• 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  
小早川を見張るため!?  天才軍師の陣跡

「大谷吉継陣跡」は、山中(やまなか)の「大谷吉継の墓」から少し下った場所にあり、ひっそりと碑が建っています。

大谷隊は、関ケ原の合戦が始まる十日程前に「若宮八幡宮」上の急斜面に陣を作り始めました。

この陣は、空堀を左右に巡らせ、山中城と呼ばれるほどの要害の地でした。

合戦後、徳川家康も大谷陣を一夜の宿として使用したという話もあります。

戦術に長け、また官僚としても優秀であった吉継は、陣作りにも力を発揮しました。

当初より小早川秀秋の裏切りを予想していたため、松尾山の真正面のこの地に陣を定めたというのも驚きです。
基本情報
住所 岐阜県不破郡関ケ原町山中30-1
アクセス 平塚為広碑より山中へ徒歩20分
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約