• 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  
公共交通機関等を利用した飛騨の旅

冬の飛騨 定番の1泊2日コース

1泊2日
岐阜県のこの辺りをめぐります
世界遺産 白川郷合掌造り集落、と冬の飛騨高山を愉しむ。



所要時間は参考時間です。JR及びバスの時刻は2018年10月現在のものです。入場施設の定休日、時間はご注意下さい。
1

高山駅 12時23分着

たかやまえき
飛騨川沿いに走る「ワイドビューひだ」では風光明媚な中山七里など車窓からお楽しみいただけます。 ※写真提供:高山市
住所 岐阜県高山市昭和町一丁目22-2
高山駅 12時23分着
徒歩 約2分
2

高山濃飛バスセンター

たかやまのうひばすせんたー
高山濃飛バスセンターから12時50分発の予約制バスに乗車します ※写真提供:濃飛バス
住所 〒506-0026岐阜県高山市花里町6丁目125
電話番号 0577-32-1688
高山濃飛バスセンター
濃飛バス(要予約)で約50分

高山濃飛バスセンター12:50発
白川郷13:40着
3

世界遺産 白川郷合掌造り集落

せかいいさん しらかわごうがっしょうづくりしゅうらく なつかしい日本の原風景が広がる

日本有数の豪雪地帯で、少し前までは日本の秘境といわれた厳しい気候風土のこの地域で5ヶ月もの長い間、豪雪に耐えながら合掌造りの民家の暮らしが営まれています。

数百年の時を刻む合掌造り家屋を中心に、村の暮らしを育む大自然と長い歴史と現代の生活が見事に調和している“生きている世界文化財”がここにあります。

 

http://www.shirakawa-go.gr.jp/

白川郷の宿情報や総合情報は上記のホームページよりどうぞ

https://www.facebook.com/shirakawago

白川郷の思いで写真等の投稿をお待ちしております

住所 〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町
電話番号 05769-6-1013 (白川郷観光協会)
営業時間 9:00~17:00
アクセス お車の場合
名古屋岐阜方面から
東海北陸自動車道荘川IC~国道158・156号線
松本・高山方面から
東海北陸自動車道白川郷IC~国道156号線
富山・金沢・北陸自動車道方面からは
東海北陸自動車道五箇山IC~国道156号線

公共交通機関の場合
JR高山線高山駅より  (濃飛・北陸鉄道バス50~60分)
JR北陸本線金沢駅より (濃飛・北陸鉄道バス75分)
JR東海道本線名古屋駅 (岐阜バス165分)
JR北陸本線高岡駅より (加越能バス141分)
HP 公式サイト
世界遺産 白川郷合掌造り集落
濃飛バスで約50分

飛騨高山で宿泊
4

冬の飛騨高山ライトアップ

ふゆのひだたかやまらいとあっぷ 白銀の世界を彩る飛騨高山のシンボル

昼間のにぎやかさから一転、落ち着いた雰囲気になる夜の高山。静けさが深まる冬の夜、降り積もる雪の中に際立つ赤い中橋をライトアップ。冬ならではの光景を見に夜のおさんんぽにおでかけを。

住所 岐阜県高山市神明町
電話番号 0577-36-1011 (飛騨・高山観光コンベンション協会)
アクセス JR高山駅東口より徒歩15分
中部縦貫道高山ICより約10分
HP 公式サイト
冬の飛騨高山ライトアップ
翌朝は朝市をおすすめ!
5

飛騨高山宮川朝市

ひだたかやまみやがわあさいち 素朴な飛騨ことばを聞きながら買い物が楽しめます
江戸時代から、米市,桑市、花市などの市として発達し、明治の中頃から、農家の奥さんたちによって野菜がならべられるようになり、朝市とよばれるようになりました。

新鮮な野菜や果物、花など四季折々の楽しみがあります。

朝市はお土産屋さんとは違い、お店それぞれが考案したり、手しおに掛けて作り育てた商品です。

地元のおばさんたちとの素朴なやりとり、純粋な高山ことばを聞くことができます。

 

また、高山陣屋前でも、大正時代から続く朝市が開かれ、多くの店が並び賑わいます。

 

住所 岐阜県高山市下三之町
電話番号 0577-33-6076 (飛騨高山宮川朝市協同組合)
営業時間 4月~12月 7:00~12:00
1月~3月 8:00~12:00
売り切れ次第終了する店あり
定休 年中無休
アクセス JR高山駅から徒歩10分
HP 公式サイト
飛騨高山宮川朝市
6

高山陣屋前朝市

たかやまじんやまえあさいち 素朴な飛騨ことばを聞きながら買い物が楽しめます

高山陣屋前の広場で毎日行われる高山陣屋前朝市。

広場の中に大小多くのテント(約30店)が立ち並びます。

 

朝市は、江戸時代から、米市,桑市、花市などの市として発達し、明治の中頃から、農家の奥さんたちによって野菜がならべられるようになったものです。

新鮮な野菜や花など四季折々の楽しみがあります。

 

宮川沿いにテントが並ぶ、宮川朝市もオススメです。

 

住所 岐阜県高山市八軒町1-5
電話番号 0577-32-3333 (高山市観光課)
営業時間 4月~10月 7:00~12:00
11月~3月 8:00~12:00
定休 年中無休
アクセス JR高山駅より徒歩10分
HP 公式サイト
高山陣屋前朝市
7

飛騨高山 古い町並

ひだたかやま ふるいまちなみ 飛騨高山の定番スポット!

城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいます。

 

出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり、町家の大戸や、老舗の暖簾が軒をつらねています。

町には駄菓子屋さんや伝統工芸のお店、名物の「みたらしだんご」のお店などが並び、多くの観光客で賑わいます。

住所 岐阜県高山市上一之町ほか
電話番号 0577-32-3333(代) (高山市観光課)
アクセス JR高山駅より徒歩12分
HP 公式サイト
飛騨高山 古い町並
8

・飛騨のさるぼぼ [(有)オリジナル]

ひだのさるぼぼ 安産のお守りとして有名 飛騨のさるぼぼ ~(有)オリジナル

手足がとんがっていて顔と胴体が赤く、目がない人形。黒頭巾をかぶり、赤黒のコントラストが強烈な印象です。
飛騨地区に古くから伝わる人形で、母親が子どもの健康や娘の縁結び・安産を願ったといわれています。

住所 〒506-0057 岐阜県高山市匠ヶ丘町1-80
電話番号 0577-34-7222 ((有)オリジナル)
営業時間 9:00~17:00
定休 土曜日、日曜日、祝日
料金 1個 450円(税別)

※内容量、金額等は変更となる場合があります。
HP 公式サイト
備考 高山市内のお土産店、コンビニエンスストア、岐阜県内の道の駅、高速道路SAなど
・飛騨のさるぼぼ [(有)オリジナル]
9

飛騨高山 古い町並(下町通り)

ひだたかやま ふるいまちなみ 飛騨高山の通なスポット!

市民生活関連の店舗が残る貴重な町み。

菓子、餅屋、骨董屋、農機具、畳、文房具、郵便局、料理屋など昔ながらの町並みで、

あまり観光地化されていない、高山の通な観光スポット。

 
住所 岐阜県高山市下二之町ほか
電話番号 0577-32-3333 (高山市観光課)
飛騨高山 古い町並(下町通り)
徒歩で約10分
10

高山駅 15時38分発

たかやまえき
※写真提供:高山市
住所 岐阜県高山市昭和町一丁目22-2
高山駅 15時38分発
名古屋駅 18:06着 ワイドビューひだ16号