業法に定める宿泊施設に宿泊をした団体又は個人。

【助成金の額】
宿泊1人あたり1,000円 × 延べ宿泊数
※1泊あたりの宿泊費が1,000円に満たない場合はその額

詳細については、添付ファイル及び問い合せ先に確認願います。

<問い合せ先>
川辺町B&G海洋センター窓口(教育委員会)
〒509-0315
岐阜県加茂郡川辺町比久見725-5
Tel0574-53-2911
Fax0574-53-5684

美濃和紙の里会館リニューアルのお知らせ

2017年2月15日
美濃和紙の里会館がリニューアルいたします!
リニューアルオープンまでの日程は下記のとおりとなっています。皆様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 
●2階閉鎖期間(入館無料)
平成29年2月7日(火)~平成29年2月27日(月)
第1・第2常設展示室、ハイビジョンホールはご覧いただけません。企画展示室「アート和傘・美濃展」および紙漉き体験(有料)、売店は通常営業します。
 
●全館閉館期間
平成29年2月28日(火)~平成29年4月14日(金)
 
●リニューアルオープン
平成29年4月15日(土)

【お問合せ】0575-34-8111

【募集終了しました】平成29年度 重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の募集について

2016年12月14日
平成29年度 岐阜県観光連盟
重点旅行商品等助成事業 対象旅行商品の第1次募集について
 
 一般社団法人岐阜県観光連盟(以下、「連盟」という。)では、岐阜県内に宿泊する旅行商品の造成・販売を支援することで本県への更なる観光誘客のため、支援対象とする旅行商品を募集します。
 
1 実施事業の概要
 (1)事業内容
 本県の観光資源の魅力を最大限活用し、さらなる県内への誘客を推進するため、観光資源のブランド化や周遊性に配慮された旅行商品の造成・販売をする国内の旅行業者に連盟が予算の範囲内において助成金を交付します。
 (2)募集内容
 上記(1)に掲げた目的を達成するための旅行商品の企画を募集します。
 ア 助成対象商品
  平成29年4月1日から7月31日の間に催行される旅行商品  
 イ 対象とする旅行商品は次の要件を全て満たすものであること
  ・県内外を発地とし、県内を着地とする国内旅行商品
  ・本県の宿泊施設に1泊以上宿泊する旅行商品
  ・募集型企画旅行または受注型企画旅行
  ・送客人員が「募集型企画旅行」は50名以上、「受注型企画旅行」(教育旅行は除く)は100名以上であること(乗務員・添乗員等を除く実績ベース)
  ・岐阜県内を巡る広域周遊性の高い旅行商品であって、「重点旅行商品等助成事業実施要綱」(以下「要綱」という。)別表第1に記載する観光資源を原則2カ所以上組み入れた旅行商品
  ・県内での昼食または買い物施設を1カ所以上組み入れた旅行商品
 ウ 助成対象事業者は、第1種・第2種・第3種旅行業務の登録を受けた事業者
 エ 助成額
  ・今回の募集する旅行商品の助成額総額は、2,000千円程度を予定しています。
  ・助成単価・助成限度額
旅行商品における交通機関 助成単価 助成限度額
遠距離からの貸切バス 県内1泊の場合 一人あたり1,500円 30万円
県内2泊以上の場合 一人あたり2,000円
その他 県内1泊の場合 一人あたり1,000円 20万円
県内2泊以上の場合 一人あたり1,500円
 
(3)提案件数等留意事項
 ア 提案件数
  1旅行業者3商品までとします。
 イ 留意事項
  ・要綱第14条で、募集パンフレットなどプロモーション媒体に「協力:岐阜県観光連盟」と表示するよう規定していますが、既にパンフレットなどを作成している場合は、規定は適用しません。ただし、内定後に作成する広告媒体やWeb上には、内定後表示してください。(第1次募集のみに適用します)
 
2 応募方法
 (1)募集期間 平成29年2月1日(水)17時まで(必着)
 (2)提出場所 〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-14-12 岐阜県シンクタンク庁舎4階 一般社団法人岐阜県観光連盟
 (3)提出方法 上記提出場所に持参、郵送、電子メールによる(郵送の場合は、募集期間内に必着のこと。)
       ※FAXでの提出はお受けできません。
       電子メール:y-kobayashi@kankou-gifu.or.jp
(4)提出書類 事業企画書(様式第1)
(5)提出部数 1部        

3 事業の選定
(1)選定基準
 以下の事項への配慮や催行の可能性等を総合的に判断し選定します。
 ア 広域周遊性
 イ 新規性
 ウ 経済波及効果
 エ 商品の魅力 
 (2)審査の結果
 審査結果については、2月中旬に通知します
 
