• 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  
樹齢2500年、圧倒的な存在感
天平の昔、南都東大寺の良弁大僧正は普く仏法を広めんと諸国巡礼の途次、大船山を登山し、山の神のために法華経を読誦、一宇を設立しました。これを覚林坊といいます。そして、聖徳太子の御作、救世観音を安置し寺を大仙寺と号しました。

弁慶杉は、良弁の弟子の弁慶が植えたという一説もありますが、文治のころ、源義経主従が奥州下向の時に大船山に登山し本尊に祈願した際、弁慶が一文の願書を納め、杉の小枝を「この祈願むなしからずんば、この枝生い栄えよ」と折って地に指し、この枝が繁茂し今の弁慶杉となった、という説もあります。

また樹齢は、伝説により800年とされていましたが、その後の樹医の樹勢回復事業のとき2500年と診断されました。
基本情報
住所 〒509-7521 岐阜県恵那市上矢作町1307-1
アクセス 恵那ICから車で45分程
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約

観光連盟からのおすすめコンテンツ