• HOME
  • > 新着情報

かかみがはらから空・宇宙(そら)へ!『全日本紙飛行機選手権大会』

2018年4月18日
全日本紙飛行機選手権大会とは、「青い空見よう!」を合言葉に、毎年3月から8月まで全国で予選が行われ、11月に決勝大会が開催されている紙飛行機滞空時間競技大会です。

第24回を迎えた今大会は、『岐阜かかみがはら航空宇宙博物館オープン記念イベント』として、予選大会(うち3回)と決勝大会が各務原市で開催されます!
この機会に、ご家族そろってご参加ください!

◆開催日
各務原予選:平成30年4月22日(日)、4月29日(日)、5月13日(日)

◆開催時間
受付 9:00~9:30(当日受付のみ)
終了 12:30(予定)

◆会場名
各務原市総合運動公園・陸上競技場

◆お問い合わせ
03-3639-5698(日本紙飛行機協会)
かかみがはらから空・宇宙(そら)へ!『全日本紙飛行機選手権大会』

ついにリニューアルオープン!岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

2018年3月23日
2018年3月24日(土)、展示面積が従来の1.7倍の約9,400平方メートルと
なり、日本を代表する航空宇宙専門博物館「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がオープンします。

先人の空・宇宙への憧れ、挑戦の物語を伝え、子供たちにチャレンジスピリットと
感動を与える博物館として生まれ変わります。

人類の航空技術開発の歴史と物語にふれる「航空エリア」
人類の宇宙への挑戦の物語と、最新のテクノロジーを発信する「宇宙エリア」
その他にも、カフェやショップもリニューアルしてより充実。

学習プログラムやツアーなども定期的に開催予定です。

詳しい内容は下記URLをご覧ください。
ついにリニューアルオープン!岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

奥飛騨でガストロノミーウォーキング参加者募集!

2018年2月26日
 日本有数の湯量を誇り、豊かな自然と美味しいグルメにも恵まれた、奥飛騨温泉郷。
 そんな奥飛騨温泉郷で、「ONSEN・ガストロノミーウォーキング」が開催されます!
 
 ONSEN・ガストロノミーウォーキングは、温泉地が持つ「食」と「文化」を、「ウォーキング」を通じて体感する新しいイベントで、東海エリアでは初めて開催されます!奥飛騨温泉郷(平湯温泉)エリアを歩きながら、各ポイントでは地元グルメを味わえ、また、道中には「平湯大滝」や「自然探勝路」などの絶景ポイントもあり、まさに奥飛騨を満喫できるイベントです。
 現在参加者募集中ですので、是非、ご応募下さい!
 
1 日時  平成30年5月19日(土) 10:00~
 
2 場所  平湯温泉一帯
 
3 申込
  (1)WEBによる申込
     https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/74100
  (2)申込期限
     平成30年5月13日(日)
  (3)参加料
     大人 3,500円、小・中学校 2,500円
 
4 問合せ先 ONSEN・ガストロノミーウォーキングin奥飛騨・
         平湯温泉実行委員会
          0578-89-3030

◆詳しい内容は下記URLをご覧ください
奥飛騨でガストロノミーウォーキング参加者募集!

岐阜県博物館 特別企画展「兼定 刀都・関の名工」

2018年4月20日
 関の刀鍛冶の2大ブランドのうち、「兼定」を取り上げます。兼定は16世紀半ばまで関で活動した後、同名工が会津に移って明治に至るまで11代が継承しました。
歴史に名を残す勇者名士に愛蔵され、日本史上に彩りを添えたこれら兼定銘の刀剣が一堂に会す見応え十分、必見の展覧会です。

 
■期間/4月27日(金)~6月24日(日)
    9:00~16:30(入館は16:00まで)
    4月27日の開場は10:30~

■休館日/月曜日(4月30日は開館、5月1日が休館)

■場所/岐阜県博物館(関市小屋名1989)

