• 観光スポット
  
  
  
  • 201910
  • 201911
  • 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  • 20208
  • 20209
  

現在の検索条件

  • 【キャンペーン】スポット
  • 歴史・文化
88件ありました
馬籠宿

馬籠宿

東濃エリア
風情ある家並み、粋な石畳。まさにノスタルジーな世界。 
ちょっと気取って歩きたい。中山道の街道さんぽ。 馬籠宿は、石畳が敷かれた坂に沿う宿場町。日常から離れ、水のせせらぎ、小鳥のさえずり、街道を横切る風を感じながら、粋なひとときをお過ごしいただけます。宿場の中間地点には、この地が生んだ文豪・島崎藤村の生家跡(本陣)も資料館として馬籠の歴史を伝えています。 都会にはない雑貨屋さんを覗いたり、レトロなカフェでお茶したり、木曽路を愛する歴女を気取ったり・・…
郡上八幡の古い町並み

郡上八幡の古い町並み

中濃エリア
水とおどりの城下町で地元の暮らしを感じる 
長良川の上流に位置し、「宗祇水」に代表される清冽な水と夏の郡上おどりで有名な郡上八幡。   職人町、鍛冶屋町といった町名にひかれてそぞろ歩けば、そこには古い家並みとその軒先をほとばしるように流れる水路があります。   柳町の家々は侍町のおもかげを残しており、隣家との境に袖壁をもつのが特徴。江戸時代から変わらない地元の暮らしを感じることができます。
飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

飛騨高山 古い町並(さんまち通り)

飛騨エリア
飛騨高山の定番スポット! 
城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいます。また、特に、上三之町・上二之町・上一之町のあたりを「さんまち通り」と呼ぶことがあり、高山の定番スポットになっています。   出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり、町家の大戸や、老舗の暖簾が軒をつらねています。 町には駄菓子屋さんや伝統工芸のお店、名物の「みたらし…
岩村城下町

岩村城下町

東濃エリア
受け継がれる女城主のやさしさ。長閑な風にふかれて「歴史の町並み」を歩く 
現在でも歴史的・文化的なたたずまい・町並みが、枡形や町の中を流れる疎水など、他では見られない城下町。 全長約1.3kmの古い町並み周辺には当時の面影を残す商家や旧家、なまこ壁などが今も佇んでいます。 平成10年4月17日には、全国で48番目、岐阜では高山市三町・白川村荻町に続いて3番目に 「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されました。 名物のカステラや五平餅、かんから餅のお店や…
うだつの上がる町並み

うだつの上がる町並み

中濃エリア
江戸時代の情緒を想う 
国の伝統的建造物群保存地区に選定されたうだつの町並み。「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできました。 美濃市は、江戸時代の商人の町で、この「うだつ」が多く残っています。 町並みには、江戸~明治時代にかけて造られた商家が軒を連ね、古いたた…
平湯民俗館・平湯の湯

平湯民俗館・平湯の湯

飛騨エリア
歴史資料館と露天風呂 
 平湯温泉にある合掌づくりの資料館「平湯民俗館」 館内には昔の暮らしを再現した囲炉裏があり、農機具等の展示もあります。 また、敷地内には日帰り入浴できる「平湯の湯」があり、足湯も楽しめます。
谷汲山華厳寺

谷汲山華厳寺

西濃エリア
その歴史を感じさせる佇まいは壮観の一言 
西国33番満願霊場で、「谷汲さん」の愛称で親しまれている華厳寺。今年の5月には谷汲山華厳寺を含む「西国三十三所 観音巡礼」が日本遺産に認定されました。   本尊は十一面観世音菩薩で、精進落しの青銅製のコイや暗闇を手さぐりで歩く戒檀巡りがあり、満願・結願の地らしく厳かな雰囲気があります。   飛騨・美濃桜33選・紅葉33選に選ばれ、春は、谷汲山門前の桜が、秋はも…
岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

岐阜エリア
航空機、航空関連資料、宇宙開発関連資料を収集、展示する博物館 
日本を代表する航空宇宙専門博物館「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称:空宙博(そらはく))」としてリニューアルオープンしました。 展示面積は従来の約1.7倍となる約9,400㎡に増床し、航空エリア、宇宙エリアと展示内容もパワーアップしています。 各務原で生産され世界に唯一現存する「飛燕」など日本一の実機展示数を誇り、大人気の航空機シュミレーターやハンズオン展示も公開しています。 複葉機…
多治見市 モザイクタイルミュージアム

多治見市 モザイクタイルミュージアム

東濃エリア
なぜか、ふしぎな、うつくしさ 
多治見市笠原町は、全国一のモザイクタイルの生産地です。 モザイクタイルとは50センチ平方メートル以下の小ぶりなタイルのことで、多種多様な色と形を活かして人々の生活を豊かに彩ってきました。 その魅力を発信するために、2016年6月、多治見市笠原町の真ん中にモザイクタイルミュージアムが建設されました。 設計・デザインは、世界的に知られる建築家・藤森照信氏が担当しました。 一度見たら忘れられない不思議…
虎渓山永保寺

虎渓山永保寺

東濃エリア
土岐川の渓流に洗われるように静かに佇む禅宗の寺 
中国廬山の渓谷に似ていたことから虎渓山の山号がつけられました。 庭園は国の名勝に、観音堂や開山堂は国宝に指定されており、本堂の前には市の天然記念物の樹齢700年の大イチョウと志野・織部釉を施した陶製の灯籠があります。 永保寺の紅葉は、飛騨美濃紅葉33選に選ばれています。秋になると、庭園のモミジと本堂前の大イチョウが鮮やかに色づき、青く澄んだ秋晴れの空に見事に映えます。