• 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  • 20229
  
大正時代のたたずまい

この路地は、2代目町長・濃明銀行創始者 故橋本幸八郎氏宅の年貢米を納めた米蔵と江戸時代から続いた呉服問屋の蔵にはさまれ、
大正時代のたたずまいを色濃く残しています。
蔵の白と黒のコントラストがあざやかです。
黒い羽目板は、桟(さん)をはずすと防火壁の役目を果たしました。


この路地の坂を上ると大正村役場に出ます。
この坂道は、明知城址への登城口・明智光秀公供養塔への近道でもあります。
基本情報
住所 〒509-7731 岐阜県恵那市明智町
HP 公式サイト
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約