• 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  
ドラマとアニメのコラボツアー

麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館と飛騨古川&飛騨高山温泉

2日間
岐阜県のこの辺りをめぐります


JR名古屋駅 9時39分発「特急 ワイドビューひだ5号」を利用して、飛騨古川駅 ~12時42分着。 飛騨古川の町へ出発!
1

飛騨古川駅

ひだふるかわえき 降り立った駅
住所 岐阜県飛騨古川駅
飛騨古川駅
2

跨線橋から

こせんきょうから 駅北の跨線橋からの風景・・・・・・・飛騨に到着のワンシーン
住所 岐阜県飛騨市
跨線橋から
徒歩15分
3

気多若宮神社

モデルの1つとされる神社
古川町の市街地を見下ろす気多若宮神社は、その市街地一帯を氏子にもつ神社で特別金弊社として広く一般の崇敬を集めている。
国の重要無形民俗文化財に指定されているあの古川祭(毎年4月19・20日)はこの神社の例祭として行なわれている祭である。
参道の石段をのぼりきると、正面の拝殿下の左に同道とした巨樹がある。これが御神木の大クヌギで明治時代の落雷の為上が折られている。
神社・仏閣の参考写真はこちら
気多若宮神社
徒歩20分
4

飛騨市図書館

ひだしとしょかん 町について調べるシーンに登場
住所 岐阜県飛騨市古川町
飛騨市図書館
徒歩1~2分
5

飛騨古川まつり会館

ひだふるかわまつりかいかん 迫力のある屋台をご覧ください。

年に一度4月19日20日にしか見ることができない古川祭をいつでも体験していただける飛騨古川まつり会館です。“動”と“静”の織りなす起し太鼓、古川祭を臨場感ある4K映像で紹介します。

 常時、館内に本物の古川祭屋台3台を展示。係員が丁寧に屋台など展示物の説明をいたします。からくり人形の操作体験、起し太鼓の試し打ち体験もできます。

飛騨古川の街並み散策のコツなどをご案内いたします。飛騨古川観光の起点としてぜひご入館ください。

飛騨古川まつり会館の特集ページは こちら

※令和元年12月1日よりリニューアル工事に伴い休館となります。令和2年4月中旬OPEN予定

住所 〒509-4234 岐阜県飛騨市古川町壱之町14-5
電話番号 0577-73-3511
営業時間 午前9:00 ~ 午後5:00(3月~11月)
午前9:00 ~ 午後4:30(12月~2月)
定休 年中無休 ※令和元年12月1日よりリニューアル工事に伴い休館となります。
料金 大 人(個人) 500円
小 人(個人) 300円
アクセス JR高山本線飛騨古川駅より徒歩5分
駐車場
大型バス: 5台
普通乗用車: 80台
HP 公式サイト
備考 駐車場は飛騨市役所駐車場(無料)をご利用ください。※飛騨古川まつり会館は、飛騨市役所駐車場より徒歩1分
飛騨古川まつり会館
6

瀬戸川と白壁土蔵街

せとがわとしらかべどぞうがい 情緒豊かな景観で城下町飛騨古川の顔

高山の奥座敷と称され、飛騨に残るもう一つの古い町並みとして知られる飛騨古川。

こじんまりと趣きある町並みは散策にぴったりです。
白壁土蔵やお寺の石垣を背景に、1,000匹余りの色とりどりの鯉が泳ぐ瀬戸川は、そのしっとりとした風情と、情緒豊かな景観で城下町飛騨古川の顔ともいうべく人気のメインスポットです。
碁盤のような町割りや古い町家が今も残り、約500m続く白壁土蔵街は四季折々に見せるその情景がとても美しい。

※鯉は、11月下旬から4月上旬まで越冬のため、増島城跡の池に引越しをしています。


瀬戸川散策の特集ページは こちら


 

住所 岐阜県飛騨市古川町壱之町
電話番号 0577-73-2111 (飛騨市商工観光部観光課)
アクセス JR高山本線飛騨古川駅から徒歩5分
備考 浴衣や着物をレンタルして散策もできます。
レンタル先:染めと呉服 大洞(TEL 0577-73-2209)、要予約、レンタル料4,320円(税込み)木曜定休
瀬戸川と白壁土蔵街
老舗酒蔵巡りへ
7

