緊急事態対策の発表について

2021年1月14日
令和3年1月14日(木)、岐阜県は国の緊急事態措置を実施すべき区域に指定されました。
また、2月2日(火)に緊急事態措置を実施すべき期間が3月7日(日)まで延長されたことを受け、県の「緊急事態対策」が3月7日(日)まで延長されます。
現在実施している、外出・県をまたぐ移動の自粛要請をはじめ、飲食業に対する時短要請及び業種別ガイドラインの遵守、事業者に対するテレワークの推進、特措法の対象とならない業種に対する時短の協力依頼など、引き続きご協力をお願い致します。

<資料>
緊急事態対策(令和3年2月4日改定)

【重要】コロナ社会を生き抜く行動指針について

2021年1月13日
県独自の「非常事態宣言」の発令に伴い、「コロナ社会を生き抜く行動指針」が改定されましたのでお知らせします。
 
<改定内容>
P16上段のイベントの規模要件に関する改定。
(内容)
 人数上限5,000人、かつ収容率50%以下
 
 
  「コロナ社会を生き抜く行動指針」(令和3年1月13日変更)
  新旧対照表

非常事態緊急対策について

2021年1月9日
 令和3年1月9日、岐阜県は非常事態緊急対策を発表しました。
 現在、感染リスクの高い飲食をはじめ、職場や学校、家庭内など、日常のあらゆる場で感染が多発し、大変厳しい状況となっています。
 これ以上の感染者を抑えるためにも、引き続き、感染症予防対策にご協力いただきますようお願いします。

<資料>
非常事態緊急対策




「在宅年末年始」で感染拡大の徹底阻止を

2021年1月4日
 現在、県内はいまだかつてない感染拡大中であり、県内の医療機関の受入れ状況は5割を超え、深刻な状況です。
 新規陽性者をこれ以上増やさないために、県民の皆さまには「在宅年末年始」の徹底をお願いします。

 1.外出自粛を基本に

 2.「飲食」「会食」の自粛

 3.体調不良時は医療機関へ

 参考:「在宅年末年始」で感染拡大の徹底阻止を