4 必ずお読みください
 
 ・本事業予算は、今後、岐阜県観光連盟の理事会に提出し、審議されます。理事会で本事業予算案が認められませんと、本事業は成立しませんので、ご承知ください。
 
今後の募集スケジュール(予定)
第2次/平成29年3月下旬から4月下旬(催行期間:H29.7/1~11/30)
第3次/平成29年8月下旬から9月上旬(催行期間:H29.11/1~H30.2/28)
※助成事業の実施及び募集スケジュールは変更する場合があります。
 
 
<問い合わせ先>
岐阜県観光連盟 販売促進課
担当:野村・小林
TEL:058-275-1480
FAX:058-275-1483
E-mail: y-kobayashi@kankou-gifu.or.jp

<ダウンロード資料>
平成29年度 重点旅行商品等事業実施要綱
要綱-別表1・別表2
様式第1号-事業企画書 〈資料を見る(PDF)の三番目をクリックするとWord形式でダウンロード頂けます〉

 

ユネスコの無形文化遺産に県内の「山・鉾・屋台行事」が登録されました

2016年12月1日
◆県内の高山祭、古川祭、大垣祭が決定!
 
国連教育科学文化機関(ユネスコ)は山車を用いる全国33の祭りをまとめた「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産(世界遺産)として登録しました。
岐阜県では高山市の「高山祭の屋台行事」、飛騨市の「古川祭の起し太鼓・屋台行事」、大垣市の「大垣祭の軕行事」が含まれています。
 
◆清流の国ぎふ の世界遺産が7つに!
 
「清流の国ぎふ」の世界に誇る遺産は、
今回、登録された3件の他に
「白川郷の合掌集落」(ユネスコ文化遺産)
「本美濃紙」(ユネスコ世界無形文化遺産)
「曽代用水」(世界かんがい施設遺産)
「清流長良川の鮎」(世界農業遺産)
と合わせて、7つの世界遺産を有することになりました。
 
また、文化庁が認定する「日本遺産」には岐阜市と高山市が登録されており、世界に誇れる岐阜県の遺産と共に、地域のお祭りとして伝承されている多くの「山・鉾・屋台行事」との観光資源としての活用に一層の期待が膨らみます。


◆各お祭りの情報はこちらから。

 ◆春の高山祭

 ◆秋の高山祭

 ◆古川祭

 ◆大垣祭
ユネスコの無形文化遺産に県内の「山・鉾・屋台行事」が登録されました

お得に巡る!美濃焼観光タクシー(好評運行中)

2016年1月18日
駅から乗るだけ! 運賃がお得! まかせて安心! 

日本一陶磁器産地でしか触れることのできない美濃焼の様々な魅力をお手軽に楽しく満喫!岐阜東濃をお得に巡る!美濃焼観光タクシーを利用してみてはいかがですか?

選べるコース(予約制)

Aコース 
美濃焼陶芸道場虎渓窯で「作陶体験」と産地でお買い物/エリア 多治見市・土岐市

Bコース 
「タイルアート体験」と話題の観光施設「テラスゲート土岐」へ!/エリア 多治見市・土岐市

Cコース 
日本一の陶磁器産地4酒造制覇の旅/エリア 多治見市・土岐市・瑞浪市

Dコース 
美濃焼産地をゆったり満喫!/エリア 土岐市・瑞浪市

Eコース 
美濃焼産地の3つの窯場を満喫!/エリア 土岐市・多治見市


詳細は PDF資料をご覧下さい

◆お問い合わせ 岐阜県 観光企画課 TEL:058-272-1111(代)

◆ご予約について・・・・ 各観光タクシーへ  (PDF資料参照)


お得に巡る!美濃焼観光タクシー(好評運行中)

フェザーミュージアム リニューアルオープン予定!

2016年1月18日
カミソリの文化と歴史を体験おもしろスポット!

「カミソリ文化伝承館・フェザーミュージアム」では、古代から現代に至るカミソリの歴史と文化をわかりやすく勉強でき、
「カミソリの科学コーナー」や各種映像コーナーなどもあり、大人から子どもまで楽しめるミュージアム。

リニューアル工事の為、平成27年3月18日(水)から一時休館しております。
尚、リニューアルオープンは平成28年3月頃を予定しております。
※画像はリニューアル前の外観です。
フェザーミュージアム リニューアルオープン予定!

「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定!

2015年12月15日
岐阜県をはじめ長良川上中流域の自治体や関係団体で組織する清流長良川の農林水産業推進協議会が申請をしていた「清流長良川の鮎~里川における人と鮎のつながり~」が、世界農業遺産に認定されました。

長良川は流域の人々のくらしの中で清流が保たれ、その清流で鮎が育ち、清流と鮎は地域の経済や歴史文化と深く結びつき、長良川における人の生活、水環境、漁業資源が連環する里川のシステムは、世界に誇るべき『長良川システム』と呼べるものです。


「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定!