• 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  
Battle1 慶長5年8月22日~24日、東軍 大垣へ進む!

【関が原の合戦】 前哨戦!岐阜城の攻防2

岐阜県のこの辺りをめぐります
関ケ原の合戦の1か月ほど前、慶長5年(1600年)8月22日、



清州城(愛知県清須市)に集結した東軍の先鋒約4万は、二手に分かれて木曽川を渡河。



西軍の織田秀信を「米野の戦い」で破るとともに、「加賀野井城」・「竹ヶ鼻城」と落としました。



織田秀信は、「岐阜城 籠城」するものの翌日8月23日に降伏する。



東軍は、その後の「合渡川の戦い」でも西軍を破り、8月24日には石田三成らの西軍本営がある「大垣城」から



目と鼻の先の杭瀬川を挟んだ「赤坂(岡山、後の勝山)」辺り一帯へ進軍します。
清須城に集結した東軍先鋒は、4万!
1

清州城

きよすじょう 関ケ原の合戦 前哨戦 岐阜城へ攻撃決定!!
集結した東軍 先鋒約4万は、二手に分かれて木曽川を渡河。 池田輝政は、河田(現 岐阜県各務原市)から木曽川を渡り米野(現 岐阜県笠松町)の戦いで勝利する。 福島正則は、尾越(現 愛知県一宮市)から加賀野井城・竹ヶ鼻城(現 岐阜県羽島市)を落とす。
住所 〒452-0932 愛知県清須市朝日城屋敷1-1
電話番号 052-409-7330
営業時間 ■清洲城天主閣 
9:00AM~4:30PM
■芸能文化館 
9:00AM~5:00PM
■清洲城公園広場内の多目的広場 
日の出~9:00PM(ただし11月~3月迄は、日の出から日没まで)

※清須市に「暴風警報」又は「特別警報」が発表された場合、臨時休館します。
定休 月曜日・年末(12月29日~31日)
※月曜日が祝日・振替休日の場合は、翌平日
※但し、桜の花見期間と清洲城信長まつりの期間中は営業します。
料金 ■大人
300円(団体:250円)
■小人
150円(団体:100円)
※小中学生
※幼児無料

※団体とは30名以上をいいます。
※入場料は、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳又は療育手帳の交付を受けられている方は無料、その付き添いの方は1名まで半額となります。
駐車場
大型バス: 9台
普通乗用車: 113台
HP 公式サイト
備考 利用時間 : 9:00~17:00

※「清洲公園駐車場」をカーナビで検索する場合は、清洲公園駐車場横の「清洲総合福祉センター 清洲市一場古城604番地15 電話052-401-0031」で検索してください。
(清洲城で検索すると、この大駐車場がヒットしませんのでご注意下さい)
清州城
清州城 ➡ 池田輝政らは、河田木曽川の戦いへ
    ➡ 福島正則らは、加賀野井城・竹ヶ鼻城を落とす!
2

河田木曽川渡河の戦い跡・木曽川文化資料館

こうだきそがわとこうのたたかいあと・きそがわぶんかしりょうかん 木曽川渡河を決行、木曽川の中洲の小屋場島まで進軍
岐阜城城主・織田秀信(かつての三法師)を攻めるため木曽川を渡る東軍 (池田輝政・浅野幸長・山内一豊等) とそれを迎撃する西軍 (木造具政・百々綱家等) の戦い
住所 〒501-6022 岐阜県各務原市川島松倉町1951-4 川島会館内及び付近
営業時間 木曽川文化資料館の開館時間は、午前9時~午後5時
定休 木曽川文化資料館のお休み
・毎週月曜日(その日が祝日などに当たるときは、その翌日)
・祝日の翌日(その日が土曜日、日曜日、祝日または上記に当たる時は、さらにその翌日)
・年末年始(12月28日~1月4日)
料金 無料
アクセス 東海北陸道 一宮木曽川ICより車で約13分(およそ6.3km)

公共交通機関(路線バス)
・岐阜乗合自動車
 JR岐阜駅前[北口]から川島松倉行き「川島河田町」バス停までおよそ25分、下車徒歩8分
HP 公式サイト
備考 川島会館4階に木曽川文化資料館があります。
案内板は、正面玄関前に設置されています。
河田木曽川渡河の戦い跡・木曽川文化資料館
➡ 池田輝政ら 米野の戦いへ
3

米野の戦い跡

こめののたたかいあと 池田輝政を中心とした東軍1万8千に対し、西軍3千のみの布陣
河田木曽川渡河の戦いの後、東軍は木曽川を渡り米野に上陸し西軍と激突しました。戦いは東軍大勝利に終わりました。
住所 岐阜県羽島郡笠松町米野
HP 公式サイト
米野の戦い跡
➡ 池田輝政らは、乱闘橋の戦いへ 織田秀信と戦う
4

池田輝政 鎧かけ松・八剣神社

いけだてるまさ よろいかけまつ・やつるぎじんじゃ  池田輝政、岐阜城攻めへ!
池田輝政が、松に鎧を掛けて休んだことから「鎧かけ松」と言われています。
住所 岐阜県羽島郡岐南町みやまち4 八剣神社 社殿北側
HP 公式サイト
池田輝政 鎧かけ松・八剣神社
VS
5

