• 201711
  • 201712
  • 20181
  • 20182
  • 20183
  • 20184
  • 20185
  • 20186
  • 20187
  • 20188
  • 20189
  • 201810
  
~心つながる 冬のぎふ旅~ 

雪とふれあう 冬ならではの奥飛騨の旅

岐阜県のこの辺りをめぐります


雪の回廊、スノーシューに福地温泉の青だる。冬のグルメにぽかぽか温泉・・・。大好きな人と、冬ならではの奥飛騨の旅へ。


1
10時

新穂高ロープウェイ

しんほたかろーぷうぇい 北アルプスの大パノラマに圧倒されます
第1・第2をあわせた全長3,200m。日本初の2階建てゴンドラで標高2,156mの雲上の世界へ。 西穂高口駅の屋上にある展望台からは、西穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳などの北アルプスの山々が 360度の大パノラマでご覧いただけます。
住所 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高
電話番号 0578-89-2252 (新穂高ロープウエイ)
営業時間 4/1~11/30 8:30~16:00
   8/1~8月第4日曜日:8:00~16:30
  (8/13~8/16:7:00~16:30)
  10/土・日・祝日:8:00~16:00
12/1~3/31 9:00~15:30
定休 無休(但し天候不良や定期点検の場合は運休有)
料金 第1・第2連絡乗車券(往復)
大人2,900円
子供1,450円
(片道乗車券等あり)
アクセス JR高山駅から新穂高ロープウェイ行き濃飛バス100分
HP 公式サイト
備考 〈新穂高温泉駐車場〉
普通車・・・500円~
バス・・・2,000円
〈鍋平高原駐車場>
普通車・・・600円
バス・・・2,000円
新穂高ロープウェイ
ロープウェイで約15分
2
10時20分

北アルプス・雪の回廊

きたあるぷす・ゆきのかいろう まるでおとぎの国 
新穂高ロープウェイ西穂高口駅・千石園地に「雪の回廊」が出現!その高さはなんと3m!! 標高2,156mに降り積もる雪の迫力を、そして周囲が全て”白”の、美しくも不思議な世界を是非体感してください。 無料でいただける喫茶「マウントビュー」のハーブティであたたまりましょう。
住所 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
電話番号 0578-89-2252 (新穂高ロープウェイ)
営業時間 新穂高ロープウェイ ウィンター(12/1~3/31)
新穂高温泉発(第1上り)始発9:00 最終15:30
しらかば平発(第2上り)始発9:15 最終15:45
西穂高口発(第2下り)  始発9:15 最終16:15
定休 無休
料金 無料
新穂高ロープウェイ
第1・第2ロープウェイ連絡 大人 往復2,800円 
             小人 往復1,400円

アクセス JR高山駅から新穂高ロープウェイ行き濃飛バス93分
HP 公式サイト
北アルプス・雪の回廊
ロープウェイで約7分。
鍋平高原駅へ
3
13時

鍋平高原スノーシューハーフデーツアー [岐阜の冬旅]

なべだいらこうげんすのーしゅーはーふでー 雪の中でのハイキング 新しい世界を発見!
スノーシュー(西洋かんじき)をはいて、白銀の世界へ。草木が生い茂り、普段は入ることのできない森の中へも、雪が積もれば入ることができます。 スノーシューが初めての方のための体験コースで、誰でも、手ぶらで参加できるよう、ウェア、スパッツ、手袋などレンタル一式をセットにしました。(要予約) 新穂高ロープウェイの20%割引券付きです。
住所 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
電話番号 0578-89-2254 (新穂高ビジターセンター「山楽館」)
料金 参加費(ガイド・レンタル一式セット)
大人4,000円
小人2,900円
HP 公式サイト
備考 予約制
人員/12名(2名様以上催行)
鍋平高原スノーシューハーフデーツアー [岐阜の冬旅]
ロープウェイで5分
新穂高温泉駅からすぐ
4
16時

