新着情報

中津川のつるしひなまつり ~岐阜のおひなさま~

2019年2月27日
第二回中津川の「つるしひなまつり」を開催いたします!
 
新しい元号にふさわしく、新作男の子飾りの展示と可愛い女の子のお雛さまがいっぱいです。
参加者たちの丁寧で、想いのこもった温もりある作品で彩られた世界をお楽しみください♪

 
◆開催期間
平成31年2月27日(水)~3月3日(日)

 
◆開催時間
10:00~17:00(最終日16:00まで)

 
◆会場名
東美濃ふれあいセンター


2/27(水)・2/28(木)・3/1(金)・・・リハーサル室
3/2(土)・3/3(日)・・・・・・・・・ふれあいホール
         (歌舞伎公演とのコラボレーション企画)

中津川のつるしひなまつり ~岐阜のおひなさま~

岐阜の『おひなさま』でお楽しみ下さい

2019年2月26日
春の訪れを感じる桃の節句、ひな祭り。
素朴な土雛やつるし飾りの展示や、
お雛様たちが人間と同じような日常生活を送る様子を表現した変わり雛などなど。
雛さまを見ながらまち歩きを楽しみませんか?

県内では旧暦の4月3日ごろまで「ひな人形」を飾る地域もあります。
おひなさまイベントは『岐阜県のおひなさま特集』をご覧ください。

スマホの方はこちらをクリックしてください
<PCの方は下記のバナーをクリックすると“岐阜県のおひなさま特集”をご覧いただけます>

清流の国ぎふde遊ぼう!『体験プランがオンライン予約できます』

2019年2月21日

「清流の国ぎふ」をもっと楽しもう!

豊かな自然や文化が息づく岐阜県には、
魅力的な体験プランが多くあります。

オンラインで体験プランが予約できます!

 
「ぎふの旅ガイド」では、オンライン予約(注1)できる体験プランをご紹介しています。
貴方にあった体験で「清流の国ぎふ」をもっと楽しんで下さいね!



飛山濃水の豊かな自然
標高3,000m級の飛騨山脈をはじめ、木曽三川の合流域とその支流域に広がる水郷地帯。


~世界遺産と武将観光~
岐阜に生きる人々の手によって守り伝えられてきた世界遺産や
関ケ原古戦場や織田信長の天下統一の足がかりとなった岐阜城。

~匠の技~

飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物、東濃の陶磁器などの匠の技

◆(注1)オンライン予約について
体験プラン及びオンラインでの予約は「じゃらんnet(
遊び・体験予約)」のシステムを利用しています。
予約を申し込む場合は「じゃらんnet」での会員登録が必要となります。
清流の国ぎふde遊ぼう!『体験プランがオンライン予約できます』

第63回 飛騨神岡初金毘羅宵祭

2019年2月21日
毎年2月に行われる『飛騨神岡初金毘羅宵祭』は、雪国の飛騨では珍しい冬の夜祭です!
 
お祭りでは金毘羅のお札を先頭に掲げながら商売繁盛や家内安全を祈願し、神岡江戸木遣保存会と飛騨神岡手古舞の行列を先頭に、手作りの工夫を凝らした様々な神輿や創作山車(例年10~15社中程度)が列を成し、金毘羅堂のある洞雲寺を目指して神岡町市街地を盛大に練り歩きます。

また、会場のステージでは各団体によるパフォーマンスや、お菓子等の『まきもの』が行われ、見物客を楽しませます!

 

◆開催期間
平成31年2月23日(土)

 
◆会場名
神岡町市街地(西里通り・本町通り、本町防災公園)、洞雲寺

 
◆お問合せ先
飛騨市神岡振興事務所 商工観光係 0578-82-2253

 

第63回 飛騨神岡初金毘羅宵祭

氷に閉ざされた夜の大滝が幻想的!『平湯大滝結氷まつり』

2019年2月18日
厳冬の2月、高さ64m幅6mの平湯大滝が巨大な氷柱へと姿を変え、その雄大な姿をライトアップします。
大滝川に架かる釣り橋もイルミネーションで飾り、より幻想的な雰囲気を醸しだします。

 
【開催期間】
平成31年2月15日~2月25日

 
【開催時間】
18:00~21:00

 
【会場名】
平湯温泉・平湯大滝及び平湯温泉地内

 
【お問合せ先】
(一社)奥飛騨温泉郷観光協会 0578-89-2614
氷に閉ざされた夜の大滝が幻想的!『平湯大滝結氷まつり』

春の訪れと豊年を祈って踊る『谷汲踊』豊年祈願祭

2019年2月17日
揃いの衣服を着て、鳳凰の羽を模した「しない」と呼ばれる大きな扇状の竹細工を背負い、胸に抱えた太鼓を打ち鳴らして踊る、揖斐川上流の各地に伝わる「太鼓踊り」の一つ。

