• 201711
  • 201712
  • 20181
  • 20182
  • 20183
  • 20184
  • 20185
  • 20186
  • 20187
  • 20188
  • 20189
  • 201810
  
「うだつが上がる」の語源はこれ!

美濃和紙の里、うだつの町並みを訪ねる旅

全行程 : 約4時間
岐阜県のこの辺りをめぐります


「うだつが上がらない」という言葉で知られる「うだつ」。



美濃和紙のふるさと美濃市で、うだつの上がる古い町並みを歩き、紙すき体験にもチャレンジしてみよう!


美濃ICから車で約30分
1
14時

美濃和紙の里会館

みのわしのさとかいかん 歴史と伝統を誇る美濃和紙の世界にふれる
和紙ができるまでをリアルに描いたミニチュアの人形たちが見事!職人が使う本物の道具と、天然の原料を使った、こだわりの紙すき体験もできます。
住所 〒501-3726 岐阜県美濃市蕨生1851
電話番号 0575-34-8111 (美濃和紙の里会館)
営業時間 9:00~17:00
定休 火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
祝日の翌日
料金 大人500円
小中学生250円
団体(20名以上)
大人450円
小中学生200円
3館共通券800円
(和紙の里会館、旧今井家住宅、あかりアート館)
紙漉き体験は別途500円が必要
アクセス バス:「美濃市駅」から岐阜バス牧谷線洞戸栗原行きで約20分、「和紙の里公園前」下車。
車:東海北陸自動車道「美濃インター」から国道156号線及び県道81号線経由で約20分。
HP 公式サイト
備考 10名以上の団体様は事前予約をお願いします。
美濃和紙の里会館
車で約20分
2
15時30分

うだつの上がる町並み

うだつのあがるまちなみ 江戸時代の造形美が息づく町
江戸時代の様相を、そのまま今も伝え、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。江戸時代からの造形美が今なお息づく町並みを楽しもう!
住所 〒501-3726 岐阜県美濃市加治屋町1959-1
電話番号 0575-35-3660 (美濃市観光協会)
営業時間
定休
料金
アクセス 長良川鉄道「美濃市駅」から徒歩約10分。
東海北陸自動車道美濃ICから、国道156号経由で約5分。
岐阜バス岐阜美濃線「うだつの町並み通り」下車、徒歩1分。
HP 公式サイト
備考 駐車料金:大型バス   2,000円
     マイクロバス 1,500円
協力金:普通自動車 100円
うだつの上がる町並み
徒歩圏内
3
17時

美濃和紙あかりアート展

だい24かいみのわしあかりあーとてん 「闇とあかり」「光と影」が織りなす幽玄の美
毎年10月に行われる「美濃和紙あかりアート展」では、美濃和紙を使ったあかりのアートが、うだつの上がる町並みを美しく灯します。昼間の町並みとはまた違った、幻想的な雰囲気を楽しんで!
住所 岐阜県美濃市泉町 他
電話番号 0575-35-3660 (美濃和紙あかりアート展実行委員会)
料金 見学無料。

作品応募は1作品に付き1,000円
小中学生は無料
アクセス 長良川鉄道「美濃市駅」から徒歩約10分
岐阜バス岐阜美濃線「うだつの町並み通り」下車、徒歩1分
東海北陸自動車道美濃ICから、国道156号線経由で約5分
HP 公式サイト
備考 美濃小
(200)
台山
(240台)
有料
市内までシャトルバス有り
(予定)
美濃和紙あかりアート展
美濃ICまで車で約10分