• 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  • 20225
  • 20226
  • 20227
  • 20228
  
関ケ原の合戦前夜、家康公が着陣した「御勝山 安楽寺」

推古天皇元年(593年)聖徳太子の創建と伝えられています。

壬申の乱では、大海人皇子が勝利祈願を住職に命じ、戦勝後天武天皇が大友皇子の冥福を祈り宝物を寄進されたという古刹です。


境内には、応仁の乱のときに土岐成頼の元に亡命した足利義視の居所であったとされる場所があります。

この寺のある山は、「岡山」という名であったが、関ケ原の合戦で徳川家康が本陣を置いたことから、後に家康より戦勝を祝い

「勝山」との名を賜わり、寺には三つ葉葵の御紋を許されたそうである。


梵鐘は、関ケ原の合戦時、西軍の大谷吉継が陣中の兵士を鼓舞したり合図に使ったりするために播州から持参したもので

家康が戦利品として安楽寺に寄進したものである。


西美濃三十三霊場の第二十一番札所。


基本情報
住所 〒503-2213 岐阜県大垣市赤坂町756-1
電話番号 0584-71-0239
アクセス 【お車】
・東海環状道 大垣西ICから車で約7分(約3.0km)
【公共交通機関】
・JR大垣駅 名阪近鉄バス大垣駅前1番乗場より赤坂線(消防赤坂分署行)で約15分、虚空蔵口バス停降車徒歩7分(300m)又は、荒尾線で約25分、東牧野バス停徒歩6分(570m)
・JR大垣駅 東海道本線(美濃赤坂駅行)で約7分、美濃赤坂駅徒歩約5分(700m)

HP 公式サイト
マップで見る
人気サイトの宿泊プランを一括比較

オンラインで空室確認+予約