• 観光スポット
  
  
  
  • 20198
  • 20199
  • 201910
  • 201911
  • 201912
  • 20201
  • 20202
  • 20203
  • 20204
  • 20205
  • 20206
  • 20207
  

現在の検索条件

  • 中濃
  • キーワード: 可児市
20件ありました
明智城跡・天龍寺

明智城跡・天龍寺

中濃エリア
戦国時代の歴史に触れる 
  岐阜県可児市は、戦国時代、天下統一を目指した織田信長を本能寺の変で倒し、時代の流れを変えた武将である明智光秀の生誕の地。 光秀が落城するまでの約30年間を過ごしたとされる明智城は、自然の地形を生かした典型的な中世の山城で、現在は、遊歩道が整備され、ハイキングコースとして最適です。   近くの天龍寺には、明智氏歴代の墓所があり、本堂には日本一大きい光秀公の位牌(184cm)が…
花フェスタ記念公園

花フェスタ記念公園

中濃エリア
世界の「7,000品種」のバラが華麗に咲き誇る 
 ナゴヤドーム約17個分(80.7ha)の広大な敷地では、日本一の品種数7千品種3万株のバラが植えられたバラ園のほか、企画展示を行う「花のミュージアム」、一年を通じて季節の花木が楽しめる大温室「花の地球館」、高さ45m「花のタワー」、屋外イベントホール「プリンセスホール雅」など特徴ある施設を楽しむことができます。  7千品種のバラは「世界のバラ園」「バラのテーマガーデン」の2つのエ…
国史跡 美濃金山城跡

国史跡 美濃金山城跡

中濃エリア 東濃エリア
岐阜の宝物・ひがしみのの山城 
  1537年に斉藤道三の養子斉藤大納言正義によって古城山の山頂に築かれた本格的山城で烏峰城と名付けられました。 1565年に森可成が織田信長からこの城を賜り、以後森家3代の居城となっていました。 標高277mの山頂からは東・中濃地区が見渡せます。
しおなみ山の直売所(八百津町)

しおなみ山の直売所(八百津町)

中濃エリア
穫れたて新鮮野菜に特産品や五平餅、工芸品も! 
八百津町の特産品を集めた直売所です。 毎日、採れたての地元野菜が置かれ、特産品や工芸品も販売されています。 国道418号沿いにあるこの山の直売所は、潮南高原にあり、標高も高く、遠く伊勢湾が望めるほど。 自転車やバイクツーリングをはじめ、ドライブなどでもお越しいただく方が大勢います。 名古屋から片道約2時間、美濃加茂市・可児市から約30分とドライブに程よい距離にあり、高原の 気…
カタクリまつり

カタクリまつり

中濃エリア 東濃エリア
カタクリまつり 
3月末になると、春の妖精カタクリの花が咲き、紫のじゅうたんを作ります。 3月の最終土日はカタクリまつりを開催します。 美味しいグルメを味わいながら、美しい景色をご覧ください。
鳩吹山遊歩道

鳩吹山遊歩道

中濃エリア
気軽にハイキング、登りやすい山。 
  標高313.5mの鳩吹山頂上から雄大なパノラマが自慢の遊歩道があります。登山口は、大脇・真禅寺・西山・石原・カタクリ口の5ヶ所。 植物観察やバードウォッチングを楽しみながら頂上に達すると、眼下に木曽川や濃尾平野、遠くには白山や日本アルプスの山々を望むことができます。 また、北斜面に位置する可児川下流域自然公園にはカタクリの群生地が広がっています。
荒川豊蔵資料館

荒川豊蔵資料館

中濃エリア 東濃エリア
美濃桃山陶の聖地へようこそ。 
陶芸家であり、志野・瀬戸黒で国の重要無形文化財保持者に認定された故・荒川豊蔵の作品やコレクションを公開しています。 また、旧荒川豊蔵邸の敷地内では、居宅や陶房、豊蔵が建立した石碑などがご覧いただけます。
可児川下流域自然公園

可児川下流域自然公園

中濃エリア 東濃エリア
 
  眼下に流れる名勝木曽川、心を癒してくれる雄大な自然。この公園にはカタクリの群生地が広がっています。 春(例年3月下旬)になると斜面一面に広がるカタクリの様子は必見です。また、秋には、紅葉を楽しむことができます。