• 観光スポット
  
  
  
  • 20215
  • 20216
  • 20217
  • 20218
  • 20219
  • 202110
  • 202111
  • 202112
  • 20221
  • 20222
  • 20223
  • 20224
  

現在の検索条件

  • 中濃
  • キーワード: 可児市
30件ありました
花フェスタ記念公園

花フェスタ記念公園

中濃エリア
世界の「7,000品種」のバラが華麗に咲き誇る 
新型コロナウイルス感染拡大防止対策について 花フェスタ記念公園再開に伴い、来館者の安心、安全の確保を最優先に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を行います。 【お客様へのお願い】 ●園内での密接・密集を避けるため、西駐車場のみの利用とすることによる入場制限を行っています。東駐車場は閉鎖していますので、ご来園の際は西駐車場をご利用ください。 ●園内ではマスクの着用をお願い…
明智城跡

明智城跡

中濃エリア
明智光秀が30年過ごしたと伝わる城 
岐阜県可児市は、戦国時代、天下統一を目指した織田信長を本能寺の変で倒し、時代の流れを変えた武将である明智光秀の生誕の地。 光秀が落城するまでの約30年間を過ごしたとされる明智城は、自然の地形を生かした典型的な中世の山城で、現在は、遊歩道が整備され、ハイキングコースとして最適です。 自動車でご来訪の場合は、明智城跡駐車場(桔梗坂の隣)をご利用ください。
木曽川渡し場遊歩道

木曽川渡し場遊歩道

中濃エリア 東濃エリア
京都より長い600mのかぐや姫の散歩道 
【岐阜県可児市】 木曽川沿いにある木曽川渡し場遊歩道は、地元の団体により整備され、美しい散歩道になっています。 ◆竹林の歩道は約600m。 ◆今渡(地区)方面にずっと行くと、今渡の渡し場があり、石畳が当時の面影を残しています。 ◆土田(地区)の方面に行くと奇岩コースも整備されています。 ◆散歩道内には夜泣き岩、化石林、番所跡などが見られます。 ◆周囲には今渡ダム、太田橋、弘法堂、やどり木、桜井…
鳩吹山遊歩道

鳩吹山遊歩道

中濃エリア
気軽にハイキング、登りやすい山。 
標高313.5mの鳩吹山頂上から雄大なパノラマが自慢の遊歩道があります。登山口は、大脇・真禅寺・西山・石原・カタクリ口の5ヶ所。 植物観察やバードウォッチングを楽しみながら頂上に達すると、眼下に木曽川や濃尾平野、遠くには白山や日本アルプスの山々を望むことができます。 また、北斜面に位置する可児川下流域自然公園にはカタクリの群生地が広がっています。
しおなみ山の直売所(八百津町)

しおなみ山の直売所(八百津町)

中濃エリア
穫れたて新鮮野菜に特産品や五平餅、工芸品も! 
八百津町の特産品を集めた直売所です。 毎日、採れたての地元野菜が置かれ、特産品や工芸品も販売されています。 国道418号沿いにあるこの山の直売所は、潮南高原にあり、標高も高く、遠く伊勢湾が望めるほど。 自転車やバイクツーリングをはじめ、ドライブなどでもお越しいただく方が大勢います。 名古屋から片道約2時間、美濃加茂市・可児市から約30分とドライブに程よい距離にあり、高原の 気…
承久の乱古戦場跡 大井戸渡

承久の乱古戦場跡 大井戸渡

中濃エリア
最大の激戦地! 大井戸の戦い 
承久3年(1221年)6月5日、鎌倉幕府軍 武田信光・小笠原長清らが大井戸(可児市土田)を渡り戦いが始まりました。 夕刻、渡河攻撃を仕掛け、朝廷側 大内惟信ら2000余騎は奮闘しましたが大井戸から敗走し幕府側が勝利を収めました。 翌6月6日には、まめど(現、各務原市前渡。承久記では「大豆戸」、吾妻鏡では「魔免戸」)の合戦が起こります。 ※承久の乱合戦場(古戦場)跡や陣の場所については、木曽…
わくわく体験館

わくわく体験館

中濃エリア
 
※わくわく体験館の利用制限について 【重要】新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、施設の利用を制限させていただいております。詳細はわくわく体験館にご連絡ください。 緑豊かなささゆりクリーンパークの中にあり、ガラス工芸が体験できるガラス工房や宿泊施設、体育室があります。ガラス工房ではステンドグラス、とんぼ玉つくりや吹きガラス、フュージング、サンドブラストなどが体験できます。
国史跡 美濃金山城跡

国史跡 美濃金山城跡

中濃エリア 東濃エリア
岐阜の宝物・東美濃の山城 
  1537年に斉藤道三の養子斉藤大納言正義によって古城山の山頂に築かれた本格的山城で烏峰城と名付けられました。 1565年に森可成が織田信長からこの城を賜り、以後森家3代の居城となりました。 標高277mの山頂からは、明智光秀のふるさと明智荘や遠くは愛知県の山々が見渡せます。
明智光秀公ブロンズ像

明智光秀公ブロンズ像

中濃エリア
可児市生誕の麒麟児”明智光秀”のシンボル像 
大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公 明智光秀が、出生地の故郷明智荘に438年の時を経てよみがえりました。高さは台座を含めて約4m30cm、鎧に陣羽織を羽織り、鉄砲を携えた迫力のある立像です。人々が穏やかに暮らせる、争いのない時代を願って可児から雄飛した光秀公の思いを引き継ぎ、人間愛と平和への願いをこの像に託し、世界に向けて発信していきます。 ※自動車でご来訪の方は、桔梗坂の隣の明智城駐車場をご利用…
マップで位置を確認する