■料金/一般600円、大学生300円、高校生以下無料

◆お問合せ 岐阜県博物館学芸部 0575-28-3111

◆詳しい内容は下記URLをご覧ください
 
 
 
岐阜県博物館 特別企画展「兼定 刀都・関の名工」

関鍛冶伝承館特別企画展「美濃の名工・兼元」

2018年4月20日
 日本一の刃物のまちとして知られる岐阜県関市にある「岐阜県博物館」および「関鍛冶伝承館」にて、 4月27日(金)~6月24日(日)の間、美濃刀工きっての名工・兼定とその同銘作刀を一堂に展示する「兼定 刀都・関の名工」展と、兼定とともに関鍛冶の双璧とうたわれる名工・兼元の作品を展示する「美濃の名工・兼元」展を同時開催いたします。
 岐阜県博物館「兼定 刀都・関の名工」展では、刀工として初めて受領名(和泉守)を許された関の名工 和泉守兼定の作品や、係累が会津に招聘された会津兼定の作品などを含む、約50振をご覧いただけます。
 関鍛冶伝承館「美濃の名工・兼元」展では、「関の孫六」として知られる “三本杉”の刃文と切れ味に優れた刀剣が特徴的な2代目兼元がメイン展示されるほか、初代兼元や後代兼元 を含む、約20振の兼元をご覧いただけます。

◆開催期間
2018年4月27日(金)~6月24日(日)

◆開催場所
関鍛冶伝承館

◆お問合せ "関鍛冶伝承館(関市南春日町9-1)
TEL:0575-23-3825"
 
◆詳しい内容は下記URLをご覧ください
 
 
 
関鍛冶伝承館特別企画展「美濃の名工・兼元」

第39回 根の上高原つつじまつり

2018年4月17日
ゴールデンウイークは家族みんなで根の上高原。

この時期、根の上高原では10万本のつつじが咲き誇ります。
爽やかな高原でのんびり楽しい休日を過ごしませんか?

期間中は、屋外ステージを中心に様々なイベントが行われます。



◆開催期間
 平成30年5月3日(木)、4日(金)、5日(土)
 
◆会場
 根の上高原 芝生広場・野外ステージ
 
◆お問合せ
 0573-66-7773 (根の上高原つつじまつり実行委員会)

第39回 根の上高原つつじまつり

360度の大パノラマ!富士見台高原 恵那山山開き

2018年4月17日
360度の大パノラマが楽しめる富士見台高原と、
霊峰恵那山に春がやってきました。
山開きのイベントにぜひ参加してみませんか?

当日は、「餅投げ」や「アルプホルンの演奏」などの
アトラクションもございます!!


◆日時 平成30年4月29日(土・祝)   11:30~

◆場所 富士見台高原萬岳荘

けやき平駐車場より無料シャトルバスが運行します。

◆お問合せ
中津川市観光センター
TEL:0573-62-2277
360度の大パノラマ!富士見台高原 恵那山山開き

飛騨の伝統神事『古川祭・起し太鼓』

2018年4月16日
全国の33件「山・鉾・屋台行事」のひとつとして「ユネスコ無形文化遺産」に登録がされました。
 
全国に名を馳せる古川祭は、町内にある気多若宮神社の例祭で国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統神事です。この祭は、神社での神事、古式ゆかしい「御神輿行列」が中心となって、"動"の「起し太鼓」と"静"の「屋台行列」が二大祭事として加わり、三つの行事群により4月19日、20日の2日間に渡って盛大な時代絵巻が繰り広げられます。
 
 
◆開催期間
 平成30年4月19日(木)、20日(金)
 
◆会場
 飛騨市古川市街地
 
◆お問合せ
 0577-74-1192 (飛騨市観光協会)
飛騨の伝統神事『古川祭・起し太鼓』

いにしえ薫る、伝統美『春の高山祭』

2018年4月9日
16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭。

高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称で、高山の人々に大切に守り継がれてきました。
このうち、高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。

毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。うち3台がからくり奉納を行うほか、祭行事では賑やかな伝統芸能も繰り広げられます。
 