(有)蒲酒造場

かばしゅぞうじょう 飛騨の気候風土を映した地酒を造り続けて300余年

この地で地酒を造り続けること300年以上という老舗の造り酒屋。飛騨の豊かな水の恵みと、厳しい気候が育む酒米「ひだほまれ」を使った製法はまさに飛騨の味! 「白真弓」、「やんちゃ酒」をはじめ、シャンパンのような喉越しの「じゃんぱん」など幅広い品揃えで、地元の人々に親しまれています。また、主屋をはじめとする建物は国の登録有形文化財に指定されており、中でも瀬戸川沿いの白壁土蔵街の一角として立つ文庫蔵は、まさに飛騨古川を象徴する景観の一翼を担っています。事前に予約をすれば、酒造りをしている蔵の中の見学や試飲も可能。歴史ある建物と、そこで生み出される飛騨の味を楽しむことができます。

飛騨の地酒の特集ページは こちら

住所 〒509-4234 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
電話番号 0577-73-3333 (直通)
営業時間 9時~17時
定休 12月31日~1月5日
アクセス 飛騨古川駅から徒歩5分
HP 公式サイト
備考 ・駐車場なし
・蔵見学:要予約(12月は不可)
・試飲あり
・蔵開きなし
(有)蒲酒造場
8

蓬莱蔵元 (有)渡辺酒造店

ほうらいくらもと わたなべしゅぞうてん 飛騨の人々の喉を潤す「蓬莱」の味

創業が明治のはじめという老舗造り酒屋。飛騨の人々の生活には欠かせない地酒「蓬莱」と、国の登録有形文化財に指定された歴史ある建物で、酒どころ・飛騨の酒造りを牽引する存在です。ユニークなネーミングやラベル、包装で、全国的にも広く知られ、多くの人に愛されています。5日前までに予約が必要という酒蔵見学は、単に工場見学という枠に収まらず、代々守り続けた“生きた酒蔵”をリアルに体験できると好評を博しています。正面玄関横にある司馬遼太郎ゆかりの杜氏のブロンズ像も見ておきたいポイントです。

住所 〒509-4234 岐阜県飛騨市古川町壱之町7-7
電話番号 0577-73-0012
営業時間 9時~17時
定休 年始(1月1日~1月5日)※ご確認下さい。
アクセス 飛騨古川駅から徒歩5分
HP 公式サイト
備考 ・駐車場なし
・試飲あり(無料)
・蔵見学:一週間前までに予約(平日のみ実施)
・蔵開き:第13回「蓬莱蔵まつり」2020年3月20日(金)~22日(日)
蓬莱蔵元 (有)渡辺酒造店
飲みくらべてお気に入りをお土産に。徒歩5分~JR飛騨古川駅~JR高山駅、本日の宿泊先・飛騨高山温泉へ
9

飛騨高山温泉

ひだたかやまおんせん 北アルプスの雪どけ水から生まれた清らかな温泉
北アルプスの雪が融け、長い時間をかけて地下へとしみ込み、飛騨高山で温泉の恵みとなりました。それはまさに清らかな恵み。
飛騨高山温泉は7つの源泉と60の宿でお楽しみいただけます。お好みの飛騨高山の宿をお選びください。
住所 岐阜県高山市天満町
電話番号 0577-36-1011 (一般社団法人 飛騨・高山観光コンベンション協会)
HP 公式サイト
飛騨高山温泉
<宿泊> 翌朝、宮川の朝市へ
10

飛騨高山宮川朝市

ひだたかやまみやがわあさいち 素朴な飛騨ことばを聞きながら買い物が楽しめます
江戸時代から、米市,桑市、花市などの市として発達し、明治の中頃から、農家の奥さんたちによって野菜がならべられるようになり、朝市とよばれるようになりました。

新鮮な野菜や果物、花など四季折々の楽しみがあります。

朝市はお土産屋さんとは違い、お店それぞれが考案したり、手しおに掛けて作り育てた商品です。

地元のおばさんたちとの素朴なやりとり、純粋な高山ことばを聞くことができます。

 

また、高山陣屋前でも、大正時代から続く朝市が開かれ、多くの店が並び賑わいます。

 

住所 岐阜県高山市下三之町
電話番号 0577-33-6076 (飛騨高山宮川朝市協同組合)
営業時間 4月~12月 7:00~12:00
1月~3月 8:00~12:00
売り切れ次第終了する店あり
定休 年中無休
アクセス JR高山駅から徒歩10分
HP 公式サイト
飛騨高山宮川朝市
徒歩5分。宿泊先によって 荷物を置いて古い町並みを散策!!
11

飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

ひだたかやま ふるいまちなみ 飛騨高山の定番スポット!

