• 201811
  • 201812
  • 20191
  • 20192
  • 20193
  • 20194
  • 20195
  • 20196
  • 20197
  • 20198
  • 20199
  • 201910
  
江戸の宿場町へタイムスリップ!

街道と城下町を歩く、いにしえの旅情を味わう旅

全行程 : 約7時間
岐阜県のこの辺りをめぐります


妻籠宿から馬籠宿へ、江戸の風情が残る中山道の宿場町を散策したら、女城主で知られる岩村城跡とその城下町へ。



江戸時代の旅人になった気分で歩いてみよう!


中津川ICから車で約30分
1
10時

妻籠宿

つまごじゅく 懐かしさを感じる宿場町
家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」という三原則をつくり、貴重な街並みを後世に伝える妻籠。木曽路の宿場町をのんびり散策してみよう!
電話番号 0264-57-3123(妻籠観光協会)
妻籠宿
車で約25分
2
11時30分

馬籠宿

まごめじゅく 文豪島崎藤村のふるさと
木曽11宿の最南端、美濃との国境にあり、山の斜面に沿った全長600m余りの「坂に開けた宿場」、馬籠。文豪「島崎藤村」のふるさとで、小説の舞台のなった宿場町でもあります。
住所 岐阜県中津川市馬籠
電話番号 0573-69-2336 (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所))
アクセス ◇公共交通機関
JR中津川駅から北恵那交通バス馬籠線 約25分「馬籠」下車
◇お車
中央自動車道中津川ICより約20分。 国道19号松本・木曽方面へ「沖田」交差点を右折。県道7号を直進、案内看板を左折。
HP 公式サイト
馬籠宿
徒歩約5分
3
12時

藤村記念館

とうそんきねんかん 藤村の世界に浸る
奈良時代の回廊を思わせる清楚な建物は、藤村の簡素美を追求したもの。蔵書や小説『嵐』『夜明け前』ほか原稿、詩集など5,000点あまりの資料を収蔵公開しています。
住所 〒- 岐阜県中津川市馬籠4256-1
電話番号 0573-69-2047
営業時間 4~11月 9:00~17:00
12~3月 9:00~16:00
定休 毎年12月~2月の毎水曜日
料金 大人 500円(平成29年7月1日より値下げによりこの値段です)
学生 400円
小人 100円(小・中学生)
アクセス JR中津川駅から北恵那バス・馬籠行き 30分で馬籠バス停下車。徒歩10分
HP 公式サイト
藤村記念館
車で約50分
4
13時30分

岩村城跡

いわむらじょうあと 日本三大山城を見学
奈良県の高取城、岡山県の松山城と並ぶ日本三大山城の一つに数えられる名城。平成10年4月に重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。付近は霧が多く発生するので、別名・霧ヶ城とも呼ばれています。お土産にはカステラがおすすめ!
住所 〒509-7403 岐阜県恵那市岩村町字城山
電話番号 0573-43-3231 ((一社)恵那市観光協会岩村支部)
アクセス ◇電車
明知鉄道岩村駅から徒歩1時間
◇お車
中央自動車道恵那IC下車20分
HP 公式サイト
岩村城跡
車で約5分
5
14時

岩村城下町

いわむらじょうかまち 江戸の町並みをそぞろ歩き
現在の本町通りは、旧岩村藩の城下町そのままの商家が多く残り、江戸時代の町並みが今も姿をとどめています。
住所 〒509-7403 岐阜県恵那市岩村町
電話番号 0573-43-3231 (恵那市観光協会岩村支部)
アクセス ◇電車
明知鉄道岩村駅から徒歩
◇お車
中央自動車道恵那IC下車20分
HP 公式サイト
岩村城下町
車で約70分
6
16時

虎渓山永保寺

こけいざんえいほうじ 心癒される由緒ある古寺
夢窓国師の創建と言われ、静かな中に美しいたたずまいを見せる名刹が、心を沈めてくれそう。
住所 〒507-0014 岐阜県多治見市虎渓山町1-42
電話番号 0572-22-0351 (虎渓山永保寺)
営業時間 5:00~17:00
定休 年中無休(修行道場につき、年に数回、団体拝観ができない時期があります。)
料金 無料
※団体での参拝は要予約
アクセス JR多治見駅から東鉄バス小名田・小滝行き「虎渓山」下車、徒歩7分
HP 公式サイト
虎渓山永保寺
多治見ICまで車で約5分
コースマップ