江戸時代は農民の雨乞い、現在は豊年祈願の踊りとして、800余年前より伝わる谷汲踊が、3回奉納されます。

 
◆開催期間
平成31年2月18日

 
◆会場名
・11:00 旧名鉄谷汲駅前
・13:00 谷汲門前駐車場
・14:00 谷汲山華厳寺仁王門前

 
◆お問合せ先
谷汲観光協会 0585-55-2020

春の訪れと豊年を祈って踊る『谷汲踊』豊年祈願祭

郡上たかす雪まつり

2019年2月15日
賞金・賞品総額100万円!
3M四方の雪ブロックを削って制作する「雪像コンテスト」を始め、土曜日の夜に開催するナイトイベント「レーザーショー」は必見!
高原の夜空を色とりどりの花火とレーザーが飛び交い魅惑の世界をお届けします。

 
また、「かまくら」や「雪山そり遊び」、「雪上ゲーム」、「スノーラフト」といった雪国ならではの体験や、「景品付き飴投げ」等、見るだけではなく参加型のイベントも盛りだくさん。
グループやファミリーなど、どなたでも楽しめる内容になっています♪

 
【開催期間】
平成31年2月16日(土)~2月17日(日)

 
【会場名】
郡上市高鷲町
「牧歌の里 温泉」特設会場

 
【お問合せ先】
高鷲観光協会 0575-72-5000

郡上たかす雪まつり

NIPPON OMIYAGE AWARDに当連盟会員商品が選出されました!!

2019年2月12日

この度、日本商工会議所と全国観光土産品連盟が主催する”NIPPON OMIYAGE AWARD”に当連盟の会員商品が入賞しました。

”NIPPON OMIYAGE AWARD”は「第59回全国推奨観光土産品審査会」において「全国推奨観光土産品審査会」に合格したものの中から特に優れた商品に対して厚生労働・農林水産・国土交通・経済産業の各大臣賞をはじめ、観光庁長官賞、中国大使館賞、特別審査優秀賞、日本商工会議所会頭賞等を”NIPPON OMIYAGE AWARD”として授与するものです。

全国各地の優れた観光土産品の発掘・育成・振興などを目的に約60年前から毎年行われています。

◆国土交通大臣賞
<グローバル部門>
家田紙工株式会社
Origami Jewel 水くるま ピアス

 ※当該商品は当連盟の推奨観光土産品
(平成29年度認定)にも認定されています

◆特別審査優秀賞
<食品部門>
母袋工房
母袋燻り豆腐

 
当該商品は当連盟の推奨観光土産品(平成30年度認定)<平成30年度審査会奨励賞>にも認定されています

◆日本商工会議所会頭賞
<グローバル部門>
ニッケン刃物株式会社
日本刀はさみ 掛け台付き

 ※同様の商品「日本刀はさみ」は
当連盟の推奨観光土産品(平成28年度認定)<平成28年度審査会奨励賞>にも認定されています


〇第59回全国推奨観光土産品審査会
 開催月日:平成30年11月28日
 開催場所:中央区立産業会館(東京都中央区)
 出品総数:全国各地の511企業から1005点が出品

詳細については、全国観光土産品連盟のWebページ「http://www.miyagehin.com/」をご覧ください。



 

《関連情報》

受賞した会員商品で当連盟の推奨観光土産品は下記のとおりです。
・家田紙工株式会社

  水うちわ 小判型 金魚平成28年度認定)
  Origami Jewel Balle ピアス平成29年度認定)
  Origami Jewel 水くるま(平成29年度認定)
  OBOERU Collection 和紙ノート スモール(平成29年度認定)

・母袋工房

  母袋燻り豆腐(平成30年度認定)
  どぶろく奥の奥(平成30年度認定)

・ニッケン刃物株式会社
  日本刀はさみ(平成28年度認定)
  日本刀はさみ 織田信長モデル(平成28年度認定)
  名刀ペーパーナイフ 織田信長(平成29年度認定)
  武将爪切り 織田信長モデル(平成30年度認定)
 

NIPPON OMIYAGE AWARDに当連盟会員商品が選出されました!!

