絶景ドライブ!紅葉を行く、そばと飛騨牛・秋グルメ旅行
円空に導かれ、数々の名所を行く!リピーターおすすめの飛騨高山

全行程 : 約10時間
飛騨高山を行く日帰りドライブの旅は、オープンカーで走りたい「せせらぎ街道」からスタート。

秋はフォトジェニックな景色と自然の恵みをいただこう!

スタート

郡上八幡ICから車で約35分

9時
飛騨美濃せせらぎ街道の紅葉 

飛騨美濃せせらぎ街道の紅葉 

広葉樹林の紅葉を駆け抜ける「せせらぎ街道」は最高のドライブ!

全長72km、森のなかを一本道が走るせせらぎ街道は、紅葉の名所として有名。 標高1113mの西ウレ峠をトップにその標高差と、日夜の寒暖差から息をのむほど美しい色付きに変化します。 自然の芸術をご覧ください。
住所 岐阜県郡上市~高山市
電話番号 0577-68-2338 ((一社)ひだ清見観光協会)
アクセス 郡上八幡ICより国道472号線へ、
または高山西ICより県道73号線へ
HP 公式サイト
車で約30分

11時
飛騨高山のそば

飛騨高山のそば

おいしい水と冷涼な気候が育んだ、香り高いそばに舌鼓

飛騨地方は冷涼な気候と、昼夜の寒暖の差が激しく、おいしい蕎麦が育つ地域。 水の良さもあって、打ちたて、茹でたてのそばは絶品。 遠方からわざわざ新そばを食べに来るリピーターも多いエリアです。 地元産の獲れたての野菜の天ぷらと一緒にどうぞ。
車で約40分

13時
千光寺

千光寺

木の生命力を感じる64体の円空仏は圧巻!建立1200年の古刹

平湯方面へ向かう途中の山の中腹にある真言宗「千光寺」。 円空が54歳の時に寺院を拠点に、飛騨各地を巡り約1年間過ごしました。 仏像とともに歌集も残しており、荒々しくも優しさのある円空仏から荘厳な雰囲気を感じます。
住所 〒506-2135 岐阜県高山市丹生川町下保1553
電話番号 0577-78-1021 (千光寺)
営業時間 4月1日~12月初旬の
9:00~17:00
定休 期間中は無休
料金 円空物寺宝館
大人500円
高校生200円
小中学生100円
アクセス JR高山駅から車で30分
HP 公式サイト
車で約25分

14時30分
飛騨国分寺

飛騨国分寺

自然の厳しさ、畏れ多さを感じさせる円空の崇高な美を体感!

樹齢1,200年を超える大銀杏と三重塔がそびえる境内に、高山城から移された鐘楼門や塔礎石などが現存する飛騨国分寺。 円空にまつわるものの中でも弁財天立像は1m前後の大きな仏像で見応え十分。 荒々しくノミで彫り上げられた仏像は、素朴で繊細な美しさをも兼ね備えています。
住所 〒506-0007 岐阜県高山市総和町1-83
電話番号 0577-32-1395 (飛騨国分寺)
営業時間 9:00~16:00
定休 12月31日
1月1日
料金 大人300円
小中学生
250円
アクセス JR高山駅から徒歩5分
HP 公式サイト
徒歩で約5分

15時30分
飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

400年前にタイムスリップ!江戸時代の町並を歩く

年間を通してにぎわいをみせる「古い町並」は、出格子の続く軒下に用水路が流れ、造り酒屋には新酒を知らせる杉玉が下がり、老舗の暖簾が軒をつらね、かつての城下町の趣を今に伝えています。
住所 岐阜県高山市上一之町ほか
電話番号 0577-32-3333(代) (高山市観光課)
アクセス JR高山駅より徒歩12分
HP 公式サイト
徒歩で約3分

17時
飛騨高山まちの博物館

飛騨高山まちの博物館

飛騨高山にゆかりの深い貴重な円空仏をゆっくり拝観

城下町としての町家文化に特化し今に伝わる文化を展示している「まちの博物館」。14の展示室には、高山祭、町家、城下町の成り立ちなど、また郷土ゆかりの文人や美術とともに円空仏が展示されています。
住所 〒506-0844 岐阜県高山市上一之町75
電話番号 0577-32-1205 (飛騨高山まちの博物館 )
営業時間 展示室
9:00~19:00
庭園
7:00~21:00
定休 無休
※臨時休館あり
料金 無料
アクセス JR高山駅からまちなみバス11分
HP 公式サイト
徒歩で約10分

18時
飛騨牛フレンチ

飛騨牛フレンチ

絶品!飛騨牛と地元野菜たっぷりフレンチ

観光客だけでなく多くの地元客で賑わいを見せるのが高山のフレンチ。 古民家風のお店や、都内の有名店で修行したシェフのお店などもあり、お店選びも旅の楽しみのひとつ。
高山ICまで車で約30分

ゴール

コースマップ