【開催期間】平成30年4月14日(土)15日(日)
 
【開催会場】日枝神社 他
 
【お問い合せ】TEL:0577-32-3333  (高山市観光課)
いにしえ薫る、伝統美『春の高山祭』

桜花爛漫の美に酔う『すのまた桜まつり』

2018年4月5日
犀川堤には約1,000本の桜並木が2キロにわたって続いています。ぼんぼりや花見小屋が立ち並ぶ桜のトンネルを抜けると墨俣一夜城があり、最上階から眺める景色がおすすめです。
夜間にはライトアップがされ、一夜城をバックにした幻想的な夜桜が堪能できます。
4月7日(土)には、一夜城址公園内で、飲食物などのバザーやステージイベント、お茶席などが行われます。
 
◆開催期間
 平成30年3月24日(土)から4月15日(日)まで
 ※イベントは4月7日(土)に開催
 
◆会場
 墨俣一夜城址公園、犀川堤(岐阜県大垣市墨俣町墨俣)
 
◆お問合せ
 0584-62-6283 (大垣市墨俣商工会)
 
 
桜花爛漫の美に酔う『すのまた桜まつり』

全国各地の特産品をお届けします! 春のふるさとフェア~全国センター合同物産観光展~

2018年4月2日
全国各地の春が大集合!
第52回 春のふるさとフェア~全国センター合同物産観光展~
 
岐阜県観光連盟飛騨美濃名古屋センターが入居している
中日ビルで恒例の「合同物産観光展」が開催されます。
 
全国からたくさんの特産品が集まります、この機会にぜひお越しください。
 
【日時】平成30年4月23日(月)~4月27日(金)
         10:00~17:30 (27日は17:00まで)
 
【場所】中日ビル4階 特設会場(名古屋市中区栄4-1-1) 
 
【問い合わせ先】
 イベント全体に関すること 高知県名古屋事務所 
                   052-251-0540
 岐阜県の出展に関すること 飛騨・美濃観光名古屋センター 
                    052-261-2001

全国各地の特産品をお届けします! 春のふるさとフェア~全国センター合同物産観光展~

一面の美しいチューリップ花壇『木曽三川公園チューリップ祭』

2018年4月2日
110品種約30万球のチューリップ・ムスカリが木曽三川公園の一面を彩ります。
大好評のミッフィー花絵花壇は、9品種約6万5千球のチューリ ップ・ムスカリを使い、花絵を描いています。
色とりどりのチューリップが植えられ た花壇脇には、桜が植えられているの で、チューリップの開花が早ければ、同時に楽しめます。
 
◆開催期間
 平成30年3月26日(月)~4月15日(日)
 
◆開催時間
 月~金曜日 9時~17時
 土・日曜日 8時~18時
 
◆会場名
 木曽三川公園センター(海津市海津町油島255-3)
 
◆お問合せ
 0584-54-5531 (木曽三川公園管理センター )
 
 
 
一面の美しいチューリップ花壇『木曽三川公園チューリップ祭』

冬の下呂温泉『花火物語』~花火の歳時記~

2018年3月26日
冬の下呂温泉の夜空をあざやかに彩る
 
下呂温泉では、H30年の1月6日から3月31日までの毎週土曜日、4月1日の日曜日に夕食後のんびりとお寛ぎの時間に飛騨路の冬を彩る「冬の下呂温泉花火物語」を開催。
日本特有の四季の行事や風習を、和の風情ある花火で表現します。
 
・1月~ 新春や成人式を祝う花火が打ちあがります。
・2月~ バレンタイン、合格祈願の花火が打ちあがります。
・3月~ 桃の節句やホワイトデー、旅立ちを応援する花火が打ちあがります。
 
◆開催期間
 2018年1月6日(土)~2018年3月31日(土)までの毎週土曜日
 2018年4月1日(日)全14公演
 
◆開催時間
 20:30~(約10分間)
 