中崎山荘奥飛騨の湯

なかざきさんそうおくひだのゆ 疲れた身体を温泉でゆっくり癒す
新穂高温泉にある日帰り入浴施設「中崎山荘奥飛騨の湯」 内湯は単純泉、露天風呂は硫黄泉と2種類の泉質がお楽しみいただけます。 その他にもミストサウナ、休憩室、食事処も完備し、ゆっくりとお過ごしいただけます。
住所 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
電話番号 0578-89-2021 (中崎山荘奥飛騨の湯)
営業時間 9:00~18:00(受付17:00まで)
(※7月海の日~8月 8:00~20:00)
定休 不定休
料金 大人800円、小人400円
アクセス JR高山駅より濃飛バス新穂高温泉行き約90分
バス停「新穂高温泉」より徒歩2分
HP 公式サイト
中崎山荘奥飛騨の湯
車で約30分
5
17時

福地温泉青だるライトアップ [岐阜の冬旅]

ふくじおんせんあおだるらいとあっぷ 奥飛騨に現れる幻想的な氷の芸術
冬の奥飛騨の風物詩、福地温泉「青だる」。12月下旬~3月下旬まで、温泉街に氷が凍ってできる青い氷の柱「青だる」が出現。 昼の透き通るような美しさもさることながら、ライトアップされる夜間は、一層幻想的な雰囲気になります。
住所 〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉
電話番号 0578-89-2614 ((一社)奥飛騨温泉郷観光協会)
アクセス JR高山駅から新穂高温泉行き濃飛バス70分
HP 公式サイト
福地温泉青だるライトアップ [岐阜の冬旅]
6
18時

福地温泉

ふくじおんせん 飾らず、つくらず、昔のままに、懐かしさが誘う日本の原風景に出逢う温泉
福地温泉は、奥飛騨温泉郷の5つの温泉地の一つ。標高は海抜950m、夏は涼しく、冬は一面銀世界となります。 12軒の旅館・民宿があり、囲炉裏を備えた民芸調の宿が多く、山里ならではの素朴さと懐かしさを感じさせる雰囲気の温泉地です。 毎朝8時半より11時まで開催される福地温泉朝市も見逃せません。
住所 〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地
電話番号 0578-89-2458 (奥飛騨温泉郷観光案内所)
アクセス JR高山駅から濃飛バス69分
HP 公式サイト
備考 駐車場は各施設で異なる
福地温泉
福地温泉で1泊
翌朝 車で60分
7
11時30分

神岡とんちゃん

かみおかとんちゃん 国産牛ホルモンと秘伝の味噌ダレ
岐阜県最北部に位置する飛騨市神岡町で古くから親しまれるソウルフード「神岡とんちゃん」。現在は、神岡町内6店舗で食べられます。 半世紀以上前から神岡鉱山で働く労働者などによって食べられていた「とんちゃん」は、にんにく・唐辛子などが入った各店秘伝の味噌ダレで味付けされた国産牛ホルモンと野菜を一緒に鉄板などで煮て食べるスタミナ料理です。
住所 岐阜県飛騨市神岡町
電話番号 0578-82-1130 (神岡商工会議所)
営業時間 各店舗により異なる
定休 各店舗により異なる
料金 各店舗により異なる
アクセス JR高山本線飛騨古川駅から車で30分
資料 ダウンロード
神岡とんちゃん
車で約50分
8
13時30分

山中和紙 紙すき体験(いなか工芸館)

「雪ざらし山中和紙」と紙すき体験
約800年前に始まったといわれる飛騨市河合町の伝統工芸「山中和紙」。コウゾの雪ざらしという独特の手法が特徴です。 いなか工芸館では、山中和紙の作業工程や実際の和紙作りを見学でき、館内では紙すき体験もできます。
住所 岐阜県飛騨市河合町角川709
電話番号 0577-65-2912
営業時間 8:00~17:00
定休 不定休
料金 入館料 無料
かみすき実習費 1人1回 500円(要予約)
アクセス JR角川駅発市営バス二ツ屋口停留所から徒歩2分
飛騨古川から車で約20分
備考 駐車場あり(10台)
山中和紙 紙すき体験(いなか工芸館)