岐阜っぽ。vol.26 <夏の岐阜よくばりプラン1>
伝統工芸、城、地歌舞伎、、、歴史体験コース

1泊2日
連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台、ひがしみの。

城下町や地歌舞伎など、歴史や文化をたどるドライブへGO!

スタート

多治見市モザイクミュージアム

多治見市 モザイクタイルミュージアム

多治見市 モザイクタイルミュージアム

なぜか、ふしぎな、うつくしさ

全国一のモザイクタイルの生産地、多治見市笠原町。 モザイクタイルは、50センチ平方メートル以下の小ぶりなタイルのことで、多様な色と形を活かして人々の生活を豊かに彩ってきました。 その魅力を発信するために、2016年6月、多治見市笠原町の真ん中にモザイクタイルミュージアムがオープンしました。 世界的に知られる建築家の藤森照信氏が設計・デザインを担当。 一度見たら忘れられない不思議なかたちは、タイルの原料である「土」を取る「土取り場(どとりば)」から発想を得たそうです。 内部は昭和の国産タイルの膨大なコレクションをはじめ、レトロな洗面台・浴槽など多彩なタイルをご覧いただけます。 キラキラと光り輝くモザイクタイルがあふれる不思議な世界へ、あなたも遊びにきてみませんか。
住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2082-5
電話番号 0572-43-5101 (モザイクタイルミュージアム)
営業時間 9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
定休 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始
料金 個人 常設       310円
   年間パスポート 1,020円
団体(20名以上) 常設250円
高校生以下無料
※療育手帳、身体障害者手帳、精神障碍者手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は無料です。
※企画展の場合は別に定めます。
アクセス (公共交通機関の場合)
名古屋から、JR中央本線下り多治見・中津川方面行き、多治見駅下車。
多治見駅から東鉄バス東草口行きまたは羽根行きにて約20分、「モザイクタイルミュージアム前」(2016年6月30日までは「笠原町役場前」)下車。
(お車の場合)
多治見ICから約25分。
土岐南多治見ICから約15分。
HP 公式サイト
備考 ※駐車場は笠原中央公民館との合同駐車場です。駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関の利用をおすすめします。
車で70分

苗木城跡

苗木城跡

巨岩を抱え込んだ石垣と展望台からの大パノラマ

全国でも珍しいと言われる苗木城の石垣には、なんと自然の巨岩がそのまま活用されています。 年代によって積み方の異なる石垣も見どころの1つです。 そして、なんといっても天守跡に設けられた展望台からの景色が抜群! 日本百名山の恵那山、木曽川、市街地を360度見渡すことができる絶景が広がっています♪ 歴史の好きな方、城が好きな方、風景が好きな方、いろんな方へオススメのスポットです!
住所 岐阜県中津川市苗木
電話番号 0573-66-8181 (苗木遠山史料館)
アクセス ◇お車の場合 中津川ICから国道19号→国道257号下呂方面へ約10分。城山大橋を渡り城山病院手前を遠山史料館方面へ右折。
◇バスの場合 JR中津川駅前より北恵那交通バス苗木・付知方面 約10分「苗木」下車。徒歩約30分。
HP 公式サイト
備考 苗木遠山史料館は月曜日(月曜日が祝日等にあたる場合はその翌日)が休館日です。
続100名城のスタンプは、苗木遠山史料館のほか苗木交流センター(中津川市苗木7516-1)でも押すことができます。
資料
(PDF)
ダウンロード
車で50分

下呂温泉

下呂温泉

「日本三名泉」に数えられる癒しの温泉地

飛騨川の流域に湧く下呂温泉は、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称された天下の名泉です。 温泉街は飛騨川を中心に歓楽的な賑わいと山里の風情が調和して、下呂温泉の魅力を醸し出しています。 お湯はなめらかでお肌がつるつるになる「美人の湯」としてリピーターが絶えません。
住所 岐阜県下呂市
電話番号 0576-24-1000 ((一社)下呂温泉観光協会)
アクセス JR下呂駅から徒歩3分
HP 公式サイト
車で30分

かしも明治座

かしも明治座

120年の歴史を語る劇場 

今から120年以上も前に加子母の人々によって建てられ、今も脈々と守られている劇場です。 間口約20m、奥行き約25m。建設当時のままの姿を保つこの劇場は、今もなお現役。 岐阜県重要有形民族文化財に指定されています。 「明治座 舞台裏見学」では、客席からは見ることのできない明治座の裏側の世界が楽しめます。
住所 岐阜県中津川市加子母4793-2
電話番号 0573-79-3611
営業時間 10:00~16:00
定休 月曜日
料金 ガイドご希望の方はお問い合わせください。
アクセス ◇お車の場合 中央自動車道 中津川IC下車,国道19号線から国道257号線下呂方面へ50分。
◇バスの場合 JR中津川駅前より北恵那交通 加子母総合事務所行乗車「万賀」下車、約60分。
HP 公式サイト
備考 お問い合わせ 中津川市加子母総合事務所(0573-79-2111)
車で15分

付知峡

 付知峡

大自然の中で思いっきり深呼吸!

森林浴の森日本100選、岐阜県名水50選、飛騨美濃紅葉33選などにも選定 されている付知峡。 「青川」と呼ばれる川は澄みきって吸い込まれそうになります。 糸のように岩肌を流れる『観音滝』、 水量が多くダイナミックに流れる『不動滝』、水流の勢いが激しい『仙樽の滝』 を見ながら、マイナスイオンをいっぱい吸って、自然を満喫してください。
住所 〒508-0351 岐阜県中津川市付知町1区下浦地内
電話番号 0573-82-4737 (付知町観光協会)
アクセス 車で中央道中津川ICより257号線下呂方面へ約50分。
付知峡口信号を右折。
HP 公式サイト
資料
(PDF)
ダウンロード
車で70分

岩村城下町

岩村城下町

受け継がれる女城主のやさしさ。長閑な風にふかれて「歴史の町並み」を歩く

現在でも歴史的・文化的なたたずまい・町並みが、枡形や町の中を流れる疎水など、他では見られない城下町。

全長約1.3kmの古い町並み周辺には当時の面影を残す商家や旧家、なまこ壁などが今も佇んでいます。

平成10年4月17日には、全国で48番目、岐阜では高山市三町・白川村荻町に続いて3番目に「重要伝統的建造物群保存地区」として

選定されました。

名物のカステラや五平餅、かんから餅のお店や地酒の蔵元などが点在しているので、食べ歩きにも最適です。

岩村の自然、歴史文化などをまるごと体験できるプログラムへの参加もおすすめです。体験プログラムについてはこちらから。(要予約)

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台地にもなりました。

岩村城跡についてはこちらから。
岩村歴史資料館についはこちらから。

住所 〒509-7403 岐阜県恵那市岩村町
電話番号 0573-43-3231 (恵那市観光協会岩村支部)
アクセス ◇電車
明知鉄道岩村駅から徒歩
◇お車
中央自動車道恵那IC下車20分
HP 公式サイト
岩村城下町

ゴール

コースマップ