◆会場名
 下呂大橋下流飛騨川河畔
 (オススメ観覧場所)下呂大橋上(東側)・阿多野谷周辺
 
◆お問合せ
 0576-25-4711 (下呂市総合観光案内所)
冬の下呂温泉『花火物語』~花火の歳時記~

300年の長い歴史を持つ人形浄瑠璃【真桑人形浄瑠璃】

2018年3月17日
通称「真桑文楽」と呼ぶ上真桑の本郷地区に古くから伝わる郷土芸能で、300年の歴史を誇ります。毎年春分の日とその前日に氏神物部神社の祭礼に奉納上演されてきました。浄瑠璃の語りと三味線に合わせて、一体の人形を3人で操るもので、「伽羅先代萩」「真桑誉義農源七郎」をはじめレパートリーは約20演目にものぼります。現在も毎年3月の物部神社の祭礼とその前夜に上演されています。
 
◆開催期間
 2018/03/20~3/21
 
◆開催時間
 3/20 19:00~22:00
 3/21 12:00~17:00
 
◆会場名
 物部神社境内人形舞台(本巣市上真桑本郷)
 
◆お問合せ
 058-323-3222 (本巣市観光協会)
 
◆アクセス
 樽見鉄道大垣駅から北方真桑駅で下車 徒歩30分
300年の長い歴史を持つ人形浄瑠璃【真桑人形浄瑠璃】

我ら飛騨人、担ぎ上げろ!【雫宮祭】

2018年3月15日
新酒の完成を祝い、五穀豊穣を願い、飛騨の若人が「酒樽神輿」を担ぎます。自分たちで育てた酒米で造ったお酒「神のしずく」を当日限定で販売・振舞います。
 
【宮前橋河川敷会場】
神輿入水神事/手筒花火打上げ/太鼓の演奏
 
【高山陣屋前広場会場】
御神酒「神のしずく」限定販売・振舞い/飛騨のうまいもの市場/伝統芸能の披露
 
 
◆開催期間
 平成30年3月18日(日)
 
◆開催時間
 9:00~16:00
 
◆会場名
 高山陣屋前広場、宮前橋河川敷ほか
 
 
◆お問合せ
 0577-32-0380 (高山商工会議所)
我ら飛騨人、担ぎ上げろ!【雫宮祭】

ゆかしき里 岩村城下町を彩る雛人形【いわむら城下町のひなまつり】

2018年3月2日
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている城下町とその周辺約110ヶ所に、江戸時代から伝わる雛人形や装飾が見事な御殿雛、色鮮やかな土雛、住民の手作り雛など約3,500体のお雛様が展示される地域最大級のひなまつりです。また、期間中は、趣向を凝らした様々なイベントが行われます(変更の場合あり)。

・3月4日(日):オープニングイベント
・3月11日(日):がんどうちラリー
・3月18日(日):恵那岩村まちなか市、ひなのクラフトフェア
・3月24日(土):宵のひなまつり、着物で逢いましょう!!
・3月25日(日):岩村城下町音楽祭、音斎処
※施設、商店、個人宅等に展示する為、休館日、休業日、休憩時間等はご覧になられない場合もございますのでご了承ください。
 
◆開催期間
 2018年3月1日(木)~4月3日(火)
 
◆場所
 恵那市岩村町 重要伝統的建造物群保存地区の町並みとその周辺
 
◆お問合せ
 0573-43-3231 (恵那市観光協会岩村支部)
ゆかしき里 岩村城下町を彩る雛人形【いわむら城下町のひなまつり】

MEETS TONO 東濃の地酒と美濃焼。

2018年3月2日
第2回、開催決定!!

東濃10蔵の地酒を飲み比べ、美濃焼の器などを選んで楽しむ3日間。
3月16、17、18日は名古屋テレビ塔でカンパイしましょう!!

