• 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  
信長に帰参を許され、後の加賀百万石の大大名になる出世の戦い!!

永禄4(1561)年、織田信長は西美濃を征服しようと、本郷村より長良川を渡って森部村に進出、斎藤龍興の軍と戦いました。

斎藤軍6千に対し、織 田軍1万5千で対戦。


墨俣の下宿から押し寄せてきた斉藤軍を織田軍は、味方を三手に分け敵をはさみうちにして破りました。


この戦いで前田利家は、以前からの勘気を解かんものと、一番に敵陣に討ち入り、

首とり足立と恐れられた足立六兵衛(後に信長が足立の首は、城一つ攻め滅ぼしたも同然」といわせたほどの猛将)ら二人を

槍で打ち取り信長軍への帰参がようやく帰許されました。従って利家にとっては出世の門出となる戦いでした。

 

森部城主河村久五郎らの働きにより、斎藤軍の戦死者320人に対して織田軍はわずかの死傷者で大勝利でした。

その首実験をしたのが薬師堂前で、戦死者が祀られています。


「鎧掛けの松」は首実験のおり、信長公が鎧を掛けた松と伝えられています。現在は、二代目の松になります。

基本情報
住所 岐阜県安八郡安八町森部下河原2831
アクセス ・東海道新幹線「岐阜羽島駅」
 名阪近鉄バス大垣駅行き乗車3分、「南大森」バス停下車、徒歩5分
・JR大垣駅
 名阪近鉄バス岐阜羽島駅行き乗車21分「南大森」バス停下車、徒歩5分
・車 名神高速道路 安八スマートインターから約8分
HP 公式サイト
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約