岩村城跡

織田信長の叔母が統治した岩村
  • 織田信長の叔母が統治した岩村
  • 織田信長の叔母が統治した岩村
  • 織田信長の叔母が統治した岩村
  • 織田信長の叔母が統治した岩村
  • 織田信長の叔母が統治した岩村


岩村城は、大和の高取城(奈良県)備中の松山城(岡山県)と並ぶ日本三大山城の一つに数えられる名城。



城は江戸諸藩の府城の中でも最も高い所(標高717m)に築かれ、高低差180mの天嶮の地形を巧みに利用した要害堅固な山城で、

霧の湧き易い気象までも城造りに活かされており、別名「霧ケ城」ともよばれています。

織田信長の叔母が城主として統治した岩村城は、現在も城址には石垣が残り、日本百名城にも選ばれました。



~岩村城再現CGビューアで当時を再現~

 城内 15 ヶ所に設置された看板の QR コードをスマホ・タブレットで読み込むと、それぞれ の箇所の音声ナレーションによる解説とともに、「享保の岩村城絵図」を元に再現したCG 映像をご覧頂くことができます。




四〇〇余年の歴史ある城下町も当時の面影を感じさせます。

◇岩村城下町についてはこちらから。

◇岩村歴史資料館についてはこちらから。


基本情報

住所 〒509-7403 岐阜県恵那市岩村町字城山
電話番号 0573-43-3231 ((一社)恵那市観光協会岩村支部)
アクセス ◇電車
明知鉄道岩村駅から徒歩1時間
◇お車
中央自動車道恵那IC下車20分
HP 公式サイト

周辺観光情報