名古屋テレビ塔に、東濃の10の酒蔵自慢の地酒が集合します。
まず入口で好きな酒器を選び、飲み比べへ。酒器はそのままお持ち帰りいただきます。
会場には杜氏も登場するので、酒造りのこだわりや奥深さ、東濃の魅力について肌で感じるチャンスです。
もちろんノンアルコールドリンクもご用意しますので、お酒が苦手な方でも大丈夫!
食材もとことん東濃にこだわります。おいしい酒の肴を美濃焼の器とともにお楽しみください。
おつまみの小皿もお持ち帰りできます。おうちに帰ってからも東濃をお楽しみいただけます。

【日時】
 平成30年3月16日(金)17~21時、17日(土)12~20時、18日(日)12~17時
【場所】
 名古屋テレビ塔1F「タワースクエア」
【料金】
 [前売券]2,500円
 [当日券]3,000円
【販売場所】
 [前売券]チケットぴあ(Pコード634-398)、WEB販売(Peatix)、ホームページからの予約、
       一部は各市観光担当窓口などでも取扱中
 [当日券]会場受付で販売

チケット販売や詳しい情報については下記ホームページをご覧ください。
MEETS TONO 東濃の地酒と美濃焼。

3月1日開幕【第20回飛騨高山雛まつり】 

2018年3月1日
市内各所で土雛や古今雛など代々伝わる雛人形を展示。スタンプラリーも開催します!

雪国である飛騨地方は春の訪れが遅く、季節の行事をひと月遅れて行う風習があります。桃の節句・雛まつりもそのひとつ。飛騨高山雛まつりでは、市内の観光施設、ホテル・旅館、まちなかのお店に土雛や古今雛など代々伝わる雛人形を展示して桃の節句を祝います。同時開催のスタンプラリーでスタンプを集めてプレゼントをGETしよう!
 
 
◆開催期間
 2018/03/01(木)~2018/04/03(火)
 
◆開催時間
 施設により異なります。
 
◆会場名
 高山市街地一円(観光施設、宿泊施設、一部民家など)
3月1日開幕【第20回飛騨高山雛まつり】 

2月28日から開催【中津川のつるしひなまつり】

2018年2月26日
つるし雛講座「花ごよみ」参加者たちの丁寧で、想いの込もった温もりのある作品で彩られた世界をお楽しみ下さい。
 
◆開催期間
 2018年2月28日(水)~3月4日
 
◆開催時間
 10:00~17:00(最終日16:00まで)
 
◆会場名
 東美濃ふれあいセンター(リハーサル室・ふれあいホール)
 岐阜県中津川市茄子川1683-797
 
◆営業時間
 10:00~17:00(最終日16:00まで)
 
◆料金
 無料
2月28日から開催【中津川のつるしひなまつり】

商売繁盛と家内安全を祈る冬の風物詩 【飛騨神岡初金毘羅宵祭】

2018年2月19日
毎年2月に行われる『飛騨神岡初金毘羅宵祭』は、雪国の飛騨では珍しい冬の夜祭です。
お祭りでは金毘羅のお札を先頭に掲げながら商売繁盛や家内安全を祈願し、神岡江戸木遣保存会と飛騨神岡手古舞の行列を先頭に、手作りの工夫を凝らした様々な神輿や創作山車(例年10~15社中程度)が列を成し、金毘羅堂のある洞雲寺を目指して神岡町市街地を盛大に練り歩きます。
また、会場のステージでは各団体によるパフォーマンスや、お菓子等の『まきもの』が行われ、見物客を楽しませます。
 
 
◆開催月日
 平成30年2月24日(土)
 
◆会場名
 神岡町市街地(西里通り・本町通り、本町防災公園)、洞雲寺
 
 
◆お問合せ:0578-82-2253 (飛騨市神岡振興事務所商工観光係)
 
◆営業時間
 ・うまいもん広場(バザー)の営業は11時より
 ・ステージショーは12時20分より
 ・だるま供養は14時30分より
 ・行列の出発式は17時30分より
 ・行列スタートは18時00分より
商売繁盛と家内安全を祈る冬の風物詩 【飛騨神岡初金毘羅宵祭】