• 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  • 20229
  • 202210
  

【冬の岐阜県】定番コース2泊3日

2泊3日
岐阜県のこの辺りをめぐります

★コースポイント


①冬の恵那峡クルーズ 

②岐阜を代表する下呂温泉と奥飛騨温泉郷へ宿泊

③雪の標高2156m新穂高ロープウェイ 

④高山古い町並(密を避けて下町を散策)

⑤世界遺産 雪の白川郷

恵那ICから車で約15分
1
11:00~12:00

恵那峡遊覧船のバードウォッチング

えなきょうゆうらんせんのばーどうぉっちんぐ 恵那峡遊覧船に乗ってバードウォッチングを楽しもう♪
恵那峡では、初冬から春先にかけて渡り鳥が遊覧船のコースとなる岩間の水辺に翼を休めに来ます。 普段陸上からは見ることのできない野鳥の姿も、遊覧船に乗ると間近で見ることができます。 ねらい目は午前中!たくさんの種類の鳥が見られますよ♪
住所 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町奥戸
電話番号 0573-25-4800
営業時間 1月15日~3月15日の期間は冬期臨時ダイヤにて運行中
出航時間10:00/10:40/11:20/12:00/12:40/13:20/14:00/14:30/15:00
定休 1月15日~3月15日の期間については火曜日休業となります
料金 大人:1,500円
小人(小学生):750円
団体割引あり(事前にご予約ください)
アクセス ◇車でお越しの場合
 中央自動車道 恵那IC下車 10分
◇電車でお越しの場合
 JR恵那駅下車→東鉄バス「恵那峡」行き→「恵那峡バス停」下車徒歩5分
駐車場
大型バス: 70台
HP 公式サイト
備考 船内には簡易双眼鏡が準備されています
恵那峡遊覧船のバードウォッチング
車で約20分
2
14:00~15:00

苗木城跡

なえぎじょうあと 巨岩を抱え込んだ石垣と展望台からの大パノラマ
全国でも珍しいと言われる苗木城の石垣には、なんと自然の巨岩がそのまま活用されています。 天守跡に設けられた展望台からは、日本百名山の恵那山、木曽川、市街地を360度見渡すことができる絶景が広がっています♪
住所 岐阜県中津川市苗木
電話番号 0573-66-8181 (苗木遠山史料館)
アクセス ◇お車の場合 中津川ICから国道19号→国道257号下呂方面へ約10分。城山大橋を渡り城山病院手前を遠山史料館方面へ右折。
◇バスの場合 JR中津川駅前より北恵那交通バス苗木・付知方面 約10分「苗木」下車。徒歩約30分。
◇苗木城跡直行便バス(中津川駅前⇔苗木城跡) 期間限定の特定日運行*詳細は北恵那交通㈱(0573-66-1555)へお問い合せ下さい。 
HP 公式サイト
備考 苗木遠山史料館は月曜日(月曜日が祝日等にあたる場合はその翌日)が休館日です。
続100名城のスタンプは、苗木遠山史料館のほか苗木交流センター(中津川市苗木7516-1)でも押すことができます。
資料 ダウンロード
苗木城跡
車で約1時間
3

下呂温泉

げろおんせん なめらかでお肌がつるつるになる「美人の湯」
「日本三名泉のひとつ」と称される天下の名泉です。 お湯はなめらかでお肌がつるつるになる「美人の湯」としてリピーターが絶えません。
住所 岐阜県下呂市
電話番号 0576-24-1000 ((一社)下呂温泉観光協会)
アクセス JR下呂駅から徒歩3分
HP 公式サイト
下呂温泉
下呂温泉でご宿泊
4
11:00~13:30

飛騨高山 古い町並(下町通り)

ひだたかやま ふるいまちなみ 高山のツウな観光スポット
市民生活関連の店舗が残る貴重な町並み。 密を避けて、あまり観光地化されていない、高山の通な観光スポットを散策
住所 岐阜県高山市下二之町ほか
電話番号 0577-32-3333 (高山市観光課)
飛騨高山 古い町並(下町通り)
車で約1時間

