• 201711
  • 201712
  • 20181
  • 20182
  • 20183
  • 20184
  • 20185
  • 20186
  • 20187
  • 20188
  • 20189
  • 201810
  
岐阜県内を周遊!!

盛りだくさんに楽しむ岐阜旅 

1泊2日
岐阜県のこの辺りをめぐります


岐阜を西から北へそして東へ。盛りだくさんに岐阜を巡りましょう!!



 



 



 


名神・一宮IC出発 関ヶ原ICへ約25分 関ヶ原ICより車で約10分
1
9:30

関ケ原古戦場

せきがはらこせんじょう ここが最大級の激戦が繰り広げられた地
現在は田園の広がる中程にある「決戦地」。ここには大きな石碑、徳川家・石田家の家紋入りの旗があり、休憩所もあります。 決戦地以外にも、決戦地北西に位置する小さな山が笹尾山で合戦時に、敵の攻撃からの防御として使われた竹矢来・馬防柵が復元されている「石田三成陣跡」の碑や徳川家康最後陣跡など見所がいっぱい。 点在する古戦場めぐりには レンタサイクルが便利。「決戦コース」、「天下取りコース」など散策モデルコースも多くあります。
住所 岐阜県不破郡関ヶ原町
電話番号 0584-43-1112 (関ケ原町地域振興課)
アクセス JR関ケ原駅から徒歩20分
HP 公式サイト
関ケ原古戦場
車で約30分
2
10:30

大垣市奥の細道むすびの地記念館

おおがきしおくのほそみちむすびのちきねんかん ここで一句
俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」紀行を終えたむすびの地「大垣」で、芭蕉がたどった「奥の細道」を追体験できる「奥の細道むすびの地記念館」。 「奥の細道」の解説をはじめ、松尾芭蕉の人となりや旅に生きた人生を紹介する「芭蕉館」には、企画展示室とともに「AVシアター」があり、3D映像で「奥の細道」の概略を紹介します。 ほかにも大垣の歴史や文化・芸術を築き上げた幕末の先賢の偉業を紹介する「先賢館」、や大垣藩藩老・小原鉄心の別荘で、市指定文化財である「無何有荘大醒榭」も復元されました。
住所 岐阜県大垣市船町2-26-1
電話番号 0584-84-8430
営業時間 芭蕉館/先賢館 9:00~17:00
観光・交流館 9:00~21:00
定休 12月29日~1月3日
料金 芭蕉館(先賢館) 一般300円 団体150円(18歳未満無料)
共通入場券(奥の細道むすびの地記念館・大垣城・郷土館・守屋多々志美術館)一般 600円 団体 300円
HP 公式サイト
大垣市奥の細道むすびの地記念館
名神高速道路大垣ICより東海北陸自動車道経由で郡上八幡IC降車約2時間
3
13:00

郡上八幡の古い町並み

ぐじょうはちまんのふるいまちなみ 水とおどりの城下町で地元の暮らしを感じる
長良川の上流に位置し、「宗祇水」に代表される清冽な水と夏の郡上おどりで有名な郡上八幡。 職人町、鍛冶屋町といった町名にひかれてそぞろ歩けば、そこには古い家並みとその軒先をほとばしるように流れる水路があります。 柳町の家々は侍町のおもかげを残しており、隣家との境に袖壁をもつのが特徴。江戸時代から変わらない地元の暮らしを感じることができます。
住所 〒501-4218 岐阜県郡上市八幡町鍛冶屋町
電話番号 0575-67-0002 (郡上八幡観光協会)
アクセス 長良川鉄道郡上八幡駅からまめバス赤ルートで13分、城下町プラザ下車すぐ
HP 公式サイト
資料 ダウンロード
郡上八幡の古い町並み
東海北陸自動車道郡上八幡ICより飛騨清見ICへ中部縦貫自動車道経由へ高山IC降車 約1時間30分
高山市内で宿泊
4
16:30

飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

ひだたかやま ふるいまちなみ 飛騨高山の定番スポット!
城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいます。また、特に、上三之町・上二之町・上一之町のあたりを「さんまち通り」と呼ぶことがあり、高山の定番スポットになっています。 出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり、町家の大戸や、老舗の暖簾が軒をつらねています。 町には駄菓子屋さんや伝統工芸のお店、名物の「みたらしだんご」のお店などが並び、多くの観光客で賑わいます。
住所 岐阜県高山市上一之町ほか
電話番号 0577-32-3333(代) (高山市観光課)
アクセス JR高山駅より徒歩12分
HP 公式サイト
飛騨高山 古い町並(さんまち通り)
高山市内宿泊
翌日、中部縦貫自動車道高山ICより東海北陸自動車道へ白川郷IC降車 約1時間
5
10:00

世界遺産 白川郷合掌造り集落

せかいいさん しらかわごうがっしょうづくりしゅうらく なつかしい日本の原風景が広がる
日本有数の豪雪地帯で、少し前までは日本の秘境といわれた厳しい気候風土のこの地域で5ヶ月もの長い間、豪雪に耐えながら合掌造りの民家の暮らしが営まれています。 数百年の時を刻む合掌造り家屋を中心に、村の暮らしを育む大自然と長い歴史と現代の生活が見事に調和している“生きている世界文化財”がここにあります。
住所 〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町
電話番号 05769-6-1013 (白川郷観光協会)
営業時間 9:00~17:00
アクセス お車の場合
名古屋岐阜方面から
東海北陸自動車道荘川IC~国道158・156号線
松本・高山方面から
東海北陸自動車道白川郷IC~国道156号線
富山・金沢・北陸自動車道方面からは
東海北陸自動車道五箇山IC~国道156号線

公共交通機関の場合
JR高山線高山駅より  (濃飛・北陸鉄道バス50~60分)
JR北陸本線金沢駅より (濃飛・北陸鉄道バス75分)
JR東海道本線名古屋駅 (岐阜バス165分)
JR北陸本線高岡駅より (加越能バス141分)
HP 公式サイト
世界遺産 白川郷合掌造り集落
東海北陸自動車道白川郷ICよりひるがの高原SAへスマートSA降車
約45分
6
12:30

牧歌の里

ぼっかのさと 四季折々の花、動物とのふれあい、手作り体験
季節の花が楽しめる花畑や、動物たちとふれあえる体験型のテーマパーク。 乗馬やジャージー牛の乳搾りから、パン・ピザ作り体験や押し花小物作りなどの工作体験も人気です。 お腹がすいたら、眺望抜群のレストランや、飛騨牛など岐阜の特産を味わえるバーベキューハウスでお食事を。 歩くのに疲れたらロードトレインでゆったり周遊もおすすめです。
住所 〒501-5302 岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756-2
電話番号 0575-73-2888 (牧歌の里)
営業時間 4月中旬~11月下旬
10:00~17:00(土日祝日は9:00~17:00)
冬季営業有
定休 期間中毎日営業
料金 大人1,130円
中・高校生920円
4歳以上小学生610円
団体割引有
アクセス 東海北陸自動車道高鷲ICから車で約17分、またはひるがの高原スマートIC(ETC専用)から車で5分
HP 公式サイト
牧歌の里
ひるがの高原スマートSAより東海北陸自動車道、東海環状自動車道経由で土岐南多治見IC降車 約1時間20分
7
15:50

土岐プレミアム・アウトレット

ときぷれみあむ・あうとれっと 逸品と出会う、ショッピングウォーク
土岐プラズマ・リサーチパークの一画にアメリカ・コロラドをイメージした建物が並び、国内外の一流ブランド直営店がアウトレット製品を販売。 土岐市の産業や観光の情報を提供する土岐コミュニケーションセンターも設けられています。
住所 岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2
電話番号 0572-53-3160
営業時間 10:00~20:00
定休 年1回(2月第3木曜日)
アクセス ◇電車
JR土岐市駅から東鉄バス土岐プラズマ・リサーチパーク線「土岐プレミアム・アウトレット」下車
◇お車
東海環状自動車道土岐南多治見IC下車
HP 公式サイト
土岐プレミアム・アウトレット
東海環状・土岐南多治見ICへ約2分 土岐南多治見ICより中央道、東名を利用して小牧IC降車 約30分