田の神まつり~飛騨路に春を告げる祭り~

2019年2月12日
飛騨路に春を告げる祭りとして知られる森水無八幡神社の例祭「田の神祭り」は、「踊り子」と呼ばれる4人の若者が色鮮やかな花笠をかぶり舞を披露することから、別名「花笠まつり」ともいいます。
  
祭りは、2月7日の「神主(テテ)頼みの儀」に始まり13日の試楽祭、14日の本楽祭まで厳かに行われます。
 
【開催期間】
平成31年2月13日~2月14日
14日が本楽祭

 
【開催時間】
平成31年2月13日 試楽祭 森水無八幡神社 19時~
平成31年2月14日 本楽祭 下呂温泉合掌村 正午~
平成31年2月14日 本楽祭 森水無八幡神社 13時30分~

 
【会場名】
森水無八幡神社(もりみなしはちまんじんじゃ)
下呂温泉合掌村

 
【お問合せ先】
下呂市総合観光案内所 0576-25-4711
田の神まつり~飛騨路に春を告げる祭り~

岐阜県重要無形民俗文化財 『今尾の左義長』

2019年2月9日
毎年2月第2日曜日、秋葉神社の境内で行われる正月行事の一つで「火を崇め火伏を祈願する」神事として、400年あまりの歴史を持つ岐阜県重要無形民俗文化財です。
“どんど焼き”とも呼ばれています。

高さ約6メートル、重さ約1.5tの竹神輿を13町内が一基一基神社境内につりこんで燃やしていくという大がかりなものです。
千本近い青竹からは火炎で爆竹音がこだまし、そろいの長襦袢に白足袋姿の若衆が、火花を飛び散り燃えさかる炎と煙の中を駆け回ります!

 
◆開催期間
平成31年2月10日(日)

 
◆開催時間
正午点火

 
◆会場名
秋葉神社

 
◆お問合せ先
海津市商工観光課 0584-53-1374

岐阜県重要無形民俗文化財 『今尾の左義長』

1年でたった2時間!~馬籠 木曽路氷雪の灯祭り~

2019年2月6日
中山道木曽路の宿場を氷の灯籠でつなぐ、木曽路氷雪の灯祭り。
街道を彩るアイスキャンドルの灯りはとっても幻想的♪

 
中でも馬籠宿は、石畳が敷かれた坂に沿う数少ない宿場町!
下から見上げる景色も、上から見下ろす景色も、この日しか味わえない景色が広がっています♪ 
 
【開催期間】
平成31年2月9日(土)

 
【開催時間】
17:30~19:30(予定)

【会場名】
馬籠宿場内、藤村記念館周辺
 
【お問合せ先】
馬籠観光案内所 0573-69-2336
1年でたった2時間!~馬籠 木曽路氷雪の灯祭り~

郡上八幡の冬の風物詩 『郡上本染鯉のぼり寒ざらし』

2019年2月1日
「寒ざらし」とは、岐阜県の重要無形文化財である「郡上本染」の手法で描かれた鯉のぼりを小駄良川にさらし、布についた糊を落とす作業です。
 
冬の冷たい清流で洗うと布が引き締まり、鮮やかな色になります。身を切るような寒さの中、郡上本染の技術を伝承者たちが伝統の技を披露します。
 
◆開催期間
平成31年1月20日(日)、2月3日(日)

 
◆開催時間
・寒ざらし作業公開
1月20日(日)13:00~14:00
2月3日(日)10:00~11:00

 
・寒ざらしライトアップ
1月19日(金)、2月9日(金)
17:00~21:00

 
◆会場名
郡上市八幡町 宗祇水付近(吉田川、小駄良川合流付近)

 
◆お問合せ先
郡上八幡観光協会 0575-67-0002

郡上八幡の冬の風物詩 『郡上本染鯉のぼり寒ざらし』

ここはまるで別世界!『新穂高温泉中尾かまくらまつり』

2019年2月1日
満天の星の下に、雪国ならではの大小様々なかまくらが出現します!
かまくらには、囲炉裏のある かまくらや かまくらバーなどがあり、囲炉裏を囲みながら楽しい一時をお楽しみいただけます♪
また、日替わりで地元に伝わる郷土芸能「夫婦獅子」の実演や餅つきなども開催され、つきたての餅が来場者に振る舞われます。
 
【開催期間】
2019年2月1日(金)~2月14日(木)

 
【開催時間】
20:00~21:30
〈日替わりイベント〉
 *餅つき:2月3~8、11~13日
 *獅子舞「中尾夫婦獅子」の実演:2月1,2,9,10,14日

 
【会場】
新穂高温泉・中尾高原イベント広場

 
【お問合せ】
0578-89-2614 ((一社)奥飛騨温泉郷観光協会)
ここはまるで別世界!『新穂高温泉中尾かまくらまつり』