閻魔堂

えんまどう 織田信秀の本陣 東軍 池田輝政と交戦!
閻魔堂の南の境川付近で戦ったことから境川にかかっていた橋を乱闘橋と呼ぶようになりました。 しかし、西軍はここでも押され岐阜城に撤退します。
住所 岐阜県岐阜市領下1-7-1
閻魔堂
清州城 ➡ 福島正則らは、河田木曽川の戦いへ
6

加賀野井城跡

かがのいじょうあと 加賀野井城を瞬く間に落とす!
慶長5年(1600年)8月22日、木曽川下流の尾越に向かった福島正則・細川忠興・黒田長政・田中吉政・藤堂高虎らの東軍約16000は、 対岸に西軍が柵を設けて待ち構えているため、さらに下流の加賀野井から密かに渡河し、城主不在の加賀野井城を瞬く間に落としました。
住所 岐阜県羽島市中町加賀野井857番地の1
HP 公式サイト
加賀野井城跡
➡ 福島正則らは、竹ヶ鼻城へ
7

竹ヶ鼻城跡

たけがはなじょうあと 今だ特定されていない竹ヶ鼻城
福島正則は、慶長5年(1600年)8月22日に加賀野井城をおとし竹ヶ鼻城へ向かいます。 大浦(羽島市)に布陣していた竹ヶ鼻城主・杉浦重勝は慌てて竹ヶ鼻城へ戻り、本丸で30余名になるまで防戦しました。 しかし、福島正則によって攻囲され竹ヶ鼻城は落城し火を放って自刃しました。
住所 〒501-6241 岐阜県羽島市竹鼻町上城2624-1 羽島市歴史民俗資料館・敷地内
HP 公式サイト
竹ヶ鼻城跡
 ➡ <合流> 池田輝政・福島正則 ➡ 岐阜城攻め!
  8/23 池田輝政らは、岐阜城・搦手の水の手口から
     福島正則らは、岐阜城・大手七曲りから
8

岐阜城

ぎふじょう 岐阜城主 織田信秀 VS 元岐阜城主 池田輝政
慶長5年(1600年)8月23日、東軍は朝から一斉攻撃開始。 福島正則が大手七曲口から、池田輝政が搦手の水の手口から攻めあがる。 その日のうちに岐阜城は落城。 織田秀信は、自害しようとしますが池田輝政の説得などにより降伏する。
住所 岐阜県岐阜市金華山天守閣18
電話番号 058-263-4853
営業時間 9:30~17:30
(10月17日~3月15日までは16:30までの営業)
元旦のみ6:30~16:30

※期間限定で夜間営業有
定休 年中無休
(ロープウェーについては定期点検がある場合があります)
料金 大人200円 小人100円 30名以上2割引
アクセス JR岐阜及び名鉄岐阜より岐阜バス岐阜公園、長良橋・高富方面行き及び市内ループ左回りのバス乗車。「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車、徒歩3分でロープウェーのりばロープウェーは有料。山頂まで約4分。ロープウェー下車後徒歩約8分。
駐車場
大型バス: 9台
普通乗用車: 179台
HP 公式サイト
備考 ・駐車場は岐阜公園堤外駐車場、観光バス用駐車場をご利用ください。
・山頂駅まで約15分間隔で運行している金華山ロープウェーがご利用いただけます。
ロープウェー料金
 大人(片道)630円
 小人(片道)300円
 大人(往復)1,100円
 小人(往復)550円
 30名以上、団体割引有

※駐車場台数に限りがあるためできる限り公共交通機関をご利用ください。
岐阜城
➔ 東軍 黒田長政・田中吉政・藤堂高虎らは合渡川を渡河。
9

大垣城

おおがきじょう 大垣の市街地にあり、散策にも最適
大垣城の石田三成は、岐阜城攻めの後詰として、重臣の舞兵庫を長良川右岸の河渡まで進軍させる。 石田三成・小西行長も沢渡(現 大垣市東町付近・揖斐川右岸)まで出馬し陣を敷く。 又、島津義弘が清州・大垣を結ぶ美濃路の墨俣宿へ
住所 岐阜県大垣市郭町252
電話番号 0584-74-7875 (大垣城)
営業時間 9:00~17:00
定休 年末年始
料金 一般100円
18歳未満
無料
アクセス JR大垣駅下車徒歩7分
HP 公式サイト
大垣城
➔ 西軍 石田三成は、合渡へ家臣 舞兵庫を派遣
10

合渡川の戦い跡

ごうどがわのたたかいあと 西軍 岐阜城の後詰め「舞兵庫」に 東軍 黒田長政、田中吉政、藤堂高虎が攻めかかる!
慶長5年(1600年)8月23日、黒田長政・田中吉政・藤堂高虎ら東軍は、合渡川を渡河して西軍を攻撃、不意をつかれた西軍は敗走し大垣城に退去。
住所 岐阜県岐阜市河渡
合渡川の戦い跡
舞台は、西濃へ