清らかな水と冷涼な気候が生み出す 岐阜の地酒

四拍子。美味しい地酒を造る条件が揃った「岐阜の地酒」

岐阜県全域

美味い地酒を造る条件とは、「冷涼な気候」、「清らかな水」、「良質の米」、そして「優秀な杜氏」にあると言われています。そのすべての条件を満たすのが、岐阜の地酒です。岐阜県には、50を超える酒蔵があり、それぞれに特徴ある酒を造っています。岐阜県の米と水にこだわり、「県産米を用いた純米造りの酒」という共通のコンセプトで9つの酒蔵が造った「岐阜九蔵」は、まさに岐阜の地酒の飲み比べが堪能できます。

岐阜の地酒

白川郷の祭りの伝統、香り芳醇な「どぶろく」

白川郷・郡上 ほか

実りの収穫が終わる10月中旬、白川郷では秋の豊作を祝う「どぶろく祭り」が行われます。毎年、神社境内にはその年に仕込まれたどぶろくが奉納され、村人や遠来客が盃を酌み交わしてきました。県内には、この伝統の味を再現した「純米にごり酒白川郷」のほか、「白川郷どぶろく仕込み」「あさちゃんのどぶろく」「奥の奥」などが造られています。もろみが残る、濃く甘く懐かしい味。岐阜旅行の想い出に、どぶろくの風味を味わってください。

どぶろく