城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいます。また、特に、上三之町・上二之町・上一之町のあたりを「さんまち通り」と呼ぶことがあり、高山の定番スポットになっています。

 

出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり、町家の大戸や、老舗の暖簾が軒をつらねています。

町には駄菓子屋さんや伝統工芸のお店、名物の「みたらしだんご」のお店などが並び、多くの観光客で賑わいます。

住所 岐阜県高山市上一之町ほか
電話番号 0577-32-3333(代) (高山市観光課)
アクセス JR高山駅より徒歩12分
HP 公式サイト
飛騨高山 古い町並(さんまち通り)
ホテルに戻り、県庁所在地の岐阜市に向かって出発。JR高山駅9時38分発「特急 ワイドビューひだ6号」を利用して岐阜11時39分着。JR岐阜駅前~岐阜公園歴史博物館前バス停(所要時間15分)下車
12

麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館

きりんがくる ぎふ たいがどらまかん 主人公は、明智光秀公!!!!!!!!!
 令和2年1月から大河ドラマ「麒麟がくる」が放送されることに合わせ、岐阜市歴史博物館2Fの総合展示室に「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」を開設します。
 大河ドラマ館では、大河ドラマの主人公である明智光秀のみならず、光秀が仕えた斎藤道三、織田信長にもスポットを当て、体験シアター、大河ドラマに登場する衣装や小道具など、大河ドラマに関する展示に加え、歴史博物館の所蔵品を活用した戦国時代の歴史展示などを行います。
住所 〒500-8003 岐阜県岐阜市大宮町2丁目18-1 岐阜市歴史博物館2階 
電話番号 058-214-7244 (大河ドラマ「麒麟がくる」岐阜実行委員会(岐阜市商工観光部大河ドラマ推進課内))
営業時間 開館期間  2020年1月11日(土)~2021年1月11日(月・祝)
開館時間  9時~17時(入館は16時30分まで)
定休 年中無休
料金 600円(小中学生:300円 未就学児:無料)
※20名以上2割引
アクセス JR岐阜駅又は名鉄岐阜駅より岐阜バス岐阜公園、長良橋・高富方面行き及び市内ループ左回りのバス乗車。「岐阜公園・歴史博物館前」下車すぐ。
HP 公式サイト
備考 ◆前売り券の販売
 ・販売開始:令和元年10月1日(火)から
 ・料金:480円(小中学生:240円 未就学児:無料)

◆駐車場のご案内
 大宮駐車場:観光バス9台、障がい者用12台(観光バスは要予約)
 堤外駐車場:普通自動車143台(300円/1回)
 堤外第二駐車場:普通自動車36台(300円/1回)
 鏡岩緑地(臨時駐車場):普通自動車279台(無料)
 リバーパークおぶさ広場(臨時駐車場):300台(無料)※
 ※リバーパークから岐阜公園までシャトルバスを運行予定(有料)
麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館
13

金華山ロープウェー

きんかざんろーぷうぇー 四季折々の風を心やすらぐ空間で

岐阜公園と金華山(標高329m)の山頂を約3分で結ぶロープウェー。

 

通常、平日は毎時15分おき、日祝日は毎時10分おきに運行されています。眼下には自然林に覆われた金華山と長良川の自然美、岐阜市の街並みが一望できます。

 山頂駅付近には、リス村や売店、展望レストランも併設されています。
 

 毎年夏季は夜間も運転され、夜景を楽しむ多くの人に利用されています。

住所 〒- 岐阜県岐阜市千畳敷下257
電話番号 058-262-6784
営業時間 3月16日~5月11日 9:00~18:00
5月12日~10月16日 8:00~18:00
10月17日~3月15日 9:00~17:00
但し、元旦のみ 5:00~17:00
※期間限定で夜間営業有
定休 無休
料金 大人(12歳・中学生以上) 往復1,080円 片道620円
(2019年10月1日からは往復1,100円 片道630円)
小人(4歳以上小学生まで) 往復540円 片道280円
(2019年10月1日からは往復550円 片道300円)
※団体30名以上
大人:1割引 小人:2.5割引 高校生・中学生:大人の2.5割引
アクセス JR岐阜バスターミナル12番のりばから岐阜バスで15分。「岐阜公園・歴史博物館前」下車 徒歩3分
駐車場
大型バス: 9台
普通乗用車: 179台
HP 公式サイト
備考 駐車場は岐阜公園堤外駐車場、観光バス用駐車場をご利用ください。
バスの駐車は要予約となります。以下にお問い合わせください。
お問合せ先:岐阜市みどりのまち推進財団 TEL 058-262-4787
金華山ロープウェー
山頂駅を降りて岐阜城までは徒歩7~10分
14

