さあ行こう!土岐~中津川・馬籠
焼き物も街並みも、とことん「和」を楽しむ大人旅

全行程 : 約10時間


土岐の焼き物をめぐった後は、岩村城下町・宿場町と、昔ながらの街並みを探訪。



焼き物も街並みも、とことん「和」を楽しむ大人旅へ。


スタート

9時30分
織部の里公園

織部の里公園

400年前の連房式登窯が残る公園

駐車場を降りてすぐに目に付く建物が「連房式登窯」と呼ばれる登り窯で、その重要性から昭和42年に国指定史跡となっています。土岐・多治見は昔から焼き物が有名。この登り窯が実際に使われていた400年前から、ずっと焼き物の産地となっています。
住所 岐阜県土岐市泉町久尻1246-1
電話番号 0572-54-2710
営業時間 9:00~17:00
定休 月曜、祝日の翌日(月曜が祝日の場合は火・水曜が休園、12月29~1月5日)
料金 入園料 無料
作陶料(ぐい呑) 800円~

アクセス JR中央本線土岐市駅から徒歩13分
HP 公式サイト
車で約20分

11時20分
道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館

道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館

お弁当を食べると器ごともらえちゃいます

レストランで、海老やレンコンのはさみ揚げなどいろいろな具が乗った「献上丼弁当」を頼むと、食べ終わった後、持って帰ることができます。3種類の中から好きなデザインの器を選べるのも嬉しい。作陶体験・絵付け体験ができる施設や、陶器・磁器の即売所もあります。欲しい器が見つかりそう!
住所 岐阜県土岐市肥田町肥田286-15
電話番号 0572-59-5611 (道の駅土岐美濃焼街道どんぶり会館)
営業時間 9:00~18:00
レストラン8:00~19:00
定休 火曜日、年末年始
アクセス 中央自動車道土岐ICから国道21号・19号・県道69号を経由して県道66号を南へ10分
HP 公式サイト
車で約40分

13時40分
岩村城下町

岩村城下町

長閑な風にふかれて「歴史の町並み」を歩く

枡形や町の中を流れる疎水など、他では見られない城下町としての特徴が生きた形で残っており、高山市三町・白川村萩町に続いて「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されました。城下町の軒先には、旅人を迎えるその家の女主人の名前が書かれた青いのれん。女城主にちなんだ、旅人への粋なおもてなしです。
住所 〒509-7403 岐阜県恵那市岩村町
電話番号 0573-43-3231 (恵那市観光協会岩村支部)
アクセス ◇電車
明知鉄道岩村駅から徒歩
◇お車
中央自動車道恵那IC下車20分
HP 公式サイト
車で約1時間

16時30分
馬籠宿

馬籠宿

風情ある家並み、粋な石畳。まさにノスタルジーな世界。

全国的にも珍しい、急峻な地形にある宿場町で、島崎藤村の「夜明け前」の主人公である青山半蔵が見た美しい恵那山を眺望することができます。石畳が敷き詰められた通り、格子のある民家・茶屋など、江戸時代を彷彿とさせる家並みが連なります。
住所 岐阜県中津川市馬籠
電話番号 0573-69-2336 (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所))
アクセス ◇公共交通機関
JR中津川駅から北恵那交通バス馬籠線 約25分「馬籠」下車
◇お車
中央自動車道中津川ICより約20分。 国道19号松本・木曽方面へ「沖田」交差点を右折。県道7号を直進、案内看板を左折。
HP 公式サイト
車で約10分

18時
中津川温泉 クアリゾート湯舟沢

中津川温泉 クアリゾート湯舟沢

ジャグジーで一日の疲れを癒しタイム!

温泉ゾーンと13種類の機能バスが揃うバーデゾーン、プールゾーンの3エリアで構成される施設。温泉は湯に浸かると肌がつるつるになるという美人の湯として評判です。プールゾーンには20m3コースの室内温水プール、63mのウォータースライダー、クリスタルフェンスがおしゃれな屋外流水プール、そして、ホットな屋外ジャグジーなどがあります。
住所 岐阜県中津川市神坂280
電話番号 0573-69-5000
営業時間 10:00~22:00まで(受付は20:30まで)
定休 営業カレンダーでご確認下さい。
料金 お風呂 (平日)大人600円 小人300円  
    (土日祝日・特定日)大人900円 小人600円 
    (ハイシーズン)  大人1,000円 小人700円

全館利用 
(土日祝日・特定日) 大人1,700円 小人9001円
(ハイシーズン)大人2,300円 小人1,300円 
(*平日はバーデ・プールのご利用ができません)
   
アクセス 中津川駅より無料送迎バス
中央自動車道中津川ICより国道19号を木曽方面へ 「沖田」信号を右折 (約12km所要時間約20分)
HP 公式サイト

ゴール

コースマップ