• 観光スポット
  
  
  
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  • 202010
  • 202011
  • 202012
  • 20211
  • 20212
  • 20213
  • 20214
  • 20215
  • 20216
  

現在の検索条件

  • 東濃
  • キーワード: 恵那市
55件ありました
恵那峡

恵那峡

東濃エリア
ダム建設物語と雄大な渓谷美 
四季折々の渓谷美を満喫しながら優雅なひとときを♪ 恵那峡は約80年前に木曽川をせき止めて作られた大井ダムによってできた人造湖で、大正9年に地理学者の志賀重昴によって恵那峡と命名されました。 両岸には、奇岩・怪石が立ち並び、春にはさざなみ公園の約200本の桜をはじめツツジも美しく咲きます。夏には濃緑に赤い恵那峡大橋が映え、秋には、モミジ、カエデなどが湖面を彩ります。冬にはオシドリやムク…
岩村城下町

岩村城下町

東濃エリア
受け継がれる女城主のやさしさ。長閑な風にふかれて「歴史の町並み」を歩く 
現在でも歴史的・文化的なたたずまい・町並みが、枡形や町の中を流れる疎水など、他では見られない城下町。 全長約1.3kmの古い町並み周辺には当時の面影を残す商家や旧家、なまこ壁などが今も佇んでいます。 平成10年4月17日には、全国で48番目、岐阜では高山市三町・白川村荻町に続いて3番目に 「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されました。 名物のカステラや五平餅、かんから餅のお店や…
岩村城跡

岩村城跡

東濃エリア
織田信長の叔母が統治した岩村 
岩村城は、大和の高取城(奈良県)備中の松山城(岡山県)と並ぶ日本三大山城の一つに数えられる名城。 城は江戸諸藩の府城の中でも最も高い所(標高717m)に築かれ、高低差180mの天嶮の地形を巧みに利用した要害堅固な山城で、 霧の湧き易い気象までも城造りに活かされており、別名「霧ケ城」ともよばれています。 織田信長の叔母が城主として統治した岩村城は、現在も城址には石垣が残り、日本百名城にも…
日本大正村

日本大正村

東濃エリア
大正浪漫にタイムスリップ 
開館のお知らせ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため臨時休館しておりましたが、5月22日(金)より開館いたします。 かつて蚕糸を地場産業としていた頃の町並みをそのまま保存し、建物や風景すべてに大正時代の情緒が活きている日本大正村。 明治39年建築のどっしりとして風情のある村役場をはじめとし、多くの文化人が通った天久カフェを復元した天久資料館や、当時の服装を身にまとい見学する…
明知鉄道

明知鉄道

東濃エリア
車窓に流れる田舎風景をゆったりと楽しむ 
※2020年4月・5月開催の「寒天列車」「おばあちゃん列車」のイベントは中止になりました。 中央本線恵那駅と明智駅の25.1㎞を結ぶ情緒あふれるローカル列車で、車窓からは長閑な田園風景が満喫できます。 食堂車を連結した急行列車〈大正ロマン号〉を運行。 食堂車では、通年実施している「寒天」をはじめ、季節に応じ、「きのこ」「じねんじょ」など、沿線の風景を楽しみながら、地元の食材を生かし…
福寿の里モンゴル村

福寿の里モンゴル村

東濃エリア
モンゴル式のキャンプを体験 
モンゴル村は、道の駅の敷地内にあり、モンゴルの移動式住居「ゲル」に泊まることが出来るキャンプ施設。 テントにはベッドも完備され、てぶらでも気軽に利用できます。 また大浴場もあるので、女性にも人気があります。
澄ヶ瀬やな

澄ヶ瀬やな

東濃エリア
薪で焼き上げる「鮎」が絶品! 
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、令和2年の「ヤナ」の営業はございません。 矢作川上流・清流の上村川沿いの期間限定で営業する「ヤナ」です。 薪で45分程かけてじっくり焼き上げる香ばしい「鮎」は、 頭から尻尾まで丸かじりできる柔らかさ。秘伝のたれで焼く「五平餅」も人気です。 川遊びも楽しめます。
花白温泉駅・花白温泉

花白温泉駅・花白温泉

東濃エリア
明知鉄道花白温泉駅から0分!伝説の温泉が今再び蘇る。 
恵那山のふもと山岡町は、標高400メートルに広がる寒天の里。明知鉄道の岩村駅と山岡駅の間に花白温泉駅があります。   その昔、天明の大飢饉の時に、このお湯によって多くの人が癒され命を救われたそうです。そのため寛政3年に感謝を込めてお薬師様が祭られたという伝説の温泉。   湯に癒された後は、ゆっくりのんびり、カリスマ料理人の華やかな料理も堪能できます。
明知城跡

明知城跡

東濃エリア
明知遠山氏の居城 明知城跡 
明知城は、恵那市南部では岩村城に次ぐ規模の城郭である。明知遠山氏代々の居城であった。明知遠山氏は、織豊期に一時この地を離れるが、慶長五年(一六〇〇)の関ヶ原の合戦後に復帰する。江戸時代には旗本となり、存続した。 城跡は現在公園となり、散策道も付けられている。石垣は多く見られないが、多くの曲輪、堀切等が良好に残されている。 特徴的なのは、主要な曲輪の周囲に設けられた「畝状竪堀群」と呼ばれ…
弁慶杉

弁慶杉

東濃エリア
樹齢2500年、圧倒的な存在感 
天平の昔、南都東大寺の良弁大僧正は普く仏法を広めんと諸国巡礼の途次、大船山を登山し、山の神のために法華経を読誦、一宇を設立しました。これを覚林坊といいます。そして、聖徳太子の御作、救世観音を安置し寺を大仙寺と号しました。 弁慶杉は、良弁の弟子の弁慶が植えたという一説もありますが、文治のころ、源義経主従が奥州下向の時に大船山に登山し本尊に祈願した際、弁慶が一文の願書を納め、杉の小枝を「この祈願むな…
マップで位置を確認する