岐阜城

ぎふじょう 斎藤道三・織田信長の居城

金華山(きんかざん)山頂に位置し、岩山の上にそびえる岐阜城は、難攻不落の城としても知られ『美濃を制すものは天下を制す』と言われるほどでした。

 

戦国時代には小説「国盗り物語」の主人公である斎藤道三の居城でもありました。その後、織田信長がこの城を攻略、城主となり、地名を「岐阜」に、「稲葉山城」を「岐阜城」に改めたといわれています。


現在の城は、昭和31年に復興され、鉄筋コンクリート造り3層4階構造で、岐阜市のシンボルとなっています。

城内は史料展示室、楼上は展望台として多くの人に親しまれています。

 

住所 岐阜県岐阜市天守閣18
電話番号 058-263-4853
営業時間 3月16日~5月11日 9:30~17:30
5月12日~10月16日 8:30~17:30
10月17日~3月15日 9:30~16:30
※元旦のみ6:30~16:30
定休 年中無休
料金 大人200円 小人100円 30名以上2割引
アクセス JR岐阜及び名鉄岐阜より岐阜バス岐阜公園、長良橋・高富方面行き及び市内ループ左回りのバス乗車。「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車、徒歩5分でロープウェーのりば。ロープウェーは有料。山頂まで約3分。
駐車場
大型バス: 9台
普通乗用車: 179台
HP 公式サイト
備考 ・駐車場は岐阜公園堤外駐車場、観光バス用駐車場をご利用ください。
バスの駐車は要予約となります。以下にお問い合わせください。
お問合せ先:岐阜市みどりのまち推進財団 TEL 058-262-4787
・山頂まで金華山ロープウェーをご利用いただきます。
ロープウェー料金
大人(片道)630円
小人(片道)300円
大人(往復)1,100円
小人(往復)550円
30名以上、団体割引有
岐阜城
15

金華山

きんかざん 山頂には戦国時代に登場する岐阜城がある山
山頂には岐阜城がそびえ、戦国時代には歴史の表舞台にたびたび登場し、かつては稲葉山と呼ばれていた標高329mの金華山。山頂には岐阜城の他・リス村・売店やレストランもあり、岐阜公園からは、金華山ロープウェーが通っています。
市内中心部にあるにもかかわらず今なお自然が残る金華山は国有林・鳥獣保護区として保護され、山頂までの遊歩道が整備され手軽なハイキングコースとしても親しまれ毎日多くの人々がその自然を楽しんでいます。
その山麓の岐阜公園と山頂の岐阜城を彩る紅葉は、飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれ見事です。
住所 岐阜県岐阜市
電話番号 058-266-5588 ((公財)岐阜観光コンベンション協会)
営業時間 入山自由
アクセス JR岐阜及び名鉄岐阜より岐阜バス岐阜公園、長良橋・高富方面行き及び市内ループ左回りのバス乗車。「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車、徒歩5分でロープウェーのりば。ロープウェーは有料。山頂まで約3分。
HP 公式サイト
備考 ロープウェー料金
大人(片道)620円(2019年10月1日からは630円)
小人(片道)280円(2019年10月1日からは300円)
大人(往復)1,080円(2019年10月1日からは1,100円)
小人(往復)540円(2019年10月1日からは550円)
30名以上、団体割引有
金華山
岐阜城から徒歩7~10分で山頂駅。ロープウェー4分で下山。山麓駅から岐阜公園内を徒歩2~3分(注意:乗継時間含め岐阜城から30分程度の余裕を) 岐阜バス「岐阜公園駅史博物館前」バス停~JR岐阜駅(所要時間15分)下車2~3分
16

岐阜シティタワー43

ぎふしてぃたわー43
住所 岐阜県岐阜市橋本町1
岐阜シティタワー43
JR岐阜駅まで徒歩3分(名鉄岐阜駅まで徒歩8分)
17

黄金の信長像

おうごんののぶながぞう 黄金の信長像
住所 岐阜県岐阜市橋本町1
黄金の信長像
JR岐阜駅