• 201811
  • 201812
  • 20191
  • 20192
  • 20193
  • 20194
  • 20195
  • 20196
  • 20197
  • 20198
  • 20199
  • 201910
  
ぐるっと、岐阜の旅 

大自然の絶景&宿場町の風情 長野と岐阜の名所をめぐる

全行程 : 1泊2日
岐阜県のこの辺りをめぐります


上高地・恵那峡では、大自然の絶景を、妻籠宿・馬籠宿では、昔ながらの町並みが残る宿場町の風情を。



岐阜と長野、それぞれの名所を楽しめる、美味しいトコ取りの1泊2日コース!


1
10時

上高地(長野県)

かみこうち 絵葉書のような風景の中を散策
長野県西部の飛騨山脈南部に流れる梓川上流の景勝地。春の残雪と新緑から、秋の新雪と紅葉まで、季節折々の静かな美しさを見せてくれます。 問い合わせ:026-234-7165((社)信州・長野県観光協会) 
上高地(長野県)
車で約2時間30分
2
14時30分

妻籠宿(長野県)

つまごじゅく 江戸時代の旅人気分で宿場町を歩く
江戸から京へ至る中山道。石畳の坂道沿いに昔ながらの町並みが残る宿場町を、風情を感じながら江戸時代の旅人になった気分で歩いてみるのも一興。馬籠宿⇔妻籠宿間は約8キロメートルあり、所要時間は約3時間。手荷物運搬サービスを利用すれば、身軽に歩けます。 問い合わせ:0264-57-3123(妻籠観光協会 観光案内所)
妻籠宿(長野県)
車で約15分
(徒歩の場合は約3時間)
3
15時30分

馬籠宿

まごめじゅく 石畳の坂道沿いに昔ながらの町並みが残る
急峻は地形にある宿場町は、全国的にも珍しく、島崎藤村の「夜明け前」の主人公である青山半蔵が見た美しい恵那山を眺望することができます。通りの中央は石畳が敷き詰められ、両脇には格子のある民家、資料館、茶屋、土産物店など、江戸時代を彷彿とさせる家並み。
住所 岐阜県中津川市馬籠
電話番号 0573-69-2336 (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所))
アクセス ◇公共交通機関
JR中津川駅から北恵那交通バス馬籠線 約25分「馬籠」下車
◇お車
中央自動車道中津川ICより約20分。 国道19号松本・木曽方面へ「沖田」交差点を右折。県道7号を直進、案内看板を左折。
HP 公式サイト
馬籠宿
車で約40分
4
17時

恵那峡温泉

えなきょうおんせん 1日の疲れをゆるゆると温泉で休めて
木曽川の渓谷美・恵那峡のほとりに湧く温泉。宿は3軒あり、各宿とも四季折々の風光明媚な恵那峡の自然が一望できる浴場を備えています。 「恵那峡源泉」は放射能泉、「恵那峡湯元温泉」「恵那峡奥戸温泉」は塩化物泉が楽しめます。笹置山に沈む夕日を眺められる夕刻が特にお勧めです。
住所 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町恵那峡
電話番号 0573-25-4058 ((一社)恵那市観光協会)
アクセス ◇電車
JR恵那駅から東鉄バスで恵那峡行き「恵那峡バス停」下車
◇お車
中央自動車道恵那IC下車10分
HP 公式サイト
恵那峡温泉
恵那峡温泉に宿泊
翌日、車で約10分
5
11時

恵那峡遊覧船

えなきょうゆうらんせん 奇岩・怪岩を巡る「遊覧船」を楽しむ
恵那峡の壮大さを間近で満喫できるのが高速ジェット船で周遊する恵那峡巡り。 土産屋街を抜けた所にある乗船場から、往復20㎞、約30分間の船旅が楽しめます。冷暖房完備の船内は360度のパノラマビューでとても快適です。
住所 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町奥戸2709-104
電話番号 0573-25-4800 (恵那峡遊覧船(東鉄商事(株)))
定休 年中無休
料金 大人1,280円
小人(小学生)640円
団体割引有(団体の場合は要予約)
アクセス ◇電車
JR恵那駅から東鉄バスで恵那峡行き「恵那峡バス停」下車
◇お車
中央自動車道恵那IC下車10分
HP 公式サイト
恵那峡遊覧船
車で約40分
6
12時30分

土岐プレミアム・アウトレット

ときぷれみあむ・あうとれっと 逸品と出会う、ショッピングウォーク
土岐プラズマ・リサーチパークの一画にアメリカ・コロラドをイメージした建物が並び、国内外の一流ブランド直営店がアウトレット製品を販売。 土岐市の産業や観光の情報を提供する土岐コミュニケーションセンターも設けられています。
住所 岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2
電話番号 0572-53-3160
営業時間 10:00~20:00
定休 年1回(2月第3木曜日)
アクセス ◇電車
JR土岐市駅から東鉄バス土岐プラズマ・リサーチパーク線「土岐プレミアム・アウトレット」下車
◇お車
東海環状自動車道土岐南多治見IC下車
HP 公式サイト
土岐プレミアム・アウトレット
コースマップ