奥飛騨温泉郷にご宿泊
5

奥飛騨冬物語

おくひだふゆものがたり 冬の魔法が変える奥飛騨温泉郷
奥飛騨の冬は、美しい北アルプスはもちろん、温泉街も白一色の雪景色に変わります。 12月下旬から3月末までは、各温泉地で冬の魅力を体感できるイベント「奥飛騨冬物語」を開催。 温泉だけではない、雪と氷の幻想的な風景は、冬の奥飛騨でしか味わえない貴重な体験になること間違いなしです。
住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷
電話番号 0578-89-2614 (奥飛騨温泉郷観光協会)
アクセス JR高山駅より濃飛バス 新穂高行で60~90分
中部縦貫自動車道より国道158・471号、県道475号線で50~80分
HP 公式サイト
備考 各イベント会場で異なる
奥飛騨冬物語
宿泊施設を出発
6
8:45~10:15

新穂高ロープウェイ

しんほたかろーぷうぇい 北アルプスの大パノラマに圧倒されます
第1・第2をあわせた全長3,200m。日本初の2階建てゴンドラが標高2,156mの雲上の世界へ。 西穂高口駅屋上展望台から北アルプスの山々を360度の大パノラマで。 冬には巨大な雪の回廊も出現します。 比較的天候が安定している午前中がおすすめ。
住所 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
電話番号 0578-89-2252 (新穂高ロープウエイ)
営業時間 4/1~11/30 8:30~16:00
8月:8:00~16:00
10/土・日・祝日:8:00~16:00
12/1~3/31 9:00~15:30
定休 無休(但し天候不良や定期点検の場合は運休有)
料金 第1・第2連絡乗車券(往復)
大人3,000円
子供1,500円
(片道乗車券等あり)
アクセス JR高山駅から新穂高ロープウェイ行き濃飛バス100分
駐車場
大型バス: 24台
普通乗用車: 700台
HP 公式サイト
備考 〈新穂高温泉駐車場〉
普通車・・・600円/6時間
バス・・・2,300円/6時間
〈鍋平高原駐車場>
普通車・・・600円/6時間
バス・・・2,300円/6時間
※鍋平駐車場は降雪期閉鎖
新穂高ロープウェイ
車で約2時間
7
12:00

世界遺産 白川郷合掌造り集落

せかいいさん しらかわごうがっしょうづくりしゅうらく なつかしい日本の原風景が広がる
日本有数の豪雪地帯で、少し前までは日本の秘境といわれた厳しい気候風土のこの地域で4ヶ月もの長い間、豪雪に耐えながら合掌造りの民家の暮らしが営まれています。 数百年の時を刻む合掌造り家屋を中心に、村の暮らしを育む大自然と長い歴史と現代の生活が見事に調和しています。
住所 〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町
電話番号 05769-6-1013 (白川郷観光協会)
営業時間 8:00~17:00
アクセス お車の場合
名古屋岐阜方面から
東海北陸自動車道荘川IC~国道158・156号線
松本・高山方面から
東海北陸自動車道白川郷IC~国道156号線
富山・金沢・北陸自動車道方面からは
東海北陸自動車道五箇山IC~国道156号線

公共交通機関の場合
JR高山線高山駅より  (濃飛・北陸鉄道バス50~60分)
JR北陸本線金沢駅より (濃飛・北陸鉄道バス75分)
JR東海道本線名古屋駅 (岐阜バス165分)
JR北陸本線高岡駅より (加越能バス141分)
駐車場
大型バス: 40台
普通乗用車: 200台
HP 公式サイト
世界遺産 白川郷合掌造り集落
8

国指定重要文化財 和田家(白川郷)

くにしていじゅうようぶんかざい わだけ 白川郷荻町集落を代表する最大で最古の合掌造り民家
荻町合掌集落で最大規模を誇る合掌造り。江戸期に名主や番所役人を務めるとともに、白川郷の重要な現金収入源であった焔硝の取引によって栄えました。現在も住居として活用しつつ、1階と2階部分を公開しています。
住所 岐阜県大野郡白川村荻町997
電話番号 05769-6-1058
営業時間 9:00~17:00
定休 不定休
料金 大人300円 小人150円
アクセス お車の場合
名古屋岐阜方面から
東海北陸自動車道荘川IC~国道158・156号線
松本・高山方面から
東海北陸自動車道白川郷IC~国道156号線
富山・金沢・北陸自動車道方面からは
東海北陸自動車道五箇山IC~国道156号線

公共交通機関の場合
JR高山線高山駅より  (濃飛・北陸鉄道バス50~60分)
JR北陸本線金沢駅より (濃飛・北陸鉄道バス75分)
JR東海道本線名古屋駅 (岐阜バス165分)
JR北陸本線高岡駅より (加越能バス141分)
国指定重要文化財 和田家(白川郷)
白川郷ICまで車で約15分