雲龍寺


もとは720年に創建された妙観寺(みょうかんじ)という寺院でしたが衰退し、1395年頃、曹洞宗雲龍寺として再建されました。



本能寺の変で戦死した飛騨国主 金森長近(かなもりながちか)の長男 長則(ながのり)の菩提寺であり、1590年頃に長近が建物を修営したと伝わっています。


基本情報

住所 岐阜県高山市若達町1-86
アクセス 高山駅から徒歩